元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『怪盗探偵山猫』  神永学
2016-05-18 Wed 12:26
怪盗探偵山猫 (角川文庫)
神永 学
角川書店 (角川グループパブリッシング)  2010.02.25
売り上げランキング: 49,792

 「山猫」は、大企業から大金を盗む際に、その企業の悪事を暴いた張り紙を残す窃盗犯。ライターの勝村英男は、雑誌の副編集長から頼まれて、その「山猫」の記事を書くことになった。依頼の矢先に起こった「山猫」絡みの事件現場には、かつての上司・今井の死体があった。
 事件の翌日、今井が発行していた雑誌が勝村宛に送られ、また今井の友人・サキと名乗る女性から桜の花びらの形のペンダントを受け取る。直後、2人組の男に誘拐されそうになったところを「山猫」に助けられた勝村は、彼と共に今井殺害の事件を調べる事にする。
 一方、勝村の先輩・さくらは、大学時代の後輩で今はライターをしている勝村と事件現場で再会した。今井殺害事件の捜査に関しては本庁から派遣された関本警部補と組む事になり、女性蔑視で自分勝手な関本に苛つきながらも、捜査を進めていく。


 ドラマを見てたら、原作者に神永さんの名前が。「心霊探偵八雲」を読んでいた私としては、是非これもと思って読み始めた。ドラマは土曜9時だけあってかなり不自然な点が多かったけど、彼が原作ならそこまで不自然じゃないだろっていう確認もしかったし。
 案の定、1巻で既にドラマとは色々違う。ドラマ化ってそんなもんだよねぇ。でも、キャストは合ってたな。亀梨君はかっこ良過ぎとしても、菜々緒も関本もイメージぴったり。勝村はまあまあ。それにしても最近の私の読書、ドラマ発ばっか・・・。
 さて、小説の方。勝村は「山猫」に、さくらは関本に振り回されながら捜査を進めていく感じは探偵物というよりキャラクター小説に近い物があって、事件そのものもあんまりドロドロしてなくて、読みやすかった。話の展開より、人物同士のやりとりが楽しい。能力が高くて自信満々で高飛車って、男女問わず私好みだし。
 話のメインが勝村とさくらで「山猫」は最後にいいとこだけ持っていくとこが残念なような、「山猫」の掴みどころのなさを表してていい感じなような。単体で成り立つけどシリーズ物として続いていくなら、プロローグ的ないい1巻目だと思う。
 勝村って頼りなくて悪い奴らからも「山猫」からも振り回されっぱなしなんだけど、さくら視点の時の癒し系っぷりや意外と記憶力抜群な所も今後の活躍を期待したい。もちろん、さくらの勝気美人なところも。でもって、2人がお互い密かに好意を抱いてるところも。作者が「待て!しかして期待せよ!」ってあとがきに書いてるんだから、期待していいよね。
 チラッとながら「心霊探偵八雲」シリーズの後藤刑事がさくらの先輩として声だけ登場してるのには嬉しいようなやり過ぎなような・・・。ハイクオリティの作品でこれがあると嬉しいんだけど、失礼ながらあちこちに過去の偉人が使ってきた設定とデジャブ感じる作品だとあざとさを感じるというか何と言うか、まあ根がひねくれてて粗探し好きなのは認める。
別窓 | [か行の作家]神永 学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ビブリア古書堂の事件手帖3 ―栞子さんと消えない絆―』  三上 延 | よむよむ記 | 『双頭の悪魔』  有栖川 有栖>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |