元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『46番目の密室』  有栖川 有栖
2016-06-20 Mon 12:34
46番目の密室 (講談社ノベルス)
有栖川 有栖
講談社   1992.03.02
売り上げランキング: 615,264

 
 作家アリスシリーズ、第一作目。「私」こと作家の有栖川有栖は、親友で大学助教授の火村英生と共に北軽井沢にある大物推理小説家・真壁聖一の家に招待された。他にも招待された推理小説家仲間や編集者達と共に楽しくクリスマスイブを過ごしていたが、真壁の姪の真帆が別荘の外で顔に火傷跡のある男がうろついているのを見たという。
 明けてクリスマスの日、「私」も別荘の車庫でその男を目撃する。その夜のパーティーの後に何者かによってあちこちに白にまつわるいたずらが施されていた。階段に石灰粉がまかれ、安永彩子の部屋の窓ガラスいっぱいに白いハートが描かれ、船沢辰彦の部屋のクローゼットでは彼の靴に白ワインが注がれ、「私」と火村の部屋にはトイレットペーパーがあちこちに這いまわり、高橋風子の部屋には時限爆弾を模した白いテディベアが置かれていた。
 誰のいたずらか憶測の域を出ないまま就寝したが、深夜に目を覚まして別荘の玄関へと続く足跡を見つけた「私」は階下に降りて書斎に入った瞬間、何者かに殴られて昏倒する。石町に起こされて事情を話し書斎を見に行くと、何者かが暖炉で顔を焼かれながら死んでいた。その後火村も加えた3人は、地下室の暖炉で顔を焼かれながら死んでいる真壁と思われる男を発見した。
 共に密室で発見されたこの死体は、明らかに自殺ではない。山荘に滞在しているのも、仲間内の11人だけだった。

 有栖川有栖さんの小説、4冊目にしてようやく「作家アリス」シリーズに入った。火村さんはドラマとは若干イメージが違うんだね。この作品では、クールでめちゃ頭いい人って感じ。ドラマが大げさだったのか、今後もっと変な人になっていくのか・・・。
 「作家アリス」シリーズの幕開けは、関係者が似たような人ばっかりで誰が誰だかわからないまま始まって終わった・・・。人物的にかぶるのは数人なんだけど、その数人の中に犯人がいて誰これ?状態。アリス火村コンビと真壁ファミリーはわかるとして、その他の男性3人と女性2人は区別つかないまま読んだ。関西弁の船沢は、アリスの発言とごっちゃになるし。ちゃんと集中して読めてない証拠か?
 でもトリックは面白かった。ザ・密室な感じを楽しく読んでたんだけど、動機でドン引き。記念すべきシリーズ1話目で、性的マイノリティーはないわー。この手の驚かせ方はは、私は苦手。もう少しシリーズを重ねてからだったら、まだイロモノ動機で受け入れられた気もするけど。
 これだけ推理小説テーマになってる話なんだから、実は真鍋のトリックは犯人が考えたものばかりで、弱みを握られてて・・・というベタな展開の方がまだ収まりがいいんじゃないの?駄目?素人の浅知恵か。
 あと、警察が介入した翌日に責任者らしき鵜飼警視から、県警の栗田本部長から火村に協力するよう連絡があったと聞かされるシーン。当たり前のように名前出されるから、もしかしてこの話はシリーズの2作目以降で、「栗田本部長」は読者にとって暗黙の了解なのかと思った。アリスが火村の探偵ぶりを見るのは初めてと書いてあるのを読んで、これがちゃんと1作目である事を理解して、驚かさないでくださいよ状態。あんまり1話目だとか意識させない書き方をする人なのかな、作者さんは。そう思うと納得いくんだけど、近くにスマホあったら危うく読むの中断して調べてるとこだった。
 ちょっとワクワクした点は、アリスが次作は「学生の僕、有栖川有栖が語り手になってるシリーズ」で「大雨で孤立した山奥の村が舞台で」、「またそこに学生が閉じ込められる」だと言う。『双頭の悪魔』のことなんだろうけど、『双頭の悪魔』の方では学生アリスが書く予定だったか今書いている小説がだったかが「臨床犯罪学者」が出てくる「作家アリス」シリーズだと書いてあった。双方はパラレルワールドだとネットに書いてあったけど、これがパラレルかと思って思わずにやりとしてしまった。
 今後も双方でお互いが描かれつつ進んでいくのかな?何それ楽しい!やっぱ出版年順に読んで正解だった!というわけで、何だかんだ言っといてまだまだ読みたいです。
 ところで。学生アリスって地の文は何人称で書いてあったっけ?「俺」だったような気がするし、この『46番目の密室』で次作の話をする時にも「俺」って書いてある。という事は「俺」なんだろうけど、やたらアリスアリス書いてあるイメージもあって三人称だったっけ?いや違うな・・・と全く思い出せない。マイルールで地の文が一人称の時は前半の内容まとめで記録するようにしてるつもりだったけど、過去の感想文読んでも「アリス」としか書いてない。というか、内容にアリスがあんまり絡んでこないせいか存在感薄いイメージなんだけど。『双頭の悪魔』では、主要キャラと分断されたからいつもより多めにスポット当たってたけど。
 本気で思い出せず、かといってそれだけのためにまた図書館で借りるのも面倒だし、シリーズ4作目を読む時に確認しよう。感想を記録するようになって十数年。自分の記憶力の衰えに、頭抱えてる。ていうか、恐怖してる。
別窓 | [あ行の作家]有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ビブリア古書堂の事件手帖4-栞子さんと二つの顔―』  三上 延 | よむよむ記 | 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ―栞子さんと消えない絆―』  三上 延>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |