元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『QED ~ventus~熊野の残照』  高田 崇史
2008-08-28 Thu 23:08
QED ~ventus~ 熊野の残照 (講談社ノベルス)QED ~ventus~ 熊野の残照 (講談社ノベルス)
高田 崇史

講談社 2005-08-05
売り上げランキング : 128959
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 学薬旅行で熊野に行くと知って参加することにした「私」こと神山禮子。人と深く関わることを避けるためだけに、美人で気さくな棚旗奈々さんと共に行動することにした。しかし奈々さんは桑原崇と一緒にいる。結果的に3人で行動することになった「私」は、地元の自分より遥に熊野に詳しい桑原を変人だと思いつつ、次第にその知識の豊富さに圧倒されていく。
 熊野出身であることを隠して旅行に来ているものの、「私」はかつての忌まわしい事件を思い出さずにはいられなかった。そんな私をよそに桑原は日本の神話から、地元人の「私」さえ考えもしなかった説を次々と語る。

 今回は神山禮子さんの一人称で奈々やタタルを語るという、これまでにない試み。それに加えて叙述トリックも加わってるような加わってないような・・・。わかりやすいからミスリードされてるってほどでもないんだけど、このわかりすさが著者の意図したとこなのか試みたけど失敗し得るのかは謎。
 しかしまあ、この新しい試みが面白くない。でもこの作者に限っては、失敗というより「この人ならこんなもんか。メインはそこじゃないんだし」みたいな気分になって批判する気にもならないから不思議だなぁ。
 今回はタタルが熊野に抱いていた疑問を解き明かす。しかし熊野を知らない私にこの話は理解不能すぎ。そもそも日本の神話に出てくる人や神って読み方さえわからない。最初だけルビ振ってあるけど、そこで覚え損ねたらずっとわからない。そういう人物がとにかく大量にいるから、何が謎で何が解明したのかはわからない。
 熊野についてもそうだ。そもそも「熊野ってどこ?」というレベル。熊野古道が世界遺産に登録された時に初めて名前を知ったくらいだし。和歌山県だったんだなぁ。
 ただ、徐福のことは多少は知ってるから、彼が不老不死の薬を求めて日本が来たという説や、神武天皇じゃないかという説は面白いと思った。やっぱQEDを楽しむには題材をどれだけ知ってるかによるなぁ。ていうか私も日本の神話を知らなさすぎなのかもしれない。現代語訳の古事記は読んだけど、その時点で既に読めない名前に翻弄されて意味を把握してない部分が多い。私のような人間は、子供向けの古事記から読み始めるべきなのかもしれない。
 神山さんはずっと気に食わなかった。心の中のツッコミが煩わしい。地の文が不自然なこの著者らしいんだけど、それにしても・・・イラッ。確かに過去は重苦しいけどね。いつか吹っ切ってほしいと思うけどね。でも、猫かぶろうとしてかぶれてない人って何かやだ。かぶるならかぶる、かぶらないならかぶらない!
 それはそうと、小松崎と沙織って絶対デキてるよね。下世話ですが。
別窓 | [た行の作家]高田 崇史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『とりつくしま』  東 直子 | よむよむ記 | 『東京島』  桐野 夏生>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。