元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
3年が経ちました
2015-11-09 Mon 22:17
 最後の記事から3年・・・。久しぶりにログインしようとしたらIDとPWがわからず、登録していたはずのフリーメールを見ようとしたら無料サービス終了してて長期間開いてない人のボックスは削除されていて、試行錯誤に1日近くかかってしまった。
 閑話休題、気付けば3年。やっぱり子供が2人になってからの更新は無理だった。上の子が大人しかったんで、この調子なら2人育児でも結構余裕そう――なんて思ってる時期が私にもありました。反省。
 それにしても母親って物は思ったより心身共に変わるみたいで、集中力がとても散漫になったと思う。本を読んでいても、常にあれこれ気に掛かる。子供の昼寝中に読書しようと思っても、起きて危ない遊びをしてたりしないか?夜泣きするかもしれないから私も今のうちに寝てた方がいいんじゃないか?いや、晩御飯の準備とかやってた方が後々楽なんじゃないか?それともいい加減散らかったこの部屋を何とかしたい・・・と、頭のどこかで常に考えてしまってて、「没頭する」って事ができない。
 下手に物事に集中しちゃうと子供が死んじゃう事もあるから、この散漫さは必要不可欠なわけで。母親の本能って凄いんだなって改めて実感。以前は周囲の音が聞こえないくらい読書に集中できてたのに、衣擦れの音しかしない子供の寝返りでも反応してしまう体質になった。下の子が幼稚園に通い始めるようになって、ようやく集中力という物を取り戻しつつある。
 でもってもう一つ発見というか再確認。文章を書くのが下手になった。元々上手とは言えないかもしれないけど、それでも時々褒めてもらえてたからド下手ではなかったと思う。でもここ数年長い文章を書くことがなかったから、書こうとすると箇条書きのような文章しか浮かんでこない。もしくは女のおしゃべりのようなダラダラとした贅肉の多い文章だったりとか。語彙力も低下して、”ここんとこの表現は、もうちょっと硬い文章にした方が映えそう”とか思っても思い浮かばない。
 とりあえずリハビリとして、過去に読んだ私的五つ星小説やマンガ本をちょこちょこ読み始めたのが去年から。その後、好きな短編シリーズ本の新刊を読み始め、さてそろそろ色々読むかなって思ったんだけど、読んだらレビューを書くって生活を続けていた自分が懐かしくって、読み終わった後すぐに次の本に手を出せないでいる。
 小説みたいに、より多くの人に読んでもらう事を前提とした文章を何度か読んでるうちに、ようやくここまで来れたと思う。


 さて、実は去年の4月に、もう一度司書の道を歩む手始めとして、ある大手図書館が業務委託している会社の契約社員になってみた。6年間で記憶力の低下が凄まじいし、下の子は一時預かりにしてたから勉強する暇もない。以前なら活字や分類番号を見たらスーッと意識が一点集中していくのを感じていたんだけど、社会復帰直後はどうもピンとこなくてボーッとなってしまってた。
 そもそも時給の割には仕事量が多く、時間にもうるさく、間違うと叱咤もきついから、人がどんどん辞める。でもってどんどん雇う。常に新人を数人抱えている状態で、全然作業効率が上がらない。どんだけどんどん辞めるかというと、去年4月に私と一緒に10人入って、その年の10月末には私で辞めるの8人目。
 実は先月Lineがあって、9人目が辞めた。1年半で9人辞めるってどんだけ・・・。学生街のバイトじゃあるまいし。
 私は先輩から作業が遅く間違いが多いと表でも裏でも言われてたんだけど、あまり気にしないでいた。でも上司に報告され、就業時間を減らされて簡単な仕事しか任せない立場にされ、そこまでご迷惑ならって辞めた。辞める時に仲良かった人数人に、「私が覚え悪くて作業遅くて間違いも多くて、ごめんなさい」って挨拶をしたら、全然そんな事なかったし皆あんなもんだった。むしろ何故あなたにだけああやっていつまでも簡単な作業しかさせないでいるのか、ずっと気になってたと言われた。結構何人にも言われたから、本当だと思う・・・ていうか思いたい
 辞める時になって周囲から話を聞いて総合すると、どうも司書経験がある人が気に食わない的な?そんな感じもあった事を知った。私の非の方が大きいとは思うんだけど、「過去の経験がナンボのもんか知らないけど、ウチは厳しいわよ」みたいな。で、従順な人は気に入られる。言い返す人は嫌われる。私は昔取った杵柄レベルで、小馬鹿にされるって感じかな。叱られても気にしないで、次頑張ろうってタイプだったのもボスから気に入られなかった点っぽい。凹んで2~3日ボスにビクビクしちゃうタイプは気に入られてた。
 大学卒業して初めて勤めた図書館がすっごいいい人達ばかりで、次に勤めたとこもとっても優しい人達ばかりで、女社会って言うほどドス黒くないと思ってたら3回目にしてちょっとモヤモヤしたとこを経験。
 余談ついでに、その後割とすぐ「そうだ!京都へ行こう」ってノリで「そうだ!全く違う仕事を経験してみよう」とパン屋さんのパートに。ここも人の入れ替わりが早い職場だったと入ってから知った。
 週4希望なのに週6入れられたり、時間過ぎても帰らせてもらえなくて幼稚園のお迎えに遅れたり、是非にと言われて下の子の入園式の早朝に1時間だけの約束で出勤したのになかなか帰らせてもらえなかったりしたんで辞めた。他の人はもっとひどい目に合ってたし(exm.忙しい時に休み希望してネチネチ嫌味、思い付きで新しいやり方を提案し順応できないと怒鳴られる、些細な失敗で攻撃性人見知りの奥さんから猛攻撃・・・私はあまり気にしてなかったというか、理不尽攻撃が面白おかしくなってたのが顔に出てたりして、最後には半ば存在無視されてた)。
 で、5ヶ月くらいで辞めて、現在プー半年目。そろそろ再就職活動を・・・と思うけど、2回の就業体験でちょっと腰が重くなってるところ。というか、偶然2回良くない職場に入ってしまったのか、私の能力が物凄く低下してるのか、悩んでる。とりあえず過去2回の、見切り発進的就職はしません。


 ・・・やっぱりダラダラ書いちゃう癖がついてるなぁ。後半、愚痴っすわ。
 できれば2週間に1冊とかでいいから、読んでレビュー書きたいなと思ってる。でも司書を辞めた上に充てもなくなった今、完全にただの趣味でしかなくなるんで、どうなるかは不明。
 というか、スマホが普及してネット社会に拍車が掛かってる現代において司書の存在って昔より小さくなってると思う。大抵の調べ事は指先で済んじゃう世の中だもん。レファレンス力が相当レベルの人じゃないと、やっていけないでしょ。脳みそが錆びついてギシギシ鳴ってる私には、もう司書の道は無理かなぁと思ってる。けど、夢見てる。そんな現状です。
別窓 | [その他のこと] | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパーク9』 石田 衣良 | よむよむ記 | 『長い夜』 赤川 次郎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。