元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『QED ~ventus~ 御霊将門』
2009-05-12 Tue 23:52
QED ventus 御霊将門 (講談社ノベルス)QED ventus 御霊将門 (講談社ノベルス)
高田 崇史

講談社 2006-10-06
売り上げランキング : 224641
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 週末、姉のために靖国神社案内にかこつけてタタルを花見に誘った沙織。しかしタタルはいつも通り一方的に神社の説明に入り、折角だから近くにある平将門を祀る築土神社にもお参りに行こうと言う。その翌日、奈々と沙織はタタルと共に日本三大怨霊の一人・平将門の史跡を巡るために茨城に行くことになった。

 平将門って平清盛の父親って思ってた。清盛の話には全くならなかったんでおかしいなと思ってネットで調べたら、血縁関係はあるけど親子ではないようだ。全然知らなかった・・・。
 さて、平将門について何も知らなかった私。こんな名前が日本史の授業で出てきた記憶はあるって程度だ。読み終わっても結局なにした人なのかはよくわからなかったけど、それでもまあ面白かったかな。このシリーズを読み続けてきてるから、ここでも「鬼」や「タタラ」に繋がってくるのかと驚かされる。
 面白いと思ってるわけでもないのに何となくこのシリーズを読み続けてるのって、昔の人が神社や祭りなんかに裏の意味を持たせてたり、勝者が伝説を捻じ曲げていることを教えてくれてるところにあると思う。歴史って奥深いなって素直に思う。
 さて、この巻では人が死ぬような事件は起こらない。代わりに取ってつけたように神山禮子が出てくる。千葉の大学付属病院で働くようになった神山が休みを利用して成田山に行く。そんな彼女の後をつけるストーカーの目線も同時に描く。この話、シリーズ中で最も不要な話に思える。次作で神山さんはまた事件に巻き込まれそうなことが書いてあったけど、それにしても不要。
 あと、沙織は登場以来レギュラーになってるけど、そろそろ奈々とタタル2人で歴史の話をするシーンが欲しいかな。小松崎は一緒にいても黙ってることが多いけど、沙織はちょっとうるさいんで登場はもうちょっと控えめがいいなと思ってる。
別窓 | [た行の作家]高田 崇史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『赤朽葉家の伝説』  桜庭 一樹   | よむよむ記 | 『ゴールデンスランバー』  伊坂 幸太郎>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |