元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『探偵ガリレオ』  東野 圭吾
2006-02-27 Mon 21:17
探偵ガリレオ探偵ガリレオ
東野 圭吾

文藝春秋 1998-05
売り上げランキング : 195697
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年の直木賞受賞作『容疑者Xへの献身』と同じシリーズの第1巻目。シリーズと言っても一話完結だからこれを先に読む必要はないらしい。でも図書館の『容疑者X~』は予約がたくさん入ってるから待ってる間に読もうかと。
 かなり期待して読んだんだけど、事件の状況説明がちょっとわかりづらかったかな。人の立ち位置、地理的なことなんかがちょっと。私はまさに「地図が読めない女」的な感じで、何度か読み返しても結局わからないことがいくつかあった。集中力に問題があるのか。
 警視捜査一課の刑事・草薙と物理学者・湯川のコンビが事件を解決する5編の短編集。後頭部が突然発火したり、海で火柱が上がったり、心臓だけが腐った死体、どうやって作ったかわからないデスマスク、幽体離脱した際の目撃証言など、事件そのものの発想が面白い。
 湯川サンの知識と分析力と閃きはさすが。一方、草薙サンは困ったらすぐにガリレオさんこと湯川サンに助けを求める。「もっと仕事しろよ」と思わず突っ込みたくなる。まあその辺は文章として書いてないだけで、きっと読者に見えないところでは努力してると思いたい。
 事件そのものに着目して人間性はあまり重視してないからか、内容は薄い。ひとつの事件をさらっと読める感じ。『黒笑小説』読んだ時も思ったけど、この作家さん、あんだけ重苦しい長編小説を書いているのにこんな軽快な短編もどんどん書く。まあどちらにしてもライトな話じゃないのは確かなんだが。
 さて、次は『予知夢』か。
別窓 | [は行の作家]東野 圭吾 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『世界で一番の贈りもの』  マイケル・モーパーゴ | よむよむ記 | 『スッキリ!-たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法』  上大岡 トメ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。