FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『絶歌』  元少年A
2019-05-28 Tue 16:58
絶歌
絶歌
posted with amazlet at 19.05.28
元少年A
太田出版  2015.06
売り上げランキング: 9,538



 1997年に起こった、神戸連続児童殺害事件の犯人の手記。警察に任意同行された日の話から始まり、幼い頃に慕っていた祖母の話、祖母の死をきっかけに起こした異常行動の数々、抑えられなくなっていく凶暴性、捕まってからの話、少年院から釈放されて保護観察期間の話、職を転々とする話など。


 被害者の幼さと相反する残忍な殺し方、稚拙な煽り文の手紙、捕まった犯人の年齢、徐々にわかっていく余罪、日常行動の異常性などなど。ベタな言い方だけど、世間を震撼させたセンセーショナルな事件だった。当時まだギリギリ十代だった私は、あの残虐な犯人が自分より年下だったことに衝撃を受けたのをよく覚えている。
 あの犯人がどの面下げて手記なんぞ出したのかという思いと、深淵を覗いてみたいような好奇心から読んでみたいと思った。奴に印税が入るのは絶対に嫌だったから、図書館で借りることにする。私が住んでいるところは人口がそこそこ多くて結構大きい図書館があるけど、購入したのは1冊のみで閉架書庫扱い。著者の印税に貢献したくないけれど、図書館として市民の知る権利に応えなければならないという葛藤が伺える。
 さて、中2から少年院で過ごしたはずのAだけど、文章力には大いに驚いた。正直、上手いし文才あると思う。語彙力もあるし、言いたい事をどんな順序で書いたら伝わるか、ちゃんと計算された文章だ。そこにAが自身に酔ってる感がものすごく漂ってて、「あ、こいつ反省してないな」と思った。Aが自分の内面を語る時の純文学っぽい自己陶酔が、快楽殺人を犯したあの時と、根底は変わってないように思う。文章からして、被害者を晒し物にしたあの時の目立ちたがりの自己顕示欲が臭う。家族愛とか絆とか、まるで美しく描いてるけど、もはや滑稽。母親の問題行動とか、知らんわけでもあるまいし。
 この本の出版に当たって賛否両論というか、否定的な意見をかなり多く読んだ。ご遺族の方々には申し訳ないけれども、私は「賛」の方だ。Aが根本では変わってない事を世に知らしめるという意味があったと思う。精神鑑定した人とか、更生に携わった人とか、良い結果を出すことを求められた人が書いたんじゃ意味ない。AがA自身の言葉で等身大に語って、結果どうしようもなく自己中心的な変態だという動かしがたい事実を世に知らしめた事は良かったんじゃないかな。あとは執拗なマスコミの存在に期待。懸念すべきは信じられない事にAを崇拝する若者が存在するという事だけど・・・。
 加害者が少年法の下に守られ、情報が遮断され、刑罰ではなく更生の機会が与えられる。もし身近にこんなサイコパスがいたらと考えてしまう。同じ市内にいたら?町内にいたら?万が一被害者になったら?もし、我が子が加害者側だったら?そしたら私もAの母のように変な手記を出したり、我が子が這いつくばってでも生き延びることを願うんだろうか。極論の、お前を殺して私も死ぬっていう道を選ぶんだろうか。
 このAをどうするのがベストなのか、どうすればこんな事件が起こらなくなるのか。私の数千倍数万倍賢い人達が考えても結論が出ない事を私が考えても詮無いことなんだけど、色々考えてしまう衝動は抑えられない。これがフィクションだったら、どんなに良かったろうか。
 変な有料サイトを開設してたらしいし、やっぱり更生は無理だったんだと思う。そこからどうすべきだったのか、無知な私にはわからない。一生閉じ込めておくべきだったのか、極刑に処すべきだったのか。ああ、でも無責任に思わずにはいられない。こんな奴、早く死ねばいいのに。
別窓 | [ま行の作家]ま行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『未来』  湊 かなえ | よむよむ記 | 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』  歌川 たいじ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |