元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
「ぼくはめいたんてい」シリーズ
2017-11-09 Thu 07:09
 パンケーキが大好きな9歳の少年ネートが、周囲で起こる小さな事件を解決していくシリーズ。各話のタイトルからわかるように、どの話も大人にとっては大した事ないながら子供にとっては大事件だ。ネートは小さな手掛かりを集め、家に帰ってパンケーキを食べながら推理を巡らせて解決していく。その姿はまさしくハードボイルド本格ミステリー。
 名探偵の名にふさわしくクールで論理的。パンケーキに目がないけど、その食べ方もクールに自分で作って食べている。クールなネートに代わって、周囲の人物が個性的で賑わわせてくれているのもいい。
 これを読んだ子は、成長してシャーロックホームズを読んだ時に親近感を覚えるに違いない。パクリって思うかな?いいえ、インスパイアだよって教えてあげたい。

 一番気に入ってるのは、探偵の掟。話を聞くとか、相棒を持つとか、どうしても解決できなかったら両親を頼ろうとか、探偵することだけじゃなくて生きていく色んな場面で応用できる。「両親」のところは、先生だったり先輩だったり上司だったり変わっていくだけ。ネート、最高にクールな少年だと思う。


きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)  まよなかのはんにん (ぼくはめいたんてい 2)  なくなったかいものメモ (ぼくはめいたんてい 3)  きょうりゅうのきって (ぼくはめいたんてい 4)  かぎはどこだ (ぼくはめいたんてい 5)  ゆきの中のふしぎなできごと (ぼくはめいたんてい 6)

『いそがしいクリスマス』
『きえた草のなぞ』
『ねむいねむいじけん』
『2るいベースがぬすまれた』
『ペット・コンテストは大さわぎ』
『だいじなはこをとりかえせ』

ハロウィンにきえたねこ―ぼくはめいたんてい  なぞのかみきれをおえ!―ぼくはめいたんてい

『スウェーデンこくおうをすくえ!』

ふたつのバレンタインじけん―ぼくはめいたんてい

『にげだしたファングをさがせ!』
別窓 | 児童文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『本バスめぐりん』  大崎 梢 | よむよむ記 | 『現場不在証明(アリバイ) ミステリーアンソロジー』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |