元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『新本格魔法少女りすか3』 西尾 維新
2007-12-20 Thu 21:59
新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス ニJ- 18)新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス ニJ- 18)
西尾 維新

講談社 2007-03-23
売り上げランキング : 49376
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2巻で供儀創貴、水倉りすか、繋場いたちの3人は、夏休みが始まったその日に旅に出た所で終わっていた。この巻では、「6人の魔法使い」との戦いがメイン。ちなみにやっぱり、キャンドルシティは博多市にあるという設定だった。博多市って何か違和感ある言葉だなぁ。

7話目「鍵となる存在!!」
 ツナギが「6人の魔法使い」の2人目・地球木霙(ちきゅうぎみぞれ)をあっさり倒したその日、創貴が部屋で一人いる所に水倉鍵が現れて創貴を仲間に引き入れようとした。世界をやると言われてあっさり承認した創貴だったが、相手の力量を測るためにゲームを挑む。創貴は、「6人の魔法使い」でありながら魔法使いではなく人間で、なおかつ「魔法封じ」の能力を持っている水倉鍵2人とビンゴゲームをすることになった。その過程で、「箱舟計画」についても知らされる。
 ちなみに水倉鍵はりすかとは血縁関係にはない。あと、彼は「6人の魔法使い」の6人目だそうだ。

8話目「部外者以外立ち入り禁止!!」
 ビンゴゲームは引き分けで終わり、水倉鍵が部屋を出ようとした時にりすかとツナギが帰って来た。りすかの右腕に「魔法封じ」を発動して去った水倉鍵。暴走する右腕をツナギが食べることで収めたが、「6人の魔法使い」の3人目(水倉鍵はあくまで「6番目」らしい)・「泥の底」蠅村召香(はえむらしょうか)の魔法が発動した。物体を固定する魔法で部屋に閉じ込められた3人。りすかは「魔封じ」で大人バージョンになる魔法を封印され、「魔封じ」された右腕を食べたツナギは全身の口が使えなくなる。
 仲間になれば魔法を解除すると電話口で言う水倉鍵。創貴は未来への時間しか「省略」できないりすかに、過去への時間を「省略」するよう命令した。

9話目「夢では会わない!!」
 創貴は放課後の図書室で在賀織絵と会い、帰り道に問題児転校生・繋場いたちと話し、家に帰ると4人目の母親・きずなとやり合い、その後和菓子を持って不登校児の水倉りすかを訪ね、家に戻る途中でりすかの妹・水倉鍵と話した。何となく違和感のある世界だったが、それは塔キリヤの魔法が作りだした平行世界「パラレルワールド」だった。
 創貴の義母・きずなと父親・創嗣の無茶っぷりでその魔法を打破したが、現実は絶望的な状況だった。ちょっと嫌なところで終わったなぁ。1巻の終わりでも2巻の終わりでも特に思わなかったけど、今回ばっかりは続きが気になると思った。
別窓 | [な行の作家]西尾 維新 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<『しをんのしおり』  三浦 しをん | よむよむ記 | 「新本格魔法少女りすか」シリーズ 西尾 維新>>
この記事のコメント
Re: 西尾維新
>同上さん
え?西尾維新を中学生から・・・?
お、お若いんですね(^^;)

「読み応えがあるけど、時々(結構)訳分からない」「やっぱり読み応えある」という相反する印象、良くわかります。私も結構惰性で読んでいました。

妊娠・出産で司書を一旦辞めており本の情報をほとんど入手しない生活を送っているため、西尾維新がまともな作品を書こうとしていることに驚きました。
面白いんでしょうか。西尾維新はアクの強さが売りだと思ってたので、逆につまらなくなりそうなんですが・・・。
怖い物見たさで読んでみたい気がします。

ご期待はありがたいのですが、西尾維新はとにかく筆が早いので追いつける自信があまりありません。
他にも読んでおきたい本はたくさんあるのでいつになるかわかりませんが、手を付ける事が出来たら感想を書きたいと思います。
このブログ自体を1年半ほど放置してますが、育児が少し落ち着いてきたのでそろそろ読書&感想書きを再開したいと思っているところです。
このブログの存在は同上さんの記憶の端の方に留めておいてくださり、気が向いた時い覗いていただけると幸いです。
2010-12-11 Sat 00:29 | URL | 管理人 #-[ 内容変更] | top↑
西尾維新
作品を、中学生辺りから「読み応えがあるけど、時々(結構)訳分からない」「やっぱり読み応えある」という惰性でずっと読んできた気がします。

是非、この著者の2年前程の著作「難民探偵」を読まれた感想を伺いたいです。
著者独特の毒気が、この作品では「まともな作品」を書こうとしているのです。
その後の刀語(1ヶ月1作品ペース企画シリーズなので、当然中身は薄い)・化物語(また異種な設定・少し主人公がいーちゃんと似てる