元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『馬と少年―ナルニア国ものがたり5』  C.S.ルイス
2008-05-13 Tue 23:27
 
馬と少年 (ナルニア国物語)馬と少年 (ナルニア国物語)
C.S. ルイス C.S. Lewis ポーリン・ベインズ

岩波書店 2005-09-10
売り上げランキング : 52923
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 カロールメンという国で父親と2人で暮らしている少年シャスタは、奴隷として売られそうなところをものいう馬のブレーと共に逃げ出した。ブレーはナルニア国の馬で、子供の頃にさらわれてからずっと普通の馬を演じていたのだと言う。シャスタとブレーは、途中で同じように馬に乗ったアラビスという少女に出会った。彼女は政略結婚をさせられそうなところを逃げてきたところだと話した。彼女が連れた馬フインもナルニアのものいう馬だった。 2人と2匹は一緒にナルニアを目指すことになる。
 途中でタシバーン国のラバダシ王子が宣戦布告もなくナルニア国に攻め入ってスーザン王女を攫おうとしている計画を知り、このことを一刻も早く知らせるためにナルニアへと急ぐ。

 今回の話は、「ライオンと魔女」で洋服だんすからナルニアに入ったピーター、エドマンド、スーザン、ルーシィがナルニアを統治している時代の話。4人の年齢に関わるようなことには全く触れてないけど、そこそこ大人になってるようだ。ていうか物腰が完全に大人の王族仕様で、ちょっと寂しいような、また出てきてくれて嬉しいような気分。
 ラバダシはナルニアの手前のアーケン国では略奪を行う予定だったけど、ナルニアとアーケンの連合軍が勝利を収める。この世界ってナルニア以外にも国があって、しかもナルニア以外では動物はしゃべらないんだなぁ。すんごい特別なんですね、ナルニア。
 シャスタはナルニアの4人にアーケン国のコーリン王子と間違われた事件があったけど、シャスタは実はコーリンと双子であり、アーケンの第一王子だったことが判明する。それまでが結構悲惨な道のりだったから、素直にめでたしめでたしと思えて良かった。
 児童文学なんで戦争のシーンでも大怪我や人が死んだりすることが少ない。そのため、捕虜にしたラバダシをどうするのかと思ったらアスランが登場。ロバにするというのがナルニアらしいし、この惨さのない平和な感じが安心する。
 シャスタが結構波乱万丈で面白かった。

1954年刊。アマゾンの画像は新装版。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『塩の街』  有川 浩 | よむよむ記 | 『QED 鬼の城伝説』  高田 崇史>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。