元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『獣の奏者Ⅰ 闘蛇編』  上橋 菜穂子
2007-06-27 Wed 21:01
獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
上橋 菜穂子

講談社 2006-11-21
売り上げランキング : 62038
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 前の職場の児童担当者が褒めてた児童ファンタジー。有名な児童ファンタジー作家でもあるし、読んでみた。これがかなり面白い。かなり力強いファンタジーだと思う。
 主人公はエリンという少女。国で大切にされている闘蛇という戦闘用の獣が死に、その世話係だったエリンの母親が処刑されてしまう。母親を助けようとして失敗したエリンは蜂飼いのジョウンに助けられ、彼と一緒に暮らす事になった。ジョウンから学問を吸収し、エリンは王獣の医術師になる決意をする。
 話が面白いのはもちろん、構成に無駄がない。すべてが後に活きるような構成。こういう書き方をする作家さんは好きだ。さらに主人公の感情がとても生き生きと描かれてて、感情移入しやすいし。エリンの強さも弱さもしっかりと描かれてて、いい意味で生々しい。
 2巻はまだ図書館で予約中。そろそろ借りれると思うんだけど、まだ電話が来ない。早く読みたい。「守り人シリーズ」はずっと読んでみたいと思いつつ手を付けてないけど、ますます読みたくなった。
 こういう力作読むと、ラノベファンタジーが本当にマンガとしか思えなくなってくる。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』  夢枕 獏 | よむよむ記 | 映画『きみにしか聞こえない』を観てきました>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |