元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『ニンギョウがニンギョウ』  西尾 維新
2006-04-24 Mon 23:08
ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)
西尾 維新

講談社 2005-09-06
売り上げランキング : 113103
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 嫌よ嫌よも好きのうちとか言うけど、私は本当はこの作者が好きなのかなぁ。最初読んだ時は、動機のない惨殺事件満載っぷりに嫌悪したんだけど。でもなんでかマニア受けがすごいこの作者。その人気を理解しようと、またまた読んでみた。
 今回はまた新たな手法を持ち出したな、西尾維新。やっと「戯言シリーズ」のわけわからなさに慣れたのに、ここに来てまた目が点になった。これはこの作者を初めて読む人は怒るだろうな・・・。ちょっと斬新すぎるよ。
 ストーリはないに等しい。誰かの夢日記を読んでるような感じかな。不思議な思考、不条理な情景。ルイス・キャロルみたいな?いや、キャロルの方向に行くと見せかけといて彼を突き飛ばして行ったような。ここまで狂気めいた世界を書いてても、作者は別に気は狂ってないらしい。
 真面目に読もうとしたらブチ切れると思う。誰かの夢を聞いてるつもりで読むと・・・胸張って面白いと言える本ではないけど、こういう本もあるんだという勉強には・・・って、ほんと表現に困る本だな。
 例えば、主人公「私」には妹が23人いる。17番目の妹が死んだから、映画を見に行こうと決意する。17番目の妹が死ぬのは4回目。映画館に行く途中に森のくまさんが電話を貸してくれる。映画は天井から逆さ吊りで見るタイプ。興奮しすぎると頭が破裂してしまうらしい。
 例えば、足が腐り始めたから、語頭と語尾に「お兄様」を付ける5番目の妹と人体交換屋に行く。そこに行くには牧場に行かないといけない。牧場には紙製の羊がいるが、お湯の雨が降ったために羊が溶ける。羊の毛を刈らないと人体交換屋に行けないから、羊達から雨の被害を受けてない部分を切り取って1頭の羊に作り上げた。そのため妹は血まみれになる。人体交換屋で、足は腐ってるのではなくて妊娠していた。足から生まれた赤子は森のくまさんが育てることになった。家に帰ると、17番目の妹が帰還したという情報をもらった。
 こんなのがあと2話ある。最初はあまりの奇抜さに度肝を抜かれたけど、読んでると色んな意味で予想がつかない展開。読み進めるのが楽しくなっていった。でもやっぱ斬新すぎるなぁ・・・。
別窓 | [な行の作家]西尾 維新 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『イン・ザ・プール』  奥田 英朗 | よむよむ記 | 『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』  リリー・フランキー>>
この記事のコメント
そうなんですかー。
暇ができたら、読んでみようと思います。
2010-05-11 Tue 15:15 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
うたかたの日々をモチーフにしているんだと思いますよ。
2010-02-14 Sun 19:13 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |