FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『対岸の彼女』  角田 光代
2018-04-05 Thu 01:27
対岸の彼女
対岸の彼女
posted with amazlet at 18.03.20
角田 光代
文藝春秋
売り上げランキング: 200,656

 現在の小夜子の視点と、十数年前の葵の視点が交互に織りなす物語。
 3歳の娘を持つ専業主婦・小夜子は、どの公園に行っても母親同士の派閥関係に馴染めずにいた。娘のあかりが友人関係を築けない事も気になり始め、保育園に預ければ社交性も育つかもしれないと働きに出ることを決意する。
 面接を受けた小さな旅行会社の女社長・葵に気に入られた小夜子は、その会社の新事業である掃除代行業担当として雇われた。一緒に働くうちに葵のあっけらかんとした性格に引き込まれ、仕事そのものにものめり込んでいく。しかし家では、夫や姑の理解が得られず苛立ちを覚えることもあった。
 一方、高校時代の葵。中学時代にいじめられ、高校入学と同時に神奈川から群馬に引っ越して女子高に通い始めた。学校では何となく固まった地味なメンツとグループになった一方で、放課後はどのグループにも属さずにフラフラしている明るい少女・ナナコと親しくしていた。
 一年生の秋頃からターゲットを変えながら仲間外れゲームが始まったが、葵は自分がその対象にならない事だけを心配しながら地味に過ごす。ナナコのようにどのグループにも属さないで誰とでも仲良くする女子はハブられやすい。そうなった時に巻き込まれる可能性が高いと考えた葵は、自己嫌悪に陥りながらもナナコとは放課後しか離さなかった。
 一方ナナコはもし葵がハブられても絶対に味方するけど、ナナコ自身がハブられたらみんなと一緒になって自分を無視して安全でいて欲しいと言う。その恐れは、二年生で現実となった。
 夏休みに伊豆のペンションで泊まり込みのアルバイトをした二人は、そのまま家に帰らない事にした。バイトで貯めたおかねを節約しても減る一方で、カツアゲにまで走る。家に帰らない事を決意した時は「一緒だとなんでもできるような気がしていたが、ずっと移動しても「どこにもいけないような気がする」事に気付いた2人は、かつて葵が住んでいたマンションから一緒に飛び降りた。


 高校時代は人間関係にビクついた少女だった葵が、具体的には何歳か知らないけど三十数歳ではサバサバした飾らない明るい女性になっている。どう見てもナナコの影響を受けているんだろうけど、気の置けない楽しい女性だ。だけど何が悪かったのか、葵が決めた方針に不満を持つ女性から反目される。そして小夜子とも、急に心の溝ができてしまった。
 きっかけは小さい事なんだけどこうなっちゃうの、わかるわー。自分の中で勝手に被害妄想ぶちかましちゃうの、した事もされた事もある。
 小夜子は序盤では、人付き合いが下手なだけかと思ってた。母親同士の関係もそうだけど、夫・修二への不満も言えないでいるし、口うるさい姑からも嫌味を言われっぱなしで、人間関係が不器用な人という印象だった。ところが終盤で描かれた高校時代に仲間外れにされた事や、幼稚園ママ達に対する引きの態度、葵への嫌味シーンなんかを読んでると、愚かなんだと思えてきた。うーん、面倒くさい女!そしてその愚かさ私自身も似てる気がする同類嫌悪。
 結局女は女の人間関係から逃げられないものだよね。それを無視しちゃうと、足を引っ張られることがある。まさに女の敵は女。群れたがって、察してちゃんで、マウンティングが行われる中を上手に渡り歩いて自分の居場所を確保しないといけない。義務ではないはずなんだけど、気付いたら“いかに上手く渡り歩くか”を無意識に模索してる。もちろんそうじゃない人もたくさんいるんだけど、少なくとも角田さんの表現を好む人はこの世界を理解できる人が多いんじゃなかろうか。好むか好まないかは別として、ね。
 ほんと、どこにでもある女の世界の機微の描き方がリアルで上手い本だった。
別窓 | [か行の作家]か行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『影踏み』  横山 秀夫 | よむよむ記 | 『愚行録』  貫井 徳郎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |