元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『マジックミラー』  有栖川 有栖
2016-07-24 Sun 01:22
マジックミラー (講談社ノベルス)
有栖川 有栖
講談社   1990.04
売り上げランキング: 1,754,293

 古美術商・柚木新一の別荘で、一人で過ごしていた妻の恵が殺された。真っ先に疑われた夫の新一と、双子の弟・健一はそれぞれ福岡と山形に出張しており、目撃情報も切符の指紋もあり疑いようもない。
 天涯孤独となった恵の妹・ゆかりは姉の元恋人で推理小説家の空知雅也と前日に偶然再会しており、恵死亡の連絡を受けて駆け付けてくれた彼を心の頼りにしていった。
 捜査が全く進展しないまま数ヶ月後が過ぎたある日、双子片方が首と手を切断された状態で発見される。双子のもう片方は行方不明になっており、一卵性双子である彼らのどちらの死体なのかわからない。捜査線上には健一の内縁の妻の戸籍上の夫が疑われて別件で逮捕されたが、ゆかりに頼まれた空知が無実を証明してみせた。

 有栖川さん初の単発物。
 冒頭の「ダイアローグ」で双子らしき人物2人が殺害計画を話していたから、犯人は登場人物一覧を見れば既にわかる状態。推理展開だけを楽しみに読み続けていると、いきなり容疑者双子が死んだ。死体は1つしかないけど、もう片方は行方不明だからどこかで殺されてる可能性も高い。登場人物はかなり限られてるから・・・えーっと、この人しかいないじゃん!という衝撃。この二重構造が面白かった。ラストの小桑双子には、ちょっとジョークを感じたけれども。ジョークじゃなければご都合主義だよ、これ。うん、ジョークなんだろう。
 あとがきで「アンチ鉄道ミステリ」と書いてあったけど、鉄道ミステリーじゃないのか・・・うーん、飛行機使うし、双子トリックの要素も大きいからかな?いやでも、地名で既にわけわかんなくなって、出発時刻やら到着時刻やらで目が滑って、双子だから2人分の行動だし、もう何かよくわかんないけど出来るんですね、ハイって状態で結局トリックの大半はどうでもよくなって流し読みしちゃった私にとっては、鉄道ミステリーだと思うんだけど。巻頭に地図が3つもあった時点で、読む前から心は折れてたのかもしれない・・・。
 視点がかなり変わっていくから誰が主人公ってわけじゃない俯瞰って感じの小説だった。若干ガチャついてたり、もうちょっとこの視点から読みたかったなーって事もあったけど、この書き方だったからラストが映えたと思う。その後どうなったのかなぁって思わずにはいられない。私だったら・・・惚れ直すかなぁ、とかね。恵さん、何であの時柚木なんか選んだんだよ、空知の方が良かったじゃん!見る目ないなぁ、とか。空知さんやっぱベタに自首するのかな、いやゆかりさんと幸せにおなりよ、大体推理小説家がトリック殺人とか前代未聞過ぎるからからさー、とか。後半、おばちゃんお節介みたいになってしまってるけど、やっぱ自首して実刑下って、彼の小説は逆に大きな話題にって展開もアリかなぁ・・・。うーん、妄想が膨らむ。
別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『邂逅の森』  熊谷 達也 | よむよむ記 | 『夢をかなえるゾウ』  水野 敬也>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。