元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『しをんのしおり』  三浦 しをん
2007-12-21 Fri 00:17
しをんのしおり (新潮文庫)しをんのしおり (新潮文庫)
三浦 しをん

新潮社 2005-10
売り上げランキング : 32559
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『風が強く吹いている』が結構面白かったんで、他の本はどんなもんかと思って図書館で物色した。しかし人気作家らしく、ほぼ貸出中。私の友達の中でも一番の読書家が「三浦しをんってエッセイしか読んだことないけど、面白かったよ」と力強く言ってたことを思い出し、エッセイコーナーでようやくこれを見付けた。
 この本はウェブ日記を本にしてある。まだそれほど有名じゃない頃のものだからアルバイトとかしてるけど、面白かった。エッセイが面白いというか、面白いこと考えながら生きてる人なんだな。日々の記録としての日記は2~3割程度であとは妄想が詰まっているんだけど、その妄想の書き方もまた上手い。さすが就職試験の作文で文才を見出されただけある。
 あくまで私の中だけど、売れてるみたいだな~と思うようになったのは2005年くらいだと思ってる。これを書いてた頃から数年後、彼女は大ブレイクすることになる。きっと今は専業作家で、バイトなんかしてないんだろうなぁ。
 この著者の本、私は『まほろ駅多田便利軒』と『風が強く吹いている』しか読んでない。2作しか読んでない上で言うけど、何か自分が作ったキャラで小説内以上の妄想をしてそうな人だと思う。
 職場で昼休みに読んだけど、笑いそうになるのを抑える努力は必要だった。
別窓 | [ま行の作家]三浦 しをん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『雪華ノ里―居眠り磐音江戸双紙4』  佐伯 泰英 | よむよむ記 | 『新本格魔法少女りすか3』 西尾 維新>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。