元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『八月の路上に捨てる』  伊藤 たかみ
2006-09-25 Mon 00:53
八月の路上に捨てる八月の路上に捨てる
伊藤 たかみ

文藝春秋 2006-08-26
売り上げランキング : 13968
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回の芥川賞受賞作品。明日で30歳のアルバイト・敦と、明日から総務課へ異動する32歳バツイチ子持ちの女性社員・水城。コンビで自動販売機に商品を補充して回る最後の日、敦は聞かれるがままに離婚に至った経緯を水城に話す。
 はっきりとしたポイントがないまま、気持ちのすれ違いが次第に大きくなっていって2人が全く噛み合わなく様子が実に不快な話だ。でもこれが過去のことで、離婚という結論が既に出ているから安心して読める。聞き手の水城が離婚経験者だから、結婚経験すらない私に深い所を解説してくれてるように感じて読みやすかった。
 でもやっぱ、離婚の話って読んでてムカムカしてくる。そもそも何で結婚したんだ?と思える2人。浅はかすぎるじゃないか。結婚ってこんなもんなの?って、なにフィクション相手にこんなにムカついてるんだろうか・・・。
 芥川賞って難解なイメージあるけど、わりと読みやすかった。
 同時収録の「貝からみる風景」は一転して仲の良い夫婦の話。いや、夫婦じゃなくて同棲してる男女なのかも。その辺ははっきりしない。
 同じ物を食べていると同じ物が不足して、同じタイミングに同じ物を欲する。そういうことに幸福を感じる淳一。彼は鮎子とスーパーで待ち合わせをしている時に“お客様の声”コーナーで、子供が好きだった「ふう太郎スナック」がなくなって困っているという投書を見かけた。店側の回答は、その商品の仕入れ記録がないため商品名が違ってるのではないかというもの。「ふう太郎スナック」とはどんな物だったのか。ふとこの話を鮎子にしたら、彼女も淳一と同じ黒糖麩菓子を連想した。
 ベッドに並んで寝ていると風がカーテンを膨らませ、中はまるで貝の中にいるみたいだと淳一は思う。彼はそうやって、自分が一人ではないことを実感する。
 「八月の~」とは違って一緒にいることが自然な2人なのに、なぜか孤独さを感じてしまう不思議な作品だった。

 伊藤たかみさんってずっと女性だと思ってたけど、今回の受賞で男性だったと知った。しかも角田光代さんの旦那さんだってさ。夫婦で作家ってすごいなぁ。夫婦で一流作家っていうことに驚かされました。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『赤い指』  東野 圭吾 | よむよむ記 | 『まほろ駅多田便利軒』  三浦 しをん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |