元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城2』  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
2017-03-21 Tue 23:10
アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉
ダイアナ・ウィン ジョーンズ
徳間書店   1997.08
売り上げランキング: 26,079

 夢見がちな若い絨毯商人のアブダラの店は、ある日店を訪ねてきた男から空飛ぶ絨毯を買った。その夜、絨毯の上で眠ったアブダラは、目を覚ますと自分の空想の中に出てくる庭にそっくりの場所にいて、美しい女性に出会った。<夜咲花>と名乗るその女性は父親以外の男性を見たことがないほど世間知らずだったが、アブダラは彼女と恋に落ちて結婚の約束をする。その矢先、<夜咲花>は魔人(ジン)に攫われてしまった。
 <夜咲花>は自国の王女で、王のスルタンは魔人の存在を信じずにアブダラを投獄したため、アブダラは脱獄して王女を救出することにする。途中、1日1つだけ願いを叶えてくれる精霊(ジンニー)、旅の兵士、猫の<真夜中><はねっかえり>と出会い、一緒にインガリーの魔法使いに会いに行くことになった。
 

 『魔法使いハウルと火の悪魔』はいかにも正統派って感じのイギリスファンタジーだけど、これは中東色がかなり濃い。というか、アラビアンナイトのオマージュ作品になっていて、1巻とは全然違う文化様式が面白い。中東の人って本当にこんな美辞麗句を言うんだろうか。それともこの本の中だけの設定なんだろうか。途中からアブダラが勝手に言ってるだけな感じになってて、それはそれで面白かった。
 アブダラは運命と恋愛感情に突き動かされていくんだけど、インガリーの魔法使いの家で急に1巻の『ハウルの動く城』と繋がった。訪ねた魔法使いはサリマンでレティーと結婚してるし、一緒に旅をしてきた<真夜中>は魔法で猫に変えられたソフィ―で、行方不明の宮廷魔法使いとはハウルの事。前作の主人公が出てきて活躍するって設定、君はここにいてきちんと活躍して生きていたんだねって感じがして大好物だ。
 1巻では「悪魔」が敵だったんだけど、2巻では「魔人」が敵。最後のドタバタ乱闘は1巻のラスボス戦を彷彿とさせて、やっぱりこのシリーズの最終決戦はこうじゃなきゃって思わされた。で、結局ハウルは出てきてないやーん!カルシファーは?マルクルは?と思ってると、ジンの事が片付くと同時に謎は解けた。扱いづらいジンニーがハウルで、物語の序盤から登場していた魔法の絨毯がカルシファー。ジンニー、確かに発言がハウルっぽかった。<真夜中>がソフィーだった時点で気付くべきだった。気付かされないほど没頭してたんで、騙されたけどいい気分。マルクルが出てこなかったのは残念だけど。
 ハウルとソフィーはいい夫婦になってるんだなーとか、ハウルとアブダラも仲良くなれるかなーとか、ジャマールと犬は最初はただのチョイ役だと思ってたけど最後まで大活躍だったなーとか、兵士は実は王子だなんて唐突過ぎて1巻のかかしと同じパターンやんとか、最後の最後に全員が幸せに終わるってやっぱりいいなーとか、幸福な読後感に浸れる本だった。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ロシア紅茶の謎』  有栖川 有栖 | よむよむ記 | 『ナミヤ雑貨店の奇跡』  東野 圭吾>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。