FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『未来』  湊 かなえ
2019-06-11 Tue 13:47
未来
未来
posted with amazlet at 19.06.07
湊 かなえ
双葉社  2018.05
売り上げランキング: 55,322



 章子の母・文乃は美しい容姿を持ちながら精神的に不安定で、頻繁に人形のようになってしまう。章子は優しい父親と共に母を守りながら穏やかに暮らしていたが、小学4年生の時に父親が病死してしまった。葬式の日に倒れてしまった母親を支えようと家のことを頑張っていた章子に、20年後の自分から手紙が届いた。それから章子は、何かあると未来の自分に向けて手紙を書くようになった。
 母親は相変わらず、人形のようにスイッチがオフになったり、家事やお菓子作りができる程度のオン状態になることを繰り返した。頭がよくしっかり者の章子は、母親を支えながら一生懸命生活しようとする。しかしながら無力で、大人のエゴに翻弄されたり、嫌味なクラスメイトに精神的に追い詰められたりする。
 章子の物語と、章子をいじめから救った影のある同級生・亜里沙、4年生の時の担任・篠原、章子の父・樋口良太の学生時代の、それぞれの視点の話。 
 
 亜里沙の話。
 亜里沙の父親は、妻に暴力を振るった翌日には果物を買って来る男だった。妻が死んでからは我が子である亜里沙と健斗を殴っていたが、亜里沙の担任が訪ねて来てからは健斗だけを殴るようになる。
 面倒なクラスメイトに目を付けられたこともあり不登校になっていた亜里沙は、幼い頃に仲が良かった2歳年上の智恵理に再会した。彼女の存在に安らぎを覚えていた亜里沙は、自分と同じく不登校になっていたことを知った章子と仲良くなった折に智恵理を紹介し、章子も智恵理を慕うようになっていた。
 ある日亜里沙は智恵理の別人格に会う。

 章子、亜里沙の4年生の時の担任・篠宮先生の話。
 篠宮真唯子は、大学の時にポルノ映像に出演したことがある。育ててくれた祖母の希望を叶えるために教師を目指していた真唯子は、祖母が亡くなった折に母親から全財産を取り上げられそうになる。学費の支払いに悩んでいた時にスカウトして来た時任と名乗る女性の話に乗ってしまい、真唯子は言葉巧みに騙されポルノ映像に出演してしまった。しかしその後、祖母は法的に手続きをしていたために財産は守られることがわかる。
 そのことをPTA会長である実里の母親に糾弾され、教師を辞めることになった。その前に問題を抱えていそうな子ときちんと向き合おうと、入院している章子の父親を訪ねた。そこで父親から、章子宛に未来からの手紙を書いて欲しいと頼まれる。

 章子の父親の話。
 樋口良太は容姿の悪さのせいで幼い頃から周囲から遠巻きにされていたが、県内でも有数な進学校に入学したことで少しずつ積極的な性格になっていった。1年生の時にボランティア部を立ち上げ、月に一度手作り菓子を近隣の福祉施設に届ける活動をしていた。
 2年生の時に、美しい容姿ながら流暢に暴言を吐く森本誠一郎と同じクラスになる。暴言を吐かれたクラスメイトを庇ったことから彼からターゲットにされたが、ある日言い返して口論になった時から森本に面白がられるようになった。
 夏休みのこと。森本は良太を自宅に呼び、自分の妹・真珠の体を好きにしていいと言い出した。美しい真珠を前に一度は理性が飛んで乱暴をした良太だったが、森本に頼んでもう一度会わせてもらい、一緒にお菓子作りをするようになった。
 人形のようだった真珠が次第に笑うようになったある日、良太は森本から父子相姦が行われていることを見せつけられた。森本は真珠のために自分が父親を殺すから、良太に火を点けて欲しいと頼む。


 最初の不幸は、フィクションではよくある程度だった。結構前に読んだ同著者の『Nのために』に登場していた女性も、理由は違えど父親がいなくなってダメ母親の面倒を見ながら生活してたことを思い出しながら読み進めた。母親に「オン」の状態が続くようになって幸福を感じることもあったし、章子が早坂から暴力を振るわれるようになった時も、実里のいじめも早々に解決する。湊さんにしては不幸が浅くて揺さぶられ感は少ないけど、何か読ませられちゃうのは凄いなーなんて思いながら読んでた。でも章子の周囲に目を向けた時、不幸がゆっくり加速していった。
 暴力の被害や人の死、性的暴力。立場の弱い者は逃げる方法はなく追い詰められて、究極の逃亡をしてしまう。智恵理さんも健斗も、そして文乃さんもこれ以上ないくらい辛い思いをしてきたと思う。ただの性悪少女と思ってた実里も、比較したら浅い不幸だけど親に原因があった。文乃さんは守ってくれた良太さんと死別すると、結局同様の不幸があった。今度は章子の存在が足枷になったんだろうか。
 章子に一刻の愚かな優しさを向けた猪川が実はブチ殺したくなるくらいの変態だったとか、レストラン「HAYASAKA」を紹介した歯科医の相手を文乃さんがさせられていたとか、そういう伏線が巧み過ぎて、もう心臓潰れそう。
 死んでしまった健斗に代わって復讐を決意した亜里沙、家に火を点けた智恵理さん、同じく家に火を点けた章子を逃がした文乃さん、ゆっくりでもいいから幸せに向かって行って欲しい。特に文乃さんは、林先生くらいで手を打ってた方が良かったんじゃないか。章子の推測通り実兄に似てるから罪滅ぼしだったとしたら、実兄はちゃんと改心して信頼できる奴に後を頼んでくれたじゃないか。その気ち、ちゃんとわかってよ・・・。
全編を通して憧れの象徴のようにドリームランドというテーマパーク、過去の幸福の象徴的な食べ物としてマドレーヌ、シャインマスカット、そうめんが出てくる。その存在が失われた過去の輝きのようでもあり、未来にまた訪れる希望のようでもある。
 ああ、今回も目を逸らすことができない圧倒的な文章力に吸い寄せられてしまった。でも最後に、ちゃんと解決法を見出した章子は偉い!さすが賢い子だ。普通に子供を思う大人がたくさんいる場所で、ちゃんと保護されて真っすぐに生きて行って欲しい。もちろん、文乃さんも一緒に。
別窓 | ま行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『騙し絵の牙』  塩田 武士 | よむよむ記 | 『絶歌』  元少年A>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |