元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『メディエータ3 サヨナラ、愛しい幽霊』  メグ・キャボット
2009-02-15 Sun 20:17
メディエータ〈3〉サヨナラ、愛しい幽霊メディエータ〈3〉サヨナラ、愛しい幽霊
Meg Cabot 代田 亜香子

理論社 2006-02
売り上げランキング : 111802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 自分やポールは、「霊能者(メディエータ)」ではなく「霊界移動者(シフター)」であり、時間旅行をする能力があると知ったスーズ。ポールはその力を使って150年前に行き、ジェシーが殺された事件が起らなかったようにしようとしているようだ。ジェシーが殺されなければ、スーズはジェシーと出会わなかったことになる。それだけは何としても阻止したいと、スーズはポールの祖父に習った方法で時間移動をした。
 無事150年前の世界に行って生きているジェシーに会えたスーズだったが、彼に会ってしまった以上殺されるのを黙って見ていることはできなかった。

 スーズがジェシーと出会えないなんて考えられないと言い出した時は、スーズらしくないと思った。自分の恋心のために、ジェシーはディエゴに確かに殺されてくれないと困るってことじゃないか。これまでガツンガツンと幽霊と戦ってきた威勢のいいスーズらしくなくて、まるで普通の女の子みたいで何か嫌だった。
 でも生きているジェシーに会った瞬間、スーズ自身のエゴは消えた。スーズらしいスーズに戻ってそれでなおかつハッピーエンドだなんて。メグ・キャボットさんならきっと幸せな終わり方してくれるだろうと期待して読んだけど、期待通りのハッピーエンドで大満足。
 スーズが過去からジェシーの肉体を連れて来ちゃった時点で、ジェシーの魂が入ってハッピーエンドか!と嬉しい気分になってそのまま一気に読んだ。最後のダンスパーティの様子とか、幸せすぎ。その中にパパとの別れのシーンが実に効果的。サブタイトルの「サヨナラ」がジェシーのことかと心配しつつ読んだけど、パパことだったようだ。ジェシーがいるからと、消えてしまったパパにじんときた。今までスーズを見守っていくことが、パパの心残りだったんだなぁと。
 シーシーもアダムとくっついたみたで、こちらもハッピー。
 スーズのアクションシーンがなかったのは残念だけど、最後まで楽しく読ませてもらいました。
別窓 | [海外の作家]メグ・キャボット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『百瀬、こっちを向いて。』  中田 永一 | よむよむ記 | 『別冊図書館戦争2』  有川 浩>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。