元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2008年1月に読んだ本
2008-02-07 Thu 21:58
『葉桜の季節に君を想うということ』  歌野 晶午 (1/20)
『そのときは彼によろしく』  市川 拓司 (1/17)
『月の裏側』  恩田 陸 (1/14)
『慟哭―小説・林郁夫裁判』  佐木 隆三 (1/12)
『心霊探偵八雲3 闇の先にある光』  神永 学 (1/4)


別窓 | [シリーズもの] | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『映画篇』  金城 一紀 | よむよむ記 | 『ライオンハート』  恩田 陸>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。