FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『しんせかい』  山下 澄人
2018-09-14 Fri 14:31
しんせかい
しんせかい
posted with amazlet at 18.09.12
山下 澄人
新潮社   2016.10
売り上げランキング: 30,460

 高校を卒業してアルバイトをしていたスミトは、とある有名脚本家【先生】が作った俳優と脚本家の養成所に二期生として合格した。【谷】と呼ばれるそこで、費用は一切かからない代わりに自給自足や近隣の農家の手伝いをしながら一期生と共に生活をしていく。


 田舎で自分達の住処を作ったり馬の世話をしたり近隣の農実況家を手伝ったりの共同生活の中で演劇や脚本について学ぶって、正直よく理解できない。芸術活動の一環と思えば、まあそういうもんかと思わなくもない・・・かな?
 共存する仲間達、農業、演劇の勉強などの体験に何一つ深さはなく、さらっと上辺をこなしていく。何となく暖簾に腕押し的な性格のスミトは、会話が成り立たないレベルで思考の中で自己完結している。読みやすいけど面白くはない。けど、ちょっとダラダラした語りがイラつくような癖になるような文章だと思う。話下手な人が無理やり実況中継してるような?そう思うと、おしゃべりだけど話し下手で人間的深みゼロの私は途端に親近感が湧いてきた。
 大して面白くもない生活の様子が続いて、一期生卒業からの三期生を迎え入れる直前・・・からの、え?なに?夢オチ?いや、ちゃんと1年過ごして、もう1年過ごしてる?と、理解不能のまま次の章「率直に言って覚えていないのだ。あの晩、実際に自殺したのかどうか」へ。あれ?2章目は別の短編?と思いきや、スミトが【谷】の入所試験を受けるために新宿駅付近で前泊する話になる。
 これがまた、目の回るような行ったり来たりの思考をしていて、正直キ印かと思う。アライグマを飼っているホームレスが練炭自殺をする話にちょっと緊張するも、いつの間にか歌舞伎町に来ていて本当にどうなってんの、これ。
 読み物としては頭を抱えたくなるけど、でもやっぱりこの文章は私の思考をだらだら書き起こした時に似ていて、やっぱり親近感を覚える。たまに自分で自分に、だから何?ってツッコんでしまうけど、それに似た苛立ちのある本だった。私的には妙な同調と、同類嫌悪が混じった感じだったけど、まあ面白くはないかな。純文学の芥川賞にしては読みやすい、だけどお前の頭の中が新世界だって言ってしまいたくもなる。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ホテルローヤル』  桜木 紫乃 | よむよむ記 | 『銀河鉄道の父』  門井 慶喜>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |