FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『長くつ下のピッピ』  アストリッド・リンドグレーン
2019-07-21 Sun 16:27
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
アストリッド・リンドグレーン
岩波書店
売り上げランキング: 15,546

 ピッピは船長の父と共に世界中を航海していた9歳の女の子。嵐の時に海に吹き飛ばされた父親がいつか帰って来ると信じて、猿のニルソン氏を連れ、金貨が詰まったスーツケースを持ち、父親が買っていた「ごたごた荘」に住むことにした。
 隣の家に住む同じくらいの子供達、トミーとアンニカはあっという間にピッピと仲良くなり、大変力持ちなうえ、自分達が思いもしなかったことを次々とやってのけるピッピが大好きになった。


 子どもの頃に読んで、内容はあまり覚えてないけどすっごく面白かった記憶だけが残っているこの本。我が子に読ませるついでに自分も久し振りに読んでみて、全くワクワクしない事に驚いた。こんな子嫌だ!自分の子がこんな子になるなんて耐えられない!やっぱり自由過ぎるのは良くない。教育って大事だなぁってしみじみ思い、自分が心の穢れた大人になったとしみじみと思った。
 でも、身も心もすごく自由で、お金はたくさんあって、牛や馬を持ち上げられるほど力が強く、心もとっても強く自信に満ち溢れた怖いものなしっぷりのピッピは羨ましくもある。とはいえ、現代はそんな時代ではない。
 深読みせず単純に、「『長くつ下のピッピ』すっごく面白い!ピッピ大好き!」と思っていたあの頃が懐かしい。
別窓 | [その他のこと] | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 | 『騙し絵の牙』  塩田 武士>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |