FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『七つの試練』  石田 衣良
2019-11-02 Sat 00:13
七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV
石田 衣良
文藝春秋
売り上げランキング: 69,341



「泥だらけの星」 
 タカシの友人で俳優の鳴海一輝は、大きな仕事終わりに役者仲間とモデルの卵・エレンと3人で3Pを楽しんだ。その件でエレンの事務所の社長・市岡から脅迫されていた。タカシから呼び出されたマコトは、いい解決法はないかと相談される。

 イッキの「抱いたり抱かれたり」発言と週刊誌に売られちゃうかもって流で、このネタってあの・・・と絶句。元ネタは成宮君の件だよね。いやちょっとこれは・・・。でも、ラストの展開は嬉しかった。成宮君に向けての励ましだよね。市岡の悪行を別の週刊誌に載せるという反逆で、イッキが自身で堂々とバイセクシャルであることを前面に出すことを提案したこと、エレンの「そういうの隠す時代じゃないっしょ」という発言、CM契約は失ったけど市岡を刑事告訴するとドラマや映画はそのまま続いたこと。彼に届いてるといいなぁ。
 とはいえ、この話がアリなのかどうかはちょっと判断に迷う気もする。成宮君がこれ以上傷ついてないといいなと思う。


「鏡のむこうのストラングラー」
 マコトが最初に手掛けた事件、連続女子高生首絞め事件の犯人ストラングラーがまた池袋に出た。出会いカフェ『チェリーズ』のオーナーから相談されたタカシから、マコトが呼び出される。
 被害者の一人・HELAは沖縄の片隅で生まれ、14歳の時から売春をするしかない環境に育った。その生活を抜け出すために東京で大学に行き、弟を高校に行かせ、妹に売春をしなくてもいいようにするために、奨学金の他に『チェリーズ』で稼いでいると言う。彼女の協力を得て似顔絵を制作し、Gボーイズの働きで犯人はあっけなく捕まった。

 最近マコト、タカシ、おふくろ以外の人は一期一会状態だと思っていた矢先、第一話のストラングラーの再登場!?と思いきや、似た趣味を持つ変態がまたいたって話だったことにちょっとがっかり。でも第一話で似顔絵を描いたシュンが今や人気キャラクターデザイナーとして再登場したのは、ちょっと懐かしかった。とはいえ一巻読んだのは随分昔だから、あーいたいたそんな人、あったあったそんな展開っていう微かな記憶しかないんだけど。
 今回は変態に死ぬ思いをさせて二度と同じような行動を起こさせない話じゃない。日本の貧富の差って、思ったよりあるんだとほんの数ページで知らさせられた話だった。



「幽霊ペントハウス」
 マコトの中学の同級生スグルが購入した億ションの最上階で、真夜中にコツコツという音が聞こえる。スピリチュアルに凝っている妻が、土地神の機嫌を損ねたんじゃないかと引っ越したがって困っていると相談して来た。スグルのマンションに行ってみると、確かに夜の11時にコツコツという音がする。マンションからの帰り、マコトはマンションの屋上を見つめるベリーショートの女性を見掛けた。
 マコトが何気なく土地神の話を母親に聞くと、母親は一人の拝み屋を紹介した。彼女の不思議なアドバイスに従って、言われた通りの日時に再びマンションを訪れたマコトは、再びベリーショートの女性に会った。

 今回はストリートのアングラ事件というより、コージーミステリーって感じだった。美人スピリチュアル妻が言う事が意外と当たってたり、不思議なおばあさんが出てきて予言通りになったりと、いつもと経路が違う。土地神の龍神に代々仕えてきた三木元家の龍神つきの娘が監禁されてたっていうのは、コージーではないか。
 なんか、面白いんだけどIWGPにこういうのは求めてないんだけど・・・って気がした。それと、スグルが中学の同級生ならサル君も出してくれ。


「七つの試練」
 交流サイトのゲームで七つの試練というものが流行っているらしい。管理人が一つずつ試練を出し、受けた人物はその試練を行う写真やムービーをアップするとたくさんの「いいね」が付く。最初は他愛もない試練だが、段々と暴力や窃盗の試練が課され、最期には飛び降りの課題が出ると言う。
 その試練を受けた不登校の男子高生・タクミは、「いいね」欲しさに自宅の屋根から飛び降りた。Gボーイズのメンバーにも、途中の試練の窃盗で捕まった者がいるそうだ。タカシからの依頼でタクミの話を聞きに行ったマコトは、タクミの妹で中学生のユウミに声を掛けられた。彼女は兄の敵をとるため、七つの試練に挑戦しているという。ユウミの七つの試練を足掛かりに、マコトは管理人を江ノ島におびき出す作戦を立てた。

 「いいね」文化への皮肉のような事件だった。SNSの「いいね」欲しさにバイト先なんかで非常識なことやって炎上して社会問題になってたけど、「いいね」欲しさに死ねって言われたら死ぬのかっていうのを具現化してるような事件。で、住む世界も視野も狭い未熟な人間が犠牲になった。
 ネット社会という水面下に潜った犯人を釣り上げる様子が面白かったし、作戦の要はマコトが作って最後の一番おいしいところはタカシが魅せるといういつものカッコいいスタイル。今回はスレッドに影響された連中も展望台から一斉に飛び降りる(ただし命綱は自由)という展開。張り込んでいたGボーイズ達が愚かな彼らに一斉に飛び掛かるクライマックスが、かっこよかった。
 シュンに続き、今回は懐かしいゼロワンが登場したけど、結局役に立ったのか?オニオンルーターについて説明しただけじゃない?過去に登場したこういう凄腕の人達、もっと登場して欲しいなぁ。
別窓 | あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『崩れる脳を抱きしめて』  知念 実希人 | よむよむ記 | 『西一番街ブラックバイト』  石田 衣良>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |