元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『南京事件「証拠写真」を検証する』  東中野 修道  小林 進  福永 慎次郎
2007-07-27 Fri 14:02
南京事件「証拠写真」を検証する南京事件「証拠写真」を検証する
東中野 修道

草思社 2005-01-31
売り上げランキング : 97267
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 南京大虐殺が捏造だという説も結構有力だって知ってる人はどれくらいいるんだろうか。私が知ったのは数年前で、その時は少数派の意見だと思ってた。でも結構有名な説だったみたい。ちなみに、前の職場の人達はこの本を見計らいで見て「え?何言ってんの?」みたいな感じだったから、女性が普通に生きてて耳にする説ではないっぽいんだけど。
 この本では写真に着目し、証拠写真3万枚の中から百何十枚かの合成やらヤラセを検証している。ひたすら淡々と、写真の不自然な箇所を指摘していく本。
 普通の写真のみで事実かどうかを論じる“史料”にはならないらしいけど、一般人の目にまず入ってくるのは写真。センセーショナルな写真も多い南京大虐殺だから決定的な物ではないけど、一般人に訴えるにはわかりやすい。
 ただ、有名な捏造写真も結構な数で載せていて、それをまるで自分らが検証して発見したかのような書き方をするのはどうかと思う。
 結局この本が示してるのは、こういう嘘写真もあるよって程度。嘘が証明できない写真は取り上げていない。また、「○○とは考えにくい」というような論拠に乏しい表現も多い。
 全体として、言いたいことはわかるけど説得力に欠ける本だと思う。でも、有名な捏造写真を全く知らないで読んでたら驚いたのかもしれない。
 この本ではさらっとしか取り上げてなかったけど、私が知ってる捏造説の根拠はそれなりに説得力はあると思う。30万人虐殺されたと言うわりには事件前後の人口がとか、滞在していた諸外国の記者がどーのとか、プロパガンダがこーのとか、何とかかんとか色々な根拠が挙げられている。だからってなかったと断言もできないし、まあどちらかというとどっちでもいい。ただ、チベットに凄まじい民族浄化活動やってる中国が色々言うなというのが私の認識。
 アマゾンで見たら、結構高評価なのに驚いた。こういう本って叩かれるのがセオリーだと思ってたんだけど。もちろん、被害者がいるのに捏造だとは何事だ!みたいなのもあったけど。

 この手の説ではよく、GHQの洗脳のせいで日本の戦争教育が自虐的過ぎるとか言われてる。そこで、私自身の戦争教育を思い出してみた。
 私の出身は長崎で、最近知ったんだけど戦争教育が他県より力はいってるようだ。南京大虐殺と聞いて思い出すのは高校時代。日本史の先生がサドだったんで、「受け持ってる全クラスに南京大虐殺のビデオを見せる。時間は全クラス、4時間目(昼食の前の授業)に見せる」と言っていた。私は当時からホラーは苦手なのにグロは平気だったから、普通に見てた。でも思わず俯いた女子が先生に怒られたりしてたし、多くの女子がハンカチを口に当ててたなぁ。
 中学の時の社会の先生は、わりと偏りなく教えてくれたと思う。日本がどう他の先進国から追い詰められたかとか、占領か戦争かの風潮とか。この下地があったから、高校での戦争教育は平気だったのかも。
 小学校の時は、手記を読まされた。被害者側の男性の物と女性の物。男性の方はまさに虐待。女性の方は暴行。今思うと、男性側はあそこまでされてよく殺されなかったなと思うし、女性の手記はまるでポルノ小説。小学校高学年に読ませるには問題がある手記だったんじゃないだろうか。
 教育ってやっぱ、先生の好みなんだな。
別窓 | [は行の作家]は行その他の作家 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<映画『暗いところで待ち合わせ』 レンタルしました | よむよむ記 | 「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」全4巻  夢枕 獏>>
この記事のコメント
承認がすっかり遅くなってしまってすみませんでした。

マスコミはどうして自虐史観ばかり流したがるんでしょうか。
左翼というのともちょっと違いますよね。本当、「サヨク」っていう言い方がぴったりです。
日本人はこんな考えを持つ人ばかりになってきたのかと思っていた矢先、田母神さんがあちこちで講演をするようになっていることを知りました。
彼の講演を聞きに行く人が多いのなら、愛国心を持つ人はちゃんとたくさんいるんだな~と思う今日この頃です。
ただ、表に出ないというか、テレビのように目立つメディアが流したがらないんしょうね。
かの隣国との利権問題が云々という噂もありますが。

史観が二極化している太平洋戦争は、もはや客観ではなくて主観でしか語られていないように思います。
「自衛戦争」か「侵略戦争」か。それぞれの考えを持つ人がそれぞれの孫子に語り伝え、結局は歴史に埋もれていきそうな気がしなくもありません。

政権が変わりましたが、この点に関しても芳しい進歩があればいいですね。
民主党じゃ期待はできないですけどね・・・。
2009-11-10 Tue 16:12 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
おじゃまします 2
続けてのコメント投稿をお許しください。歴史認識について、思うところがありましたので。

私自身が持っている歴史認識は、「誰もが持っている当たり前の常識」だと、ずっと思っていました。京都に引っ越し、日本軍の蛮行ネタに遭遇したときは、「NASAは宇宙人の死体を隠している」説と同じ匂いを感じたぐらいです。

しかしよく考えてみると、全く刷り込み教育を受けていない私でも、親や学校の先生の口からポツリポツリと出てくる、少しばかりの言葉が、今の私の歴史認識の土台になっていました。

「アメリカが石油を止めて、日本を追い詰めたために戦争になった。」「日本は世界を相手に戦争をした。負けたが、立派に戦った。」「平和は武器を捨てることによるのではなく、軍事力の均衡、パワーバランスによって保たれる。」「今の日本が平和なのは、アメリカの核の傘下に入っているため。」・・・・・・。

保守帝国・福井県で18年間培った歴史認識は、真っ赤な土地・京都でも全くブレることはありませんでした。

日本という国は、先の大戦を「自衛戦争だ」「侵略戦争だ」と、相反する二大イデオロギーが混在する特殊な国です。
マスコミや大学などプロパガンダ機関では、サヨク工作が優勢なのに対し、愛国保守思想は口伝によって伝承されてきました。

子孫に対して正しい歴史を語り継ぐことが、私たちの使命ではないでしょうか。

長文、失礼しました。
2009-08-26 Wed 02:42 | URL | YUMEYUME #-[ 内容変更] | top↑
Re: おじゃまします
コメントありがとうございます。
YUMEYUMEさんが育ったような冷静な環境が羨ましいです。私は原爆が投下された県で生まれ育ったので戦後教育が今でもヘビーです。原爆に関しては日本が被害者のはずなのに、まるで日本が悪かったような教育をする教員がとても多いんですよ。
私は運よく初期で中立的思考の社会の先生に習うことができたので、その後の左寄り教育に影響されることは少なかったんですが。

> 多くの日本国民は「なかった派」支持者(サイレントマジョリティー)のように思います。

とのことですが、私の周囲は今の日本の戦後教育をそのまま受け入れた人が多いです。
女だから、こういう話を積極的に見聞きする人が少ないんでしょう。学校の授業で習ったことに疑問を持ってない人ばかりです。これが私の周囲だけだったら、どんなにいいことか。
YUMEYUMEさんが仰るように、サイレントマジョリティーが日本人の多くを占めていることを願っています。
2009-08-08 Sat 21:08 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
おじゃまします
私の生まれ育った福井県は保守的な土地柄。日本軍による虐殺の話は聞いたことがありませんでした。
学校の教科書に南京大虐殺の文字があったように思いますが、みんな無関心でした。
図書室に「はだしのゲン」がありましたが、嘘臭かったです。
高校を卒業して京都に住むようになってから、日本軍による大虐殺という「トンデモ説」に遭遇しました。
大虐殺「あった派」の声がメディア上強いだけで、多くの日本国民は「なかった派」支持者(サイレントマジョリティー)のように思います。
2009-08-04 Tue 02:40 | URL | YUMEYUME #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

東中野氏の思想の総まとめみたいなサイトなんでしょうか。
私には文章派の私にはちょっと見づらかったです・・・。
すいませんv-356
2009-04-29 Wed 14:05 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
突然のコメント失礼します。

この本の著者の東中野氏については、こういう考えもあるので、紹介しておきます。http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/
2009-04-29 Wed 09:12 | URL | #YkUbM5vo[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。それと、同意もありがとうございます。
捏造説が存在すること、有力であることを教えないで、一方的に日本が悪だったと教える学校教育は問題ありますよね。
真実がうやむやにされたまま、証人である祖父祖母世代がいなくなっていくのが悲しいです。
2007-10-22 Mon 12:25 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
私も南京事件は中国の(あるいは戦勝国の)でっちあげかと思います。じいちゃんばあちゃん世代は冤罪だと思っています。
このような枝葉末節のことよりも、江藤淳の「閉ざされた言語空間」の本ようなもののほうが、より戦後日本の立ち位置というものをつかめるような気がします。
失礼しました。
2007-10-21 Sun 13:58 | URL | ss #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |