元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
映画『暗いところで待ち合わせ』 レンタルしました
2007-07-29 Sun 22:45
暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-06-08)
売り上げランキング: 65,417

 『きみにしか聞こえない』の映画化がとっても良かったから、『暗いところで待ち合わせ』もレンタルしてみた。
 良かったのは、原作に近くて変な改変がなかった点と、主人公ミチル役の田中麗奈の演技力の素晴らしさ。全盲に近いくらい全く見えてないけど一人暮らしは営めてる、という設定をとても自然に演じている。しかも目を開いて演技してんの。目は開いてるけど見えてないという状況が赤ちゃんみたいな無垢さも醸し出してて、見入ってしまった。もちろん、田中麗奈の容姿の美しさありきだけどね。あと、トシオ役の佐藤浩市がアキヒロをいじめるシーンが、本当に怖くて震え上がった。
 仕方ないけど嫌だった点は、アキヒロを外国人が演じたこと。台湾人らしいんだけど、会社でいじめられているシーンがどうしても人種差別問題提起に見えてしまう。そうすると、乙一の持ち味である「ほんの少し周囲に合わせるのが下手な人」が自分の世界を孤独に生きてる様子が霧散してしまう。でも映像では、きっとその孤独感は出せないよなぁ。
 悪くないんだけど、こんなもんかーってとこ。『きみにしか聞こえない』のラストが悲しくも晴れやかで大感動だったけど、この映画は穏やかに優し~く終わっていくから、映像だとちょっと物足りなかったかなぁ。活字だと優しい気持ちで読み終われたんだけどね。映画とかドラマとか苦手だから、ちょっと揺さぶり弱いと我に返っちゃって駄目だね。
別窓 | [あ行の作家]乙一 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『キノの旅 3』  時雨沢 恵一 | よむよむ記 | 『南京事件「証拠写真」を検証する』  東中野 修道  小林 進  福永 慎次郎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。