元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『1ねん1くみ1ばんワル』  後藤 竜二/長谷川 知子
2016-09-15 Thu 11:41
1ねん1くみ1ばんワル (こどもおはなしランド (2))
後藤 竜二
ポプラ社
売り上げランキング: 95,274

 くろさわくんは、クラスでも団地内でも有名なワルで、大怪我をしても、クラスメイトとトラブルがあっても、全然めげないで大暴れしている。そんなくろさわくんに時々いじめられ、恐れながらもちょっと憧れを抱いている「ぼく」の目線でくろさわくんを観察している物語。


 孤高のやんちゃ少年くろさわ君、くろさわ君の無茶ぶりを断れない「ぼく」、挿絵では若くて美人で包容力半端ない先生の話を、子供の頃は面白く読んだもんだ。くろさわくんみたいな友達がいたら面白そう、って思ったりもした。
 親的に言えばこんな子が同じクラスなんて勘弁!自転車で滑り台を滑り降りるなんて、万が一無関係の子が怪我したらどうするんだ。スーパーカーごっこと称して馬乗りしたり、いちいち授業が滞ったりなんて、冗談じゃない。
 私事だけど1年生の我が子のクラスに乱暴な子がいて、しょっちゅう暴力を振るわれる。うちの子も余計な一言が多いタイプだから、なおさらトラブルが多いようだ。担任には最初は相談調で話してた私だけど段々強めに訴え、ちょっと前に目の近くを殴られて「マジでキレちゃう5秒前」となりつつ大した事なかったんで怒りを治めて担任に強めに文句言ったんだけど。この本を四半世紀ぶりに読んで、担任が言ってた「子供同士のよくあるトラブル」って言ってた意味がわかった気がする。
 先生の話から、くろさわ君にはお母さんの不在が伺える。父子家庭で父親が忙しくて愛情不足の可哀想な子かと思いきや、父親とパチンコに行ったと言う。つまり父親しかいないけど、その父親も一般的な親ではないと。でもって負の連鎖でくろさわ君もちょっと周囲が見れない子に育っちゃってると。ていうか、くろさわ君ってアスペじゃない?やばい、私の頭が沸騰しそう。可哀想だけど、だからって我が子がそれで被害を受けるなんて納得いかない!って、あれ?うちの子に乱暴してる子はくろさわ君じゃないんだった、危ない危ない。
 とまあ、何だか重なっちゃって大変だった。この本には、くろさわ君の父親が話の流れでちらっと出てくるだけで、他の親は出てこない。語り部の親さえ、出てこない。つまり完全な学校社会、子供社会で完結している。これが、あるべき形なんだろうか。よく「親という字は云々」と言うけど、私は木の上で立って見てたら子供が自分で解決できずに助けを求めてきたから、木から降りてきた。で、また登らず、ずっと傍で口出しし過ぎてる?ていうか、何で私が親としての在り方を考え直してるんだ?ちょっと読むタイミングが良くなかったかな?
別窓 | 児童文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『四畳半神話大系』  森見 登美彦 | よむよむ記 | 『大きい1年生と小さな2年生』  古田 足日/中山 正美>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |