元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『46番目の密室』  有栖川 有栖
2016-06-20 Mon 12:34
46番目の密室 (講談社ノベルス)
有栖川 有栖
講談社   1992.03.02
売り上げランキング: 615,264

 
 作家アリスシリーズ、第一作目。「私」こと作家の有栖川有栖は、親友で大学助教授の火村英生と共に北軽井沢にある大物推理小説家・真壁聖一の家に招待された。他にも招待された推理小説家仲間や編集者達と共に楽しくクリスマスイブを過ごしていたが、真壁の姪の真帆が別荘の外で顔に火傷跡のある男がうろついているのを見たという。
 明けてクリスマスの日、「私」も別荘の車庫でその男を目撃する。その夜のパーティーの後に何者かによってあちこちに白にまつわるいたずらが施されていた。階段に石灰粉がまかれ、安永彩子の部屋の窓ガラスいっぱいに白いハートが描かれ、船沢辰彦の部屋のクローゼットでは彼の靴に白ワインが注がれ、「私」と火村の部屋にはトイレットペーパーがあちこちに這いまわり、高橋風子の部屋には時限爆弾を模した白いテディベアが置かれていた。
 誰のいたずらか憶測の域を出ないまま就寝したが、深夜に目を覚まして別荘の玄関へと続く足跡を見つけた「私」は階下に降りて書斎に入った瞬間、何者かに殴られて昏倒する。石町に起こされて事情を話し書斎を見に行くと、何者かが暖炉で顔を焼かれながら死んでいた。その後火村も加えた3人は、地下室の暖炉で顔を焼かれながら死んでいる真壁と思われる男を発見した。
 共に密室で発見されたこの死体は、明らかに自殺ではない。山荘に滞在しているのも、仲間内の11人だけだった。

 有栖川有栖さんの小説、4冊目にしてようやく「作家アリス」シリーズに入った。火村さんはドラマとは若干イメージが違うんだね。この作品では、クールでめちゃ頭いい人って感じ。ドラマが大げさだったのか、今後もっと変な人になっていくのか・・・。
 「作家アリス」シリーズの幕開けは、関係者が似たような人ばっかりで誰が誰だかわからないまま始まって終わった・・・。人物的にかぶるのは数人なんだけど、その数人の中に犯人がいて誰これ?状態。アリス火村コンビと真壁ファミリーはわかるとして、その他の男性3人と女性2人は区別つかないまま読んだ。関西弁の船沢は、アリスの発言とごっちゃになるし。ちゃんと集中して読めてない証拠か?
 でもトリックは面白かった。ザ・密室な感じを楽しく読んでたんだけど、動機でドン引き。記念すべきシリーズ1話目で、性的マイノリティーはないわー。この手の驚かせ方はは、私は苦手。もう少しシリーズを重ねてからだったら、まだイロモノ動機で受け入れられた気もするけど。
 これだけ推理小説テーマになってる話なんだから、実は真鍋のトリックは犯人が考えたものばかりで、弱みを握られてて・・・というベタな展開の方がまだ収まりがいいんじゃないの?駄目?素人の浅知恵か。
 あと、警察が介入した翌日に責任者らしき鵜飼警視から、県警の栗田本部長から火村に協力するよう連絡があったと聞かされるシーン。当たり前のように名前出されるから、もしかしてこの話はシリーズの2作目以降で、「栗田本部長」は読者にとって暗黙の了解なのかと思った。アリスが火村の探偵ぶりを見るのは初めてと書いてあるのを読んで、これがちゃんと1作目である事を理解して、驚かさないでくださいよ状態。あんまり1話目だとか意識させない書き方をする人なのかな、作者さんは。そう思うと納得いくんだけど、近くにスマホあったら危うく読むの中断して調べてるとこだった。
 ちょっとワクワクした点は、アリスが次作は「学生の僕、有栖川有栖が語り手になってるシリーズ」で「大雨で孤立した山奥の村が舞台で」、「またそこに学生が閉じ込められる」だと言う。『双頭の悪魔』のことなんだろうけど、『双頭の悪魔』の方では学生アリスが書く予定だったか今書いている小説がだったかが「臨床犯罪学者」が出てくる「作家アリス」シリーズだと書いてあった。双方はパラレルワールドだとネットに書いてあったけど、これがパラレルかと思って思わずにやりとしてしまった。
 今後も双方でお互いが描かれつつ進んでいくのかな?何それ楽しい!やっぱ出版年順に読んで正解だった!というわけで、何だかんだ言っといてまだまだ読みたいです。
 ところで。学生アリスって地の文は何人称で書いてあったっけ?「俺」だったような気がするし、この『46番目の密室』で次作の話をする時にも「俺」って書いてある。という事は「俺」なんだろうけど、やたらアリスアリス書いてあるイメージもあって三人称だったっけ?いや違うな・・・と全く思い出せない。マイルールで地の文が一人称の時は前半の内容まとめで記録するようにしてるつもりだったけど、過去の感想文読んでも「アリス」としか書いてない。というか、内容にアリスがあんまり絡んでこないせいか存在感薄いイメージなんだけど。『双頭の悪魔』では、主要キャラと分断されたからいつもより多めにスポット当たってたけど。
 本気で思い出せず、かといってそれだけのためにまた図書館で借りるのも面倒だし、シリーズ4作目を読む時に確認しよう。感想を記録するようになって十数年。自分の記憶力の衰えに、頭抱えてる。ていうか、恐怖してる。
別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『双頭の悪魔』  有栖川 有栖
2016-05-17 Tue 13:41
双頭の悪魔 (黄金の13)
双頭の悪魔 (黄金の13)
posted with amazlet at 17.04.07
有栖川 有栖
東京創元社   1992.02
売り上げランキング: 588,311



 前作『孤島パズル』で親戚達が殺し殺される場に居合わせた有馬麻里亜は、傷心のまま旅に出た。あちこちを旅をしてふらりと四国に行き、芸術家達が外界との交流をほとんど絶ってにひっそりと暮らす山奥の村・木更村を訪れる。
 部外者の立ち入りを禁止するその村から出ようとしないマリアを連れて帰ってくれるよう、マリアの父親から依頼された英都大学推理小説研究会(EMC)のメンバーのアリス、江神、織田、望月の4人は、織田の運転する車で木更村の手前の夏森村までやってきた。しかし木更村の入り口で1人の村民とカメラマンとの諍いに巻き込まれて誤解される。4人は夜の雨に乗じて木更村に潜入する事にしたが、見付かって村民達と大乱闘になった。
 一方村民のせいで脚に怪我を負い木更村に滞在する事を特別に許されたマリアは、ほぼ自給自足の村民と共に生活したり、画家の鈴木冴子のモデルになったりして過ごしていた。穏やかに過ごしていたある夜、村の当主・木更菊乃が村民で画家の小野博樹と結婚すると発表した。小野は木更村を開放して観光地にしようと提案していたため、村民達に動揺が走る。
 作曲家の八木沢や、造形作家の前田哲子から外部の者がマリアの知人を騙って村と接触を図ろうとしていると聞かされて何となくEMCの仲間達を思い出していたマリアだったが、夜に図書室で過ごしていると窓から江神が訪ねてきた。他の3人は夏森村に強制送還されたものの江神だけ木更村に留まることが許され、翌日にはマリアと他のEMCのメンバーが再会する予定だった。ところが翌朝、小野の死体が村の奥にある鍾乳洞で死体となって発見される。死体は岩棚の上で逆さ状態になり、調香家・香西琴絵が作った香りに包まれて死んでいた。しかも振り続けた雨のせいで起こった鉄砲水で唯一の橋が流されてしまい、停電まで起こってしまう。、警察が村中を捜査するのを嫌がる菊乃が通報するのは2日間自分達で捜査をしてからと決めていた。2日目の夜に犯人は作曲家の八木沢だと推理していた江神だったが、八木沢がピアノ演奏中に背後から刺殺されて琴絵が作った香りが振りかけられているのを発見しされた。
 夏森村では、橋が流れてマリア達と接触できなくなったEMCの3人が、木更村に閉じ籠る過食症の元アイドルの千原由衣を執拗に探していたカメラマン・相原直樹の死体を発見した。
 

 前作『孤島パズル』から2ヶ月後の11月を舞台に、アリスとマリア2人の視点から描かれる。前半の、EMCの4人がなかなかマリアに会えない辺りはもどかしいけど、江神がマリアと合流してからは急に頼もしくなった。でも逆に、夏森村組のアリス、織田、望月が何だか頼りない。でも、3人で論争を繰り返すうちにアリスが犯人を突き止めるんだけど。
 分断された場所で2ヶ所で起こったから連続殺人事件って感じはしない。でも江神の推理っで2ヶ所の殺人事件が突然交わり、1本に繋がる。ただ今回の謎解きの部分がいつも以上に長く感じた。琴絵がずーっと反論し続けたからかな?時系列順に憶測状態の部分から先に話すから、琴絵の嫌味ったらしい返答が繰り返されるのにイラッとする。謎解きは20ページ分くらいあるんだけど、確たる状況証拠であるラスト3ページくらいを先に説明してから交換殺人の解決に入った方がわかりやすくない?そもそも、交換殺人って題材にリアリティ持たせるのって難しいよね。どちらから見ても相手が本当に殺すかどうか当てにならないから、先に犯罪を犯すのは嫌だと思う。片思いの相手のために相原に殺意を抱いて、木更村開放反対だったから一緒に生活してきた仲だけど小野を殺しましたって感じになるのかな。どうなんだ、それ。
 トリック自体は回を重ねる毎に面白くなっていくシリーズと思う。でも、最後に犯人が死ぬのはいただけない。たまにはアリかもしれないけど、あんまり良い終わり方じゃない分毎回だとちょっと飽きる。
 今回はアリスとマリアはほとんど・・・いや、全く交流しなかった。織田と望月さえ電話で話したのに、アリスとマリアが再会する直前で、物語は終わる。そんなーって思ったけど、今回2人が離れてる分、江神さんを加えた三角関係になってきたように思う。アリスは単純にマリアが好きなんだと思う。ただ、マリアが好きなのがアリスなのか江神さんなのかわからなくなってきた。でもって江神さんがジェントルマン過ぎて、マリアに対してラブなのかライクなのかわからない。
 マリアの回想の中でチラッと出てきた「臨床犯罪学者」の話。学生アリスと作家アリスは別シリーズだとネットで見て知ってたけど、学生アリスが書く小説が作家アリスみたい。そういう世界が作ってある事に、なんだかワクワクする。
別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『孤島パズル』  有栖川 有栖
2016-04-19 Tue 13:26
孤島パズル
孤島パズル
posted with amazlet at 16.04.19
有栖川 有栖
東京創元社   1989.07
売り上げランキング: 637,233

 学生アリスシリーズ2巻目。主人公・有栖川有栖が2年生になり、推理小説研究会にはアリスと同じ法学部2年生の有馬麻里亜が入会していた。
 大企業「アリマ」の創設者であるマリアの祖父・鉄之助は無類のパズル好きで、C字型の南の孤島・嘉敷島を舞台にパズルを作った。パズルを解いた者だけがたどり着ける場所に5億相当と思われるダイヤを隠した事が、5年前に亡くなった際に遺言状と共に発表されたと言う。そして3年前、マリアの従兄の英人がモアイの向きにヒントがある事を突き止めた直後に海で溺死したそうだ。
 その島の望楼荘に、この夏アリスと江神二郎がモアイの謎を解くために招待された。有馬家の親類や友人、計13人が集まったこの島で滞在2日目の嵐の夜、マリアの伯父・完吾と娘の須磨子の銃殺死体が発見される。迎えの船は3日後にしか来ず、唯一の連絡手段である無線は破壊されていた。
 次の日の夜、今度は望楼荘の反対側にある魚楽荘に1人滞在する画家の平川至が銃殺されていた。彼はなぜか、作りかけだったジグソーパズルを破壊して事切れていた。
 その後、一人で離れに立てこもった故人英人の弟・和人が、自白の遺書と共に銃で自殺していた。


 連続殺人事件に2回も巻き込まれたんだから、もっとリアクションしてよ!っていうのはシリーズもののミステリーには言っちゃいけないんだよね、きっと。
 青春が眩しすぎる!という感じの、アリスとマリアの仲の良さ。友達以上恋人未満っていうのかなぁ。いや、友達なのか。青春時代が忘却の彼方に行ってしまった私には、何だか本当に眩しかった。
 かなりの上から目線で言わせていただくと、『月光ゲーム』と比べていい意味で力が抜けてたと思う。『月光ゲーム』はデビュー作だけあって、長年練りに練って作者はそれぞれのキャラのイメージが完成してたんじゃないかな。それが読み手には・・・ていうか私にはほとんど伝わってこなくて被害者も加害者も誰だっけ状態だった。
 今回、最初の登場人物紹介で名前がズラッと並んでるのを見て「また苦手なパターンか・・・」と思ったけど、キャラクター性も立ち位置もベタではっきりしてて『月光ゲーム』より随分楽しめた。わかりやすいキャラ分けって大切だなぁ。
 殺人が起こるまでの長さも相変わらずだったけど、モアイの謎やなーんか怪しい英人の死、須磨子夫妻と完吾の不穏な雰囲気なんかを楽しんでるうちに過ぎて行った気がする。難を言えば、アリス達がもうちょいパズルに取り組む姿が欲しかったかな。
 あと、展開もベタだったかな。モアイの向きがバラバラって時点で、モアイの目線を繋げるんじゃ・・・?そういうパターン、あるあるだよね、とか。英人を殺した和人の死は自殺じゃなくて他殺らしいなら、一番動機があるのは礼子なのに誰も疑いの目を向けないのは不自然過ぎない?とか。そういうベタ設定を、江神が論理的に結び付けて宝の隠し場所もトリックも犯人も導き出す。私には、ちょうどいいわかりやすさだった。その分、先を読みたい気持ちが膨らんだように思う。
 でもって前作でも思ったけど、アリスって冴えないけどいい奴って感じ。今後ますます面白くなっていくのかな。期待したい。
 
 今回も表紙画像がなかったから、文庫版のデータを張り付けた。
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
有栖川 有栖
東京創元社
売り上げランキング: 29,626


別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『月光ゲーム―Yの悲劇’88』  有栖川 有栖
2016-04-07 Thu 12:25
月光ゲーム―Yの悲劇’88 (鮎川哲也と十三の謎)
有栖川 有栖
東京創元社   1989.01
売り上げランキング: 696,400

 有栖川有栖のデビュー作かつ、学生アリスシリーズの第一巻。主人公の有栖川有栖は英都大学法学部に入学して推理小説研究会に入り、夏休みに会員4人で山登り合宿を行うことになった。
 偶然同じ場所でキャンプを予定していた他大学の学生達と、共に行動することにしたアリス達を含む14人。最初の2日は探検したりゲームをしたりキャンプファイヤーをしたりして楽しくキャンプをしていたが、3日目の明け方に突然サリーこと山崎小百合ことサリーが「下山します」という旨の書き置きと共に突然姿を消した。
 直後に山が噴火し、下山路が土砂に埋もれて遭難する13人。自分達の身もさることながらサリーの安否が心配な中、弁護士こと戸田文雄の刺殺死体が発見される。彼は「Y」という文字のダイイングメッセージを残していた。
 閉ざされた大地で起こるミステリー「クローズドサークル」状態で容疑者14人でお互いが疑心暗鬼に陥りつつ夜を迎え深夜、第二の噴火が起こった直後に一色尚三が行方不明になった。さらに次の日の夜に、ベンこと北野勉の刺殺死体が発見される。彼の傍らには、スケッチブックに「y」の筆記体が書かれたダイイングメッセージがあった。
 お互いを疑わざるを得ない状況で救出も来ず食料も尽きそうになり限界を迎えそうになるメンバーだったが、微震を繰り返すうちに下山路を塞いでいた土砂の形が変わり下山の希望が見えてきた。危険な道ではあるけど、12人は下山の決意をする。遺体は残して行かざるを得ないからせめて、と遺品を持って行こうとした彼らは、北野のポケットから行方不明の一式尚三のものと思われる指を発見した。


