元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『ホームレス中学生』  田村 裕
2008-05-05 Mon 00:36
ホームレス中学生ホームレス中学生
麒麟・田村裕

ワニブックス 2007-08-31
売り上げランキング : 523
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「すべらない話」から話題を呼んだお笑いコンビ麒麟のツッコミ田村が、中学時代の壮絶な体験を綴った自叙伝。
 夏休みの前日に家が差し押さえられ、父が子供達3人に言った言葉は「これからは各々頑張って生きてください。・・・・・・・・・・・解散!」だった。中学生で自活力のない田村は自分がいれば兄と姉に迷惑がかかると思い、友達の家に泊めてもらうと言う。しかし実際には家がなくなったと言うのが恥ずかしくて友達の所に行くことができず、公園で寝泊まりすることにした。

 完全に流行に乗り遅れて、麒麟自体を以前ほどテレビで見かけなくなってからようやく予約していた図書館の本が回ってきた。予約してから1年ちょっとかかった・・・。みんな買おうよ!と、お前が言うな的なことを考えつつ待ちに待った。
 「すべらない話」で何となく知ってた上に、この本がベストセラーになってからあちこちの番組で披露していた話なんで全体的に知ってる話ではあった。でもやっぱ、すごい出来事だよなぁ。「解散」って・・・と絶句する。
 公園での生活が限界を迎えた頃に友達の両親が色々と面倒を見てくれる。果てには兄弟3人が一緒に住めるようにアパートを借りるための援助をし、生活保護を受けられるようにまでしてくれた。この両親が本当にいい人達でさー。前に田村のことがTV取り上げられて、このお母さんからの手紙を読む企画があったのを見た。そこの家のお母さんが、田村をその家で面倒を見るかどうかをお父さんに相談したら「うちはもう3人子供がいる。3人も4人も変わらない。最初から4人だったと思えばいいじゃないか」みたいな事を言ったらしい。なかなかの男っぷりなお父さんだ。
 田村も大変だったけど、田村のお姉さんが一番大変そうだった。田村とは別の公園でお兄さんと一緒に寝泊まりしてたらしいんだけど、お兄さんはコンビニでバイトをしている。お兄さんがバイトでいない夜は、女である姉は田村のように公園で1人で寝るわけにはいかない。でもどうしようもなく眠いから、眠らないためだけに一晩中町を徘徊していたそうだ。
 お母さんの話は何度も出てきてたけど、どれも思い出話っぽいのばかり。田村が小5の時に癌で亡くなったと書いてあったのは、この本の中盤辺りだった。それからお父さんも癌で入院し、治ったものの会社を首になったそうだ。新しい仕事に就いたものの、病み上がりで仕事を続けるのは大変だったらしい。そしてこの「解散」へとつながる。田村はお父さんを全く恨んでなくて、むしろ頑張ってくれたことに感謝していると言う。それは「すべらない話」でも言ってたし、他のテレビで取り上げられた時にも言っていた。本当、いい子だなぁ。って、私より1歳年下なだけなんだけど。
 もうね、芸人が好きで『ホームレス中学生』を取り上げたトーク番組もいくつか見て話はほとんど知ってるのに、何で改めて読んだだけでこんなに感激しちゃったんだろう。田村を助けた人達、支えてくれた人達、ダメなところがいっぱいある子でこんな体験したのに明るい田村。なんて人間がでかいんだ。ただ、こういう注目のされ方は芸人・田村としては良かったのか悪かったのか・・・。ベストセラー作家になって印税ザクザクでテレビにも出まくって・・・そして今。麒麟ってあんまりTVに出てなくない?「つらい体験をしたけど周囲の助け得て乗り越え、今は明るく笑ってお笑い芸人」というちょっと同情っていうか憐憫っていうか“こんなコントしてるけど本当はすごい体験をしたんだよね、うんうん”みたいな眼差しで見てしまう。これって芸人としてはマイナスだと思う。麒麟の漫才見ても田村の人生を思い出してしまうもんなぁ。
 まあ、お笑い芸人としてこれからも頑張ってほしいもんだ。
 ちなみにお父さんはどっかの番組の企画で探して見付かったそうだ。今は田村と一緒に住んでるらしい。

 
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『QED 鬼の城伝説』  高田 崇史 | よむよむ記 | 2008年4月に読んだ本>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。