元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『失踪HOLIDAY』  乙一
2004-10-31 Sun 22:16
失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)
乙一

角川書店 2000-12
売り上げランキング : 6556
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 乙一ラノベ作家時代の小説。20歳の時に出版された作品だ。さすがラノベ、絵が・・・。まあ気を取り直して。
 母子家庭で育ったナオは、母親の再婚で突然お金持ちの家の娘になった。再婚して2年後に母親は死んだけど、義父は相変わらずナオを娘として自分を大切にしてくれる。その後義父は、別の女性と再婚。ナオは再婚相手のキョウコと、衝突してばかりだった。
 14歳の冬休み、ナオはキョウコとの喧嘩をきっかけに家出を決意する。家出先は、家の離れに住むクニコの部屋。その部屋でナオは狂言誘拐を計画したが、この計画は思ったより大きな騒動を引き起こしていく。
 うーん、ラノベだな。まさにライトで読みやすい。軽いって馬鹿にしてるんじゃなくて、軽いのに面白いと思う。今まで私が読んだ乙一の本はヘビーな話が多かった。でもこの話は、「あとがき」で飄々としている乙一テイストに通じるものがある。今までは作品と「あとがき」とのギャップに驚かされることも何度もあったけど、こういう作品でああいう「あとがき」だと自然だな。とりあえず、面白い。これまでの作品とちょっと違って、ストレートに面白い。特にナオの豪放磊落っぷりがいい。クニコが「ジャイアンのよう・・・」と言いかけるけど、そういう性格。
 今回のオチは途中でわかったかな。まあこれまでと比べて非常にわかりやすかったからであり、とてつもなく大きくてわかりやすいヒントがあったからなんだけど。ていうか、オチを隠そうとしてないし。それでもこの話は面白かった。最後にナオもクニコも幸せになりそうで良かった。
 同時収録の「しあわせは子猫のかたち」は『失はれる物語』で既読だったけど、少し寂しくて結構温かい話で何度読んでもいい。これはラノベって感じはしない。ていうかこれまでラノベってファンタジーとかキャラクター小説しか読んだことなかったけど、こういうのもあるのか。まだまだ勉強不足だな。ていうかラノベの定義が曖昧すぎるのも悪いと思うんだけど。
 でも、これを20歳の若者がねぇ。あくまで出版が20歳だから、執筆したのは18とか19くらいだろう。どの本か忘れたけどいつもの「面白あとがき」で、就職活動したくなかったから作家になったと書いてあった。本当かどうかは知らないけど、神様、乙一のような才能ある人を作家にしてくれてありがとう。
別窓 | [あ行の作家]乙一 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『死にぞこないの青』  乙一 | よむよむ記 | 『介護入門』  モブ・ノリオ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |