元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『愚行録』  貫井 徳郎
2017-12-21 Thu 11:44
愚行録
愚行録
posted with amazlet at 17.12.18
貫井 徳郎
東京創元社
売り上げランキング: 313,072



 高収入でイケメンの夫、お嬢様育ちの美しい妻、可愛い兄妹と、誰もが羨む幸せな家庭である田向一家が惨殺された。犯人は捕まる事なく一年が過ぎた頃、その夫婦を知る人々に取材をする人物が現れる。
 そのインタビューに交互に挿入される形で、謎の女性が両親から受けた虐待の思い出を兄宛てに独白のように語りかける。


 ネグレクトにより子供を死なせた田中光子の新聞記事から始まり、唐突に田向夫妻の近所に住む女性への取材が始まって面食らった。世間話を交えた話が終わったと思ったら、また唐突に「お兄ちゃん」と語りかける女性による両親からの虐待の話、次は田向妻の友人の話、虐待話、田向夫の同期の話・・・と続いていき、事件ではなく田向夫妻の人物像を掘り下げられる。と同時に、虐待の話は母親の暴力から父親からの性的虐待の話へと発展していく。
 物語の真意が全然わからないままでも読み進められたのは、美男美女で夫婦共に高学歴でお金持ちで人当りもいい田向夫妻の黒い部分が垣間見えるからだと思う。人の悪口は蜜の味、みたいな。特に慶応大学の「内部」「外部」の話は田舎者の私には別世界過ぎるけど、そこから見えてくる田向妻(旧姓、夏原)の腹黒さはぞくぞくした。
 「田中さん」の話が出た時に冒頭のネグレクト事件の話に繋がると思いきやそうでもなく通り過ぎ、次の話にどんどん進んで行ったかと思ったら最後に急に戻って来て驚いた。後半の加速が激しすぎて、理解できるけど気持ちがついていかない。
 『愚行録』のどこが「愚行」だったんだろうか。田崎夫妻が内に秘めた腹黒さは、人間としてありがちな事であって「愚か」とは言い難い。母親から暴力を受け、実の父親からも母親の恋人からも性的虐待を受け、大学時代にお金持ちと結婚することを夢見て次々に男と付き合って都合のいい尻軽女呼ばわりされている事に気付かないままで、のちに実の兄との子を設けた挙句に保護責任者遺棄致死させた女性の行いは、「愚か」というより憐れみしか覚えない。大学時代に慶応学生に弄ばれ続けた妹の存在を覚えていたという理由だけで女性を殺した兄も、「愚か」というより歪んで育った恐怖感しかない。でも、このタイトルは妙に心に突き刺さる。もしかして田向夫妻の腹黒い部分に共感してしまったり、どんなにヒエラルキーのトップに立ってても不幸な死によって崩壊した周囲からの上から目線だったりする人間そのものの事だったりとか。
 事件性を追う事もなく、人間性もそう深くなく、心に響く事もなく、でも完璧人間の黒い部分を覗き込みたくなって読み進めて行った私が「愚か」だったりとかするのかな。ま、私が愚かなのは、本の感想を探らなくても自他共に認めるところではあるんだけれども。
別窓 | [な行の作家]な行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『対岸の彼女』  角田 光代 | よむよむ記 | 『本バスめぐりん』  大崎 梢>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。