元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『ティーン・アイドル』  メグ・キャボット
2006-07-21 Fri 21:46
ティーン・アイドルティーン・アイドル
Meg Cabot 代田 亜香子

理論社 2005-11
売り上げランキング : 181350
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 アメリカの高校を描いた中高生向けの小説。主人公のジェニーが通う高校に、人気アイドルのルークが役作りのためにお忍びで転校してきた。先生から信頼の厚いジェニーは、他の生徒に彼がアイドルだとバレないように世話をするように頼まれて大変っていう話。
 日本の高校とは違った感じではあるけど、それなりに共感できる世界だった。設定が理解できた辺りで展開は読めたのに、それでも面白く読めた。アメリカでは人気の作家さんらしいけど、やっぱ力のある作家ってオーソドックスにまとめた作品でも面白く書けるもんなんだな。
 最後の最後、恋愛が絡んだ辺りはちょっと驚きの展開。そうでもないのかな?書評サイトを見ると、結構「思ったとおりすぎ」みたいな物もあったから、そうでもないんだろうか。私は恋愛物の本はあまり得意ではないから、展開を読むのが下手なのかもしれない。
 中学生でも早熟な子は面白く読めると思うけど、明らかに女の子にしか楽しめない話になってたのがちょっと疑問。でも、読んでて楽しかった。今度は同著者の『メディエータ』を読んでみたい。
別窓 | [海外の作家]メグ・キャボット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『県庁の星』  桂 望実 | よむよむ記 | 『大人の知らない子どもたち-ネット、ケータイ文化が子どもを変えた』  今 一生>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |