FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『キング誕生―池袋ウエストゲートパーク青春篇」 石田 衣良
2015-12-14 Mon 11:53
キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇 (文春文庫)
石田 衣良
文藝春秋 (2014-09-02)
売り上げランキング: 25,687


 池袋で絶対的なカリスマを持つキング・タカシの高校時代を、その頃からの親友であるマコトの目を通して描いた物語。
 タカシの家族は、皆から慕われる池袋のボスでありボクシングでインハイ準優勝の実力を持つ兄・タケルと、病弱で入退院を繰り返す母・華英がいた。兄とは一線置いた付き合いをしようとしていたタカシだったが、自分とマコトの不手際からタケルに怪我を負わせた事をきっかけにGボーイズの幹部となる。
 カラーギャング団同士の対立が激化する中、母の華英が病死。その日の夜、何者かによってタケルも刺殺された。一時的にボーイズのボスになると宣言したタカシは、タケルの復讐のブレーンにマコトを指名する。

 以前に出た外伝「赤(ルージュ)・黒(ノワール)」がかなり面白かったから期待して読んだんだけど、何だかイマイチだったなぁ。この設定、いつ考えられたんだろう?少なくとも最初から考えていたものではないと思うし、あちこちツッコミどころが多い。
 いつだったか、前のキングが存在だけ出てこなかったっけ?もちろんご存命設定。前のキングから言われたみたいな感じで。
 それから、カラーギャングが流行ったのは、IWGPシリーズが始まった頃で間違いない。でも、そうすると現在のマコト達の年齢が30代半ば~40代になっちゃうんだけど・・・。私の中で彼らは永遠の20代前半だったんだけど、もしかして意外と・・・?いや、そんなわけないよね・・・。
 でもって、で、オレオレ詐欺ってもっと後じゃない?いや、まだオレオレ詐欺のパイオニアの話だと思えばいいのか?でも少なくともキラキラネームは随分後のはず。もちろん当時からその手の変な名前はあったけど、「キラキラネーム」って名前が付いたのは少なくともここ10年内。というか、私の上の子が生まれる時はなかったように思うから、正確に言うと7年以内かな。私がその言葉を知らなかっただけと言われればそれまでだけど、だったら不良生活してる彼らがワイドショーや雑誌を読むとは思えないから、やっぱ正味5年以内ってとこか。まあ、私の不確かな記憶による年代確認はどうでもいい。
 オレオレ詐欺、ノックアウト強盗、カラーギャングの池袋乗っ取り、病弱な母親がいる不良少年、どれもIWGPでいかにも出てきそうな出来事だけど、どれも長編小説で扱うにはパンチ不足っていうのが一番の不満。いかにも出てきそうな出来事を複数出したところで、ストーリーに一体感がなくなるだけ。そこにきて、華英さんが病死からの脈絡ないタケルの死。精神的にも弱ってたって?何かピンとこないんだよなぁ。カラーギャング抗争でまだ戦ってもないのにいきなり殺すとか、ちょっと唐突過ぎ。うーん、誕生のいきさつは、何かドラマ性が足りない・・・。同人誌読んでるみたいな、コレジャナイ感だった。
 あと、私の記憶違いだったら申し訳ないんだけど、シリーズの序盤で「マコトの母親はタカシが嫌い」みたいな描写がなかったっけ?あのお母さんらしい設定だと思ったけど、いつだったか突然母親がタカシと親し気に話し始めて「?」ってなった。で、今回は嫌いとか親しいってレベルじゃない。タカシの恩人じゃないか。だったらタカシ、マコトに会いに来た時くらいフルーツ大量買いしなよって話で。いや、それだとお母さんが売らないであげちゃうかな?だったら、たまに力仕事を手伝う程度でもね。そういう前ふり一切なしで、実は昔めっちゃ世話になってたって言われても納得いかない。
 吉岡さんがマコトの母親の事好きってのもなかなか唐突。さらに、高校時代のマコトって結構ワルで吉岡さんにお世話になったんじゃなかったっけ?このマコト、全然大した事ない。もっとカツアゲのシーンとか、思春期パワーを持て余して夜の校舎窓ガラス壊して回るシーンとかあるかと思った。
 まあ、パラレルワールドだと思えばいいのかな?『シティーハンター』と『エンジェルハート』くらいの、割り切ったパラレル。それならそれで、もうちょっと面白くしてくれてもいいと思うんだけど。昔から密かに考えてた裏設定を練り直し、やっと書き上げましたみたいな話が読みたかった。
 さて、本編10巻まで出ておいて、この外伝。10巻最後のタカシのちょっと疲れた様子からして、最終回を連想してしまった私。調べたら普通に11巻が出てて、勝手にズコーッて状態。11巻目は面白く読める事を期待してる。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『PRIDE-池袋ウエストゲートパークⅩ』 石田 衣良
2015-11-21 Sat 16:53
PRIDE—プライド 池袋ウエストゲートパーク10
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 20,986

 立て続けに池袋ウエストゲートパークシリーズいきました。

「データBOXの蜘蛛」
 中堅企業ながら最近勢いを増しているIT企業「ライフゲート」の開発部長・松永悟が、会社の新規プロジェクトの情報が入ったスマホを落としたという。スマホの拾い主は松永を脅迫し、600万円を請求していると言う。相手が情報をコピーしていつまでも脅迫し続ける事を恐れた松永は、彼らが二度と脅迫してこないようにする事をマコトに依頼した。
 マコトが犯人とのメールをやり取りし、金の受け渡し現場でGボーイズが犯人一味を痛めつけるだけで済むと思っていたが、犯人の仲間が松永の不倫相手・オリエに一目惚れした事で事態は急変する。

 仮にもIT系の会社員ならスマホのセキュリティについてもっと知ってて!と頭を抱えたくなる設定だった。オンラインゲームを開発するような会社が、スマホアプリの企画が上がってないわけがない。スマホの事、もうちょっと知ってていいんじゃないの?IT齧ってる程度ならまだしも、開発部長でしょ!?・・・いや、この話の本質はそこじゃないんだけどね。わりと引っかかって読み進んだけど、後半のオリエ危機で、見どころは脅迫事件じゃなかったんだと納得。


「鬼子母神ランダウン」
 ロードレーサーでサイクリングに行ったマコトとタカシは、鬼子母神で弟を自転車でひき逃げした犯人を捜しているというナナと出会った。サッカーでU16の日本代表候補に選ばれるほどの選手だった弟のマサヒロは利き足を骨折し、医者からは元のパフォーマンスを取り戻すのはほぼ不可能だと言われていると言う。
 
 話聞いちゃったから成行き的に協力するのかと思いきや、タカシがぽっちゃり系のナナに一目惚れしちゃったんで半分はタカシのために協力する模様。孤高のキング、まさかのデブ専ですか。Gボーイズにまで犯人捜しを協力させちゃうとは。
 事件自体はいつも通りマコトの機転で解決するんだけど、タカシがナナにいいとこ見せようと不必要に行動的だったり饒舌になったりするとこは新鮮だった。こういう可愛いとこもあるんだなーみたいな。最終的には付き合ったと書いてあったからちょっとうれしかったんだけど、数行後には破局。もっとタカシがナナにデレデレするとこが読みたかったなと残念に思った。
 今回の件もそうだけど、今までマコトも彼女できては次の話では別れてたりして、このシリーズは良くも悪くも恋愛に淡泊。レギュラーメンバー達もいつまで経ってもそれほど年齢は変わってないっぽい分、私の中でサザエさんやコナンみたいな存在になりつつあるかもしれない。


「北口アイドル・アンダーグラウンド」
 マコトが働く果物屋に、イナミと名乗る地下アイドルが訪ねてきた。最近変なストーカーに狙われているようで、マンションのドアに血が塗り付けられていた事もあったと言う。マコトがボディーガードを務める間にも、マンションのドアに赤マジックで誹謗中傷が書かれる事件があった。

 地下アイドルとはいえ、アイドル。やっぱり内情はドロドロしてそう・・・っていうイメージ通りのドロドロ感がライトに描かれていた。事件も些細だし、解決した時も何だかちょっと滑稽さも入ってて、その中でイナミの爽やかさがいい感じだった。でもいい大人になっちゃった私は、老後どうすんだよーなんて夢もへったくれもない事考えちゃうんだけどね。


「PRIDE-プライド」
 若いホームレスを相手にした支援施設が話題になっている事を知ったマコトは、週刊誌に掲載しているコラムのネタにならないかと動く。そこへ偶然、リンという美しい女性が仕事を依頼してきた。3年前に自分をレイプした連中を探していると言う。彼らは現在、池袋周辺で何件も事件を起こしており、タカシの元カノも被害にあった事でGボーイズも動き出す。

 リンって、9巻に出てきた中国人の名前と一緒じゃーん!なんて鬼首取ったかのように言うのは下世話ですか、はい。タカシって2話前にデブ専って言ってたのに元カノは美人なのかよ!?とかもツッこんじゃ駄目ですか、そうですか。
 それはさておき、物語の常だけどホームレスの自立支援事業とリンの件はつながってる。今回の件はそんな物語の構成の単純さなんてどうでもいいくらい苦しい事件だった。輪姦事件に、一昔前に一部でよく取り上げられた警察でのセカンドレイプ。そこからさらに、ラストでマコトへの圧力のためにリンが拉致される。
 この話はフィクションだからマコトとGボーイズがいい感じで片付けてくれるけど、現実でもこういう事件はあちこちで起こっているわけで。本当に刑罰が軽すぎるよ。去勢してやってくれって思う。
 ラストのマコトとタカシのやり取りがまるで最終回みたいだったんでちょっと焦って検索してみたら、去年11巻目が発売されていた。最終回なのかと焦ったくせに、出てるなら出てるで「なーんだ」って気持ちになっちゃう不思議現象。なんていうか、こんだけヒリヒリした物語を書いて、ちょっとセンチメンタルな終わり方しておいて、次回はまたマコトもタカシも彼女いませんって感じの体で新しい事件を迎えるんだと思うと「なーんだ」ってね。阿藤快みたいに、「なんだかなぁ」でもいい。
 このシリーズを読み始めたのは、15年近く前。マコトやタカシと同世代だったんだけど、当然ながら私は年を取って彼らは相変わらず若いまま。ただ、絡む事件は世相を反映してたり、アイテムもスマホが出てきたりなんかするもんだから、彼らの変わらなさが逆にちょっと寂しい。つらかったり苦しかったり魂を削るような事件もあったのに、成長しないのか。フィクションだからと言ってしまえばそれまでだけどね。似たような感じで別のシリーズ始めるってわけにはいかないのかなぁ。まあ、いかないんだろうけど。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパーク9』 石田 衣良
2015-11-20 Fri 13:38
ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパーク9
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 16,874

 再読じゃない読書、久し振り。5~6年振りかな。読書すると集中しちゃうのは人間の性だし、私の仕事モードスイッチでもあるから、なるべく読まないように過ごしてきた。私的記念すべき第一冊目は、サクッと読めて展開も何となくわかっちゃうけど飽きるようで飽きないシリーズ物の新刊。
 それにしてもタイピングが退化したな・・・。速度は変わらないけど、頭の中にある次の文字を打っちゃう不思議現象が・・・。以前はSEの配偶者より速くて正確だったのに。
 さて、久々にレビュー。

「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」
 タカシからの紹介で、有名エステで大金を騙し取られた女性達からの依頼を受けたマコト。テレビに出るほど有名なオカマエステティシャン・ブラッド宮元に近付くため、マコトとタカシはまず求人案内に応募して何の苦も無くキャッチとして相手の懐に入った。
 
 何だか、タカシがいかにイケメンかって事を描くのに躍起になってる気がして鼻についた。でもって、今回の件を解決に導いた案はタカシ。顔と戦闘とカリスマはタカシだけど、頭脳は断然マコトっていうIWGPセオリー形式が好きな私としては、久々に読んだ1話目がこの展開っていうのに何だかちょっとがっかりだった。
 最後の短い戦闘シーンも、マコトもいいけどタカシはもっとかっこいいみたいな。これはいつも通りなんだけど、前半にマコトの活躍が少なかった分、最後までマコトが冴えない感じでちょっと寂しい。
 流れはいつも通りの勧善懲悪で、すっきり解決だったんだけど。

「家なき者のパレード」
 今回もタカシからの紹介で、ホームレスの支援組織「絆」のヨウスケからホームレスに関する依頼。行政の働きで最近街でホームレスを見ることが少なくなったが、彼らの数が減っているのではなく分散して生活せざるを得なくなっているうえに不況の煽りでますます生存競争が厳しくなっているそうだ。そんなホームレス達の中で、時々ひどい怪我をしている者がいると言う。話を聞こうとしても何があったのかは教えてくれない。問題のありかも解決の方向もわからない件を丸投げする依頼だった。

 ヨウスケとタカシのつながりは、Gボーイズメンバーにもホームレスがいるからだそうだ。第一巻が出たのはもう20年近く前。あの頃の怖かっこいいストリートギャング団は物悲しさ漂うようになってきてるんだなぁ。微妙に流行ったカラーギャング闘争を模した1巻最終話・・・タイトルは忘れた・・・は、なかなかのわくわく感と感動を持って行ってくれたというのに。タカシは相変わらず羽振りいいけどね。
 マコトが話を聞いたホームレスに圧力をかける者が現われて手掛かりが聞き出せなくなっていき、ついには重傷を負うホームレスまで出た。腕の骨を折られたホームレスのガンさんの発起で、事件が実態を現す。ホームレスが働けなくなった時に一定期間収入を保証する「日雇労働被保険者手帳」通称「あぶれ手帳」を騙し取る、城用建設の存在が明るみになった。
 無血闘争に近いデモで解決したその饒舌っぷりこそが、このシリーズの見どころだと思う。こういう話を最初にして欲しかった。

「出会い系サンタクロース」
 一見マンションに見えるが中は壁が薄くて狭い部屋がたくさんあって、そこでいわゆる「素人」の女性と、時間単位でお金を払う男性とが会って話をする「出会い部屋」という物があるという。太めのサラリーマン・ヒデトは、その出会い部屋で知り合ったアヤに恋をした。アヤは母親の借金返済のために出会い部屋で働かされているそうだが、それでも足りずに身体を売るように圧力をかけられているそうだ。ヒデトはアヤを助けてほしいとマコトに依頼する。
 風俗の事ならプロ・・・暴力団の本部長代行・サルの協力を得ながら、ヒデトが通う出会い部屋「カルプス」について調べていく。

 暴力団が絡むと、ザ・アンダーグラウンドって気がするのは私が凡人過ぎるからだろうか。暴力団の人達ってどうやってお金を稼いでいるのか全く知らなかったから、IWGPに書いてある事が私が知ってる暴力団知識の全てだ。だから、何だかよくわからないけどかっこいいイメージがあるのはマコトの友達の羽沢組部長代行・サルのせいだと思おう。
 新しい稼ぎ口として出会い部屋に手を出したいサルとの利害が一致したマコトは、世間知らずが故に法外な利子の付いた借金を背負うアヤを出会い部屋から救い出す。マコトは完全に虎の威を借る狐状態なのは2話目と一緒だけど、こういう軽くて読みやすいアングラ話は結構好きだ。

「ドラゴン・ティアーズ―流涙」
 中国の戸籍制度は厳しく、生活も労働も生まれた場所でしかできない。貧しい農村で生まれた者は、どう足掻いても一生貧しさから抜け出すことはできないそうだ。そんな農民達は、日本への出稼ぎを夢見て外国人研修制度に選ばれる事を切実に願っている。日本では3K長時間過酷労働でも、彼らにとっては3年で中国での生涯収入に匹敵する賃金を得られるそうだ。
 今回河南省から送られてきた労働者250人のなかで、クーシュンクイという女性が脱走した。彼女が1週間のうちに見付からないと、他の250人も強制退去させられる上に、中国の送り出し組合も3年間派遣を禁止されるという。今回マコトは、送り出し組合からアドバイザーとして雇われた日本国籍を持つ中国人リンからクーシュンクイを探すように依頼される。
 池袋の中国人組織「東龍(トンロン」)が絡んでいるらしいとの事で、マコトは今回もサルに協力を仰ぐ。サルの方はサルの方で、東龍とみかじめ争いが起こっていた。サルが所属する羽沢組のライバル京極会が、東龍のバックについているらしい。

 よくある事だけど、やっぱり表題作が一番面白い。
 東龍のボス・楊は、低賃金重労働から逃げ出して当然だと言う。リンは、逃げ出した女性を風俗業に就かせる違法就業であり、脱走は他の中国人にも過大な迷惑を掛けると言う。マコトも私も、多分他の読者の方々も、何が正しいのかわからなくなる。
 しかしながら、制度の網を潜り、楊の面子も潰さないたった一つ・・・少なくとも私には他の方法は考えられないたった一つのやり方で、クーは救われる。マコトのお母さん、やっぱいいわー。マコトのお母さんとリンのやり取りで、こんな方法があったんだ、リンの帰化の話はただの生い立ち話じゃなくて伏線だったんだと感激がじわじわ押し寄せた。クーに「書類のうえだけでもマコトの妹になってみないかね」と言うその穏やかな言い回しが、マコトのお母さんの温かさズドンと伝わってきた。
 ラストがいいよね。「かわいい妹と花見をする。そいつはなにを隠そう、おれのガキのころからの夢なのだ」っていうこれ、些細ながら叶わない夢を淡く抱き続けてきた感じが、マコトがとても可愛く思えた。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ダーリンは外国人  with BABY』
2009-05-10 Sun 00:27
ダーリンは外国人 with BABYダーリンは外国人 with BABY
小栗左多里&トニー・ラズロ

メディアファクトリー 2008-03-12
売り上げランキング : 3653
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 基本的にマンガについての感想は書かないつもりでいたんだけど、今の自分が参考になることも多かったので感慨深く読めたんで記録しておこうかと思う。
 出版間もない頃に本屋で見かけて“新しいの出てるんだ~”と何気に立ち読みしかけたんだけど、出産後のシーン「あなたは炭水化物なの?」で笑いそうになって本を置いた。そのうち図書館で借りるか~と思いつつ伸ばし伸ばしにしてると、私が妊娠。さらに何だかんだで後期に入ってようやく読めた。
 これまでのシリーズで愉快夫婦だった2人だけど、子供が出来た後はかなり自由が制限されているのが見てとれる。私はそもそも選択子無しになろうか悩んでたくらいだから、何もない時にこれを読んでも「質落ちたな。まあ部分面白いけど」としか思わなかっただろう。しかし私の突然の妊娠→産むか→9ヶ月間の妊婦生活で、当然この本を見る目が変わる。
 とりあえず、出産はとても痛いということはわかった・・・。実は今もう臨月。陣痛が来るのは明日か?明後日か?いきなり破水しないでくれよ・・・など切実に思いつつ、痛さに関してはあまり考えないようにという後ろ向きな感じで過ごしている。これを読んで、やっぱ痛いんだなぁとしみじみ思っている。
 しかも「おっぱいマッサージ」ってやつ、痛いのね。何か色々不安になってきたけど、もう産院に身を委ねようと思ってる。初産だし。
 子供のために色々考えて夫婦で相談して決めてって悩んでいかないといけないんだなぁ。とりあえず五体満足で生まれてください。足の裏、揉むぞ。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『夢の守り人』  上橋 菜穂子
2009-05-04 Mon 00:19
夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)夢の守り人 (偕成社ワンダーランド)
二木 真希子

偕成社 2000-05
売り上げランキング : 117244
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 バルザはガルシンバ<奴隷狩人>から助けた歌い手の青年・ユグノがリー・トゥ・ルエン<木霊の想い人>だと知って、タンダに合わせるために一緒に連れていくことにした。
 一方、娘のカヤが眠りから覚めないと長兄から相談されたタンダ。病気や呪いではなく<魂抜け>だと診断し、師匠のトロガイに相談した。トロガイは星読博士のシュガから、新ヨゴ皇国の一ノ妃も眠り続けているという話を聞いており、<ナユグ>に<花の夜>が訪れているらしいと判断した。
 トロガイは昔、<花>の宿主の魂の母になったことがあった。<花番>との間に生まれた息子は<花>の成長を助け、<花>が満開になったら受粉してくれる<夢>を誘う。たくさんの<夢>たちに花房に宿って夢を見てもらい<花>は種を実らせ、その種が発芽した時にまた新しい世界が生まれるのだそうだ。
 カヤを診たトロガイは何もせずに帰ったが、タンダは1人で<魂呼ばい>をすることにした。しかし術に失敗し、<花番>に体を乗っ取られてしまう。
 また<ヨゴノ宮>では、チャグムは教育係のシュガからトロガイと会っていることを聞かされた。1年半前に自分を助けてくれたバルザ、タンダ、トロガイをひどく懐かしく思い、帝になりたくないと思ったチャグムもまた、眠ったまま目覚めなくなってしまった。

 トロガイの若い頃の話があったこと、チャグムが再登場したことは、このシリーズに感銘を受けた者として非常に嬉しい。でもちょっと今回の話は狭い範囲に詰め込み過ぎかなぁ。ユグノの歌に誘われて<夢>を見続ける人の中にカヤに一ノ妃にチャグムがいるなんて、なかなかの密度。将来への空しさと旅の歌読みへの恋心を抱くカヤ程度の人が<夢>から覚めないんだったら、同じような状態になる人がもっと多くても―つまり流行病みたいになっててもいいんじゃないかと思うし。そのユグノの魂の母親がトロガイで、追われているユグノをたまたま助けたのがバルザで・・・って偶然すぎかと思う。
 <花番>を乗っ取ったのが息子を亡くした一ノ妃だとか、それだけで乗っ取られるような脆弱な存在なのかと疑問。元々心に何かを抱えた人が<夢>に誘われやすいようにできているんなら、<花番>がそんなに簡単に取り込まれちゃだめじゃないか。もちろんただの息子ではなく、ゆくゆくは帝になる身分だった第一皇子。子供を亡くすと同時に与えられるはずだった地位まで無くなってしまうというのは、普通の民草には経験し得ない感情ではある。それを考えても、ちょっと弱いかな~と。最終的にはトロガイにあっさり説得されて<夢>から覚めるし。もっとドロドロとした私利私欲にまみれた人だったらもうちょっと納得できたかもしれない。トロガイやタンダみたいに、呪術師の素質がある人だったとかでもいい。何かもうちょっと・・・という気がする。
 そもそも1巻、2巻が素晴らしすぎたからこう思っちゃうんだろうな。普通の児童ファンタジーなら“児童向けだし、こんなもんか”と思ってたに違いない。そういう点で言うと、十分面白いけど1、2巻に比べるとちょっと劣るかな。
 とはいえ、バルザは相変わらずかっこいいし、運命を受け入れざるを得ないチャグムの弱さも強さも描ききっているところはさすが。また、バルザがタンダをいかに大切に想っているかが伝わってきて、タンダが操られていることが切なかった。タンダはバルザに恋愛感情を抱いてるようだけど、バルザの方の感情は明確にはされない。けど、タンダがバルザの心の拠り所になっていることだけは痛いほどわかった。

 ところで。このシリーズはすごく面白いんだけど、内容を上手くまとめるのに苦労するんだよなぁ。色んな想いが交錯してて、それも備忘録に収めておきたいと思うと結構大変。もっとまとめ上手になりたいと思う。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | よむよむ記 | NEXT