 これ、前半のキャッキャウフフ状態が長すぎませんか・・・。しかも14人の大所帯で個性も少なく、誰が誰だか。主人公と江神さんと理代とルナ以外はあんまりわからないままだった。あだ名で呼ばれると、もうお手上げ。ピースて誰だよ弁護士って誰だよ博士って誰だよ。巻頭に人物紹介があったけど、大学と学科と学年だけというザックリしたもの。謎が込み入ってるミステリー小説は、ダメ読者の私には厳しい。あと、ルナの月に惑わされてる設定が深すぎて、意味あるのかと思って理解できるまっでじっくり読んだ私の時間返して。
 ドラマで窪田正孝が演じてて、少なくともアリスのシーンは彼の姿と声で脳内映像が固定されてしまった。それが逆に良かったんだと思う。でなきゃあんな、ダラダラ続くリア充乙みたいな状態は読めたもんじゃない。マーダー・ゲームのとこはちょっと面白いと思いきや、途中から流して描かれてる感じ。
 それでも、殺人が起こってからの正統派クローズドサークルな状況はわくわくした。色んな人が語る穴だらけの推理合戦も面白い。けど、最終的に推理小説研究会部長の江神が探り当てた犯人の動機がひどく軽かった。むしろ、それまでの流れであまり存在感なかった人が犯人だったから、「とりあえずこれ誰だっけ?」となってしまった。
 一連の事件の発端となったサリーの下山理由さえ、「え?そんなもの?」と思う程度の物。いや、その後の事件が大き過ぎただけで、そもそも山自体はハイキング程度の物だったからいいのか?ルナちゃんが月に魅了されてる設定、そんなに長々引っ張るほど必要だった?ダイイングメッセージの謎も、途中で力尽きたって児童小説かってレベル。
 そしてさらに、エピローグ的なラストでさらに軽い衝撃が。若干存在感薄いながらも語り部だったアリスは、理代に一目惚れしていた。理代もアリスを悪からず思ってる感じだった。噴火の際に林に避難した時は抱きしめるアリスに、理代も吊り橋効果?って感じのいい具合。だけど無事救出されて京都に帰る際に告白したアリスへ、彼氏がいる的発言。この尻軽女がーっ!て思ってしまったんだけど、あの雰囲気は非常事態だから仕方ないの?
 これを今更感溢れる感じで読んだ私はシリーズで続いていくって知ってるから、今後に期待したいって思える。でもこれを当時読んだ読書家の方は、なにこれって思った人も多いと思う。ミステリー部分は面白かったけど、背景と人物のわかりづらさが大きすぎる。マンガである金田一少年レベルでも混乱するオツム弱めの私には、ちょっと難しかったかな。人名と人間関係を良く理解し、犯人を知りつつもう一度読んだら、初回よりは楽しめた。でも、江戸川乱歩賞を落としたのは納得かな。
 タイトルに「Yの悲劇」とあるけど、終始エラリー・クイーンの名前が出てきた。残念ながらダメ司書だった私はエラリー・クイーンを読んだことがないんだけど、読んでたら展開とかもっと楽しめたのかな?いや、この内容なら読んでても大差なかったかもなぁ。
 どっかで見たことあるって状況がいっぱい出てきたけど、これは昔からのお約束なのか、15年くらい前のミステリーブームに影響を与える側だったのかな?私はミステリーは好きだけどファンではないってレベルだから、不明。

↓読んだ本の表紙画像がなくて寂しかったから、文庫版のリンクも貼ってみた。
月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
有栖川 有栖
東京創元社
売り上げランキング: 16,587


 単行本の、昭和然とした表紙絵柄はちょっとノスタルジーを感じていい感じだったんだけど、amazonに画像がなかったのが残念。
別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | よむよむ記 |