元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『かまいたち』  宮部 みゆき
2007-08-31 Fri 01:19
かまいたち (新潮文庫)かまいたち (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1996-09
売り上げランキング : 17487
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 宮部みゆきの初期の時代小説。表題作+3編の短編集。初期の作品って、やっぱこんなもんか。今の宮部みゆきが凄すぎて、これはちょっと物足りなかった。

「かまいたち」
 医者の娘おようが連続辻斬りを目撃する。番屋に駆け込んだが、同心を連れて現場に行くと死体が無くなっていた。同心達は目撃談を本気にしなかったが、おようはお奉行様の隠密だと言う青年と共に事件を調べようとする話。
 話自体は全体的にオーソドックスで想定内のどんでん返し。そのまますぐ時代劇になりそうなくらいの王道っぷり。大岡越前守忠相が出てきたことが唯一の驚きだったかな。

「師走の客」
 宿を営む夫婦が常連客から金儲けの話を持ちかけられる。しかしそれは、数年がかりの詐欺だった。トリックは微妙だけど、短いからサクッと読めて楽しめた。
 最後のオチが、金が茶色くきらめいて出てくる感じが何とも・・・。いや、ビジュアルはイメージですが。

「迷い鳩」
 岡っ引きの妹のお初が、通りすがりの女性の着物に血が付いてると指摘した。血はお初にしか見えておらず、この件からお初の特殊能力が判明していく。
 この特殊能力で連続殺人事件を解決する話なんだけど、ストーリー自体はそれほど面白くはない。でも、登場人物が楽しかった。南町奉行所の根岸は実在の人物だし、彼が記した「耳袋」も出てきて、その辺の絡みが好き。実在の人物が出てくるフィクションって好きだ。

「騒ぐ刀」
 「迷い鳩」と同シリーズ。お初の兄の六蔵が、夜鳴きする刀を預かる。他の人にはうなり声にしか聞こえなかった声が、お初には言葉として聞こえていた。
 同じ時分、凶器不明の一家惨殺事件が相次いでいた。フィクションの常として、当然ながら二つの事件は繋がっていく。
 「迷い鳩」よりオカルトテイストが強い。ラストの憑依シーンとかいまいちだったのに、読み終わったら何か怖かった。何でだろう。

 全体的に、今の宮部みゆきならもっと面白く書いてくれそうな気がしてならない。何も考えないで読めたら面白いだろうけど、今の宮部みゆきがビッグすぎて変に期待してしまった。ネームバリューの先入観で娯楽を奪われたことが残念。
別窓 | [ま行の作家]宮部 みゆき | コメント:1 | トラックバック:1 |
<<『ナイフ』  重松 清 | よむよむ記 | 『QED 竹取伝説』  高田 崇史>>
この記事のコメント
トラックバックさせていただきました。

トラックバックお待ちしていますね。
2009-04-07 Tue 05:34 | URL | 藍色 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


歴史文学賞入賞の表題作をはじめ時代ミステリーの秀作四篇を収録。 ミステリー界のホープが放つ待望の時代小説集第二弾。 時代小説ですが... …
2009-04-07 Tue 05:29 粋な提案
| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。