元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『陰の季節』  横山 秀夫
2008-06-30 Mon 20:20
陰の季節陰の季節
横山 秀夫

文藝春秋 1998-10
売り上げランキング : 266976
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 D県警の内部を描いた短編集。殺人事件を調査するような刑事達ではなく、事務に携わるエリート達を描くのが地味ながら面白い。警察内部に起こった事件や揉め事を内部の者が調査するという、横山さんにしか書けないような設定。

「陰の季節」
 天下り先である社団法人を、任期が過ぎても辞めないと言いだした尾坂部。彼が辞めないと次に退職する工藤部長の再就職先が無くなり、それは警務課の権威失墜に繋がる。D県警内の人事異動名簿作成を担う警務課の二渡(ふたわたり)は、尾坂部の真意を探る役割を命じられた。
 尾坂部の元に足を運んだり周辺を調べたりするうちに、もうすぐ結婚するという彼の娘がかつてキャンプ場でレイプされた事件があったことがわかった。その時期には同様の事件が何件もあり、いずれも証拠がほとんど残っておらず未解決のままだという。尾坂部はその事件を今でも調べているのではないかと考えた二渡はこの件を尾坂部にぶつけようとする。
 しょっぱなから私の嫌いなネタか。猟奇殺人もホラーも読める私だけど、レイプネタってどうしても苦手なんだよなぁ。女なら当然と言えばそれまでだけど。乱読する中で唯一女らしい点でもある。自分勝手な殺人を犯した人は死刑されるべき、レイプ犯は去勢されるべきという自論だ。
 だからこのラストは微妙な気分。運転手の青木が犯人かどうかは、疑わしいけど真実はわからずじまい。二渡、尾坂部の間だけじゃなくてこっちまで読んでて苦い後味が残る。

「地の声」
 D県警監察課にQ警察署の生活安全課長・曾根がパブのままとできているというタレコミが、内部告発の疑いがある。内部告発だった場合、監察課の動き次第によってはマスコミにリークすることもあるため、調査は慎重に行わなければならない。
 病気で出世レースに乗り遅れて監察官に着任した新堂はこの件について調べるにあたって、Q署にいるかつて部下・柳を使うことにした。頭のいい柳は頼りになる。しかし新堂は段々その切れ者ぶりが恐ろしくなっていき、密告書を書いたのは柳ではないかと疑い始める。
 「陰の声」の警務課もそうだけど、監察課っていう課も初めて知った。警務課は人事についての課で、監察課は賞罰に当たる課だそうだ。こんな地味な課にスポット当ててミステリー書いちゃう横山さんには改めて感服。 
 
「黒い線」
 引ったくりの目撃証言から描いた似顔絵によって、引ったくり犯はすぐに捕まった。平野瑞穂巡査が描いた似顔絵がそっくりだったことによるスピード逮捕だとマスコミに取り上げられ、喜んでいた瑞穂。しかし翌日、彼女は無断欠勤する。警務課の婦警担当係長・七尾友子は女子寮で寮母から、瑞穂は元気がなかったと聞かされる。前日の手柄を純粋に喜んでいた瑞穂に何があったのか?友子は瑞穂の身を案じ、持ち前の鋭い嗅覚で手がかりをつかみ掴みつつ瑞穂の行方を捜す。
 瑞穂の失踪の原因はプライドが傷ついたからってとこか。警察内で婦警が邪険に扱われるというのは、どこまでリアルなんだろうか。全く未知の世界すぎるけど、上司に似顔絵の書き直しを命じられて断れば警察が恥をかくことくらい瑞穂にはわからなかったんだろうか。それなら「これだから女は」って言われても仕方ないだろう。個と公のどちらが大切かっていうのは人それぞれかもしれないけど、警察組織なら確実に公を大切にしてもらいたい。警察による犯罪とかならともかく、警察の権威失墜は昨今では深刻になりつつ問題でもあるし。
 男性上司達のあからさまな女性蔑視は確かに嫌だけど、この件に関しては私は瑞穂が悪いと思う。家庭を犠牲にして働いてきた人達の前で、個人のプライドのために警察全体に恥をかかせる。「だから女は使えねえ」と言った上司の気持ちはわかるな。
 横山さんはどういうつもりでこの話を書いたのかな?ただ単に女性には働きにくい職場として?それとも男社会が悪いというふうに書いてるけど、男社会が悪いとみせかけてやっぱり女は使えないって暗に書いてると思うのは私の深読みのしすぎ?でも婦警は必要だよね。
 ちなみにこの編で失踪した瑞穂は、後の作品『FACE』の主人公らしい。『FACE』はまだ読んでないけど、何年か前にドラマ化してたよなぁ。仲間由紀江が主人公だった気がする。
 
「鞄」
 警務部秘書課の課長補佐・柘植は「議会対策」を担当する。次の定例会議で予定されている一般質問の内容をチェックして回答を準備し、恩を売っておきたい議員には県民から見てウケが良さそうな質問を提供する。三崎議員に質問内容を提供する際、鵜飼議員が一般質問で県警に向けて爆弾を投げると言っていたことを教わった。
 鵜飼議員は県警に恨みがあり、その報復として議会で本部長が答えられない質問をすることが考えられる。監察課の新堂、鵜飼の後援会会長、同期の黛を訪ね歩くが芳しい情報は得られない。元刑事の瀬島から鵜飼の愛人について教えられ、愛人宅で鵜飼と対面したがやはり教えてもらえない。鵜飼が席を外した際に彼の鞄を探ってみたが、それらしき書類も見付からなかった。課長の坂庭も情報は掴めなかったと言う。
 一般質問当日、鵜飼は環境に関する質問をしただけだった。安堵や疑念の中、鵜飼の鞄の盗難届が出されていることを知らされる。鵜飼と坂庭が組んで柘植を陥れることが、この騒動の目的だったようだ。

 1話目で主人公だった二渡が他の編でもチラチラと出てくるけど、彼は「エース」と呼ばれる実力派エリート警視だった。「陰の声」では尾坂部に振り回されてたけど、D県警内部では恐れられる存在みたいだ。特に2話目では彼はこの事件の目的の最終的な決定権を持つし、2話目・3話目での二渡の推理、観察、結論は渋い。
 この本はどれもわだかまりを残して終わる。私が好きな横山さん的エンディングじゃないけど、読後に引きずらないのは主人公達自身の覚悟のようなものを感じさせられてるからかもしれない。そういうとこも含めて、相変わらず他のミステリー小説とは格が違う。この本で描く警察は、クールに調査する警察かっこよさも、一般市民が探偵をする小説の脇役としての警察ようなマヌケさもない。ただ上を目指したいという野望があり、実際に上に行けない無念さがある。
 私はずっと、女が圧倒多数を占める社会に身を置いてる。高2で文系に進むと決めて女子が多いクラスになった時からだ。それから女子大に行き、女性が多い職場にいる。だからこういう男臭い会社って何とはなしに憧れがあるんだよなぁ。
 しかし最近横山さんの作品は短編ばっか読んでる気がする。手持ちの借り本が少ない時に図書館の書架にあったら適当に借りるというスタンスでしかないからだろうな。横山さんの短編は評価高いし、私も大好きだ。でも長編はもっと好き。『FACE』読むか。
別窓 | [や行の作家]横山 秀夫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2008年6月に読んだ本 | よむよむ記 | 『陰日向に咲く』  劇団ひとり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |