元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『王国 その3 ひみつの花園』  よしもと ばなな
2006-03-13 Mon 00:20
王国〈その3〉ひみつの花園王国〈その3〉ひみつの花園
よしもと ばなな

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 28215
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 雫石と真一郎くんが一緒に暮らすために、前向きに動き始める。ところが、真一郎くんの初恋の人、親友の義母との再会で雫石の気持ちが大きく揺れる。結局別れてしまう二人だけど、そんな雫石を見守る楓や片岡さんやおばあさんが暖かかった。
 3巻に来て急に話が展開しだした。いっそ2巻はいらなかったんじゃないだろうか。2巻の、ストーリーがないのに言葉が連なるあの退屈感はつらかった。作者のメッセージを雫石が代弁してるのか、ストーリーが崩壊しちゃってたもんなぁ。え?読者に説教してんの?みたいな。よしもとばななって観念的すぎるのかもしれない。ふんわりと抽象的で、ストレートに決め付けるものがない。そこなのか?そこがいいのか、よしもとばなな!?白黒はっきりした話が好きな私にはわからない・・・。
 でもこの作品は、雫石がしっかりしなきゃ!的な目覚め方を始めてわかりやすかった。よしもとばなな特有の「渡る世間に鬼はなし」から飛び出して、雫石の嫉妬や親友の義母の打算なんかも描かれていて、いつになく人間臭い話になってたように思う。
 本の紹介には「長篇最大のクライマックスへ」と書いてあったけど、これで終わりじゃないよね?ものすごく中途半端なところで終わってるけど・・・。どうなんだろうか。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『その日のまえに』  重松 清 | よむよむ記 | 『容疑者Xの献身』  東野 圭吾>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |