元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『草笛の音次郎』  山本 一力
2008-04-17 Thu 20:51
草笛の音次郎草笛の音次郎
山本 一力

文藝春秋 2003-10-28
売り上げランキング : 369298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 恵比須の貸元・芳三郎のところに、佐原の好之助から香取神宮の祭りを見に来いとの手紙が来た。体調が優れない芳三郎は、代貸の源七と相談して名代を出すことにする。三年後に源七が組を継ぐ予定だが、その後に代貸に据えたい人間を名代に出すこととなった。源七は、見たところ優男の音次郎を推薦した。見かけと違って肚が座っていると言う。
 音次郎は話し方も渡世人らしくなく、仁義の切り方も知らない。芳三郎の名代として旅立つことは認められたものの、世間知らずで旅の序盤は失敗ばかりだった。しかし失敗から多くのことを学びとり、どんどん成長していく。また、源七も認める肚の座りっぷりや仁義の厚さに、行く先々で渡世人だけでなく役人にも彼を認める人が出てくる。

 これはもう、さすが山本一力と言わざるを得ない。若者が旅をする中で成長していくという、一見ありきたりなストーリー。しかしそこに、渡世人を持ってくるところが何とも心憎い。私は山本一力さんのこと、江戸の町人を描く作家さんだと認識していた。私が今まで読んだことあるのは『だいこん』と『あかね空』で、どちらも商売人。今度は何の仕事だろうと思ってたら、渡世人だ。やられたなぁ。そして、江戸時代のやくざな世界がかっこいいんだ、これがまた。渡世人言葉もいい。かなりいい。仁義を切る所とか、もうツボだ。
 音次郎は草笛が得意だから、「草笛の音次郎」という二つ名をもらう。彼は世間知らずだっただけで、旅をしながらどんどん大きく成長していく。度量を惚れられて、2人の舎弟も持つこととなった。その一方でうなぎを食べるとどうにも欲情する所なんかはやけに人間くさくて、そのギャップも面白い。
 他の登場人物も、やっぱ描き方が上手い。音次郎以外にスポットが当たることはそう多くないんだけど、何か厚みを感じるんだよなぁ。不思議。あくまで脇役なんだけど、みんないい味出してる。
 江戸時代の渡世人の礼儀なんかも書かれてるんだけど、説明がさらっとさり気ないから物語の妨げになることなく読めたのも良かった。時代劇で「おひかえなすって」とやってたことの意味がようやくわかった。道場破りみたいな感じだと思ってたんだけど、全然違ったのね・・・。
別窓 | [や行の作家]山本 一力 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『重力ピエロ』  伊坂 幸太郎 | よむよむ記 | 『むかしのはなし』  三浦 しをん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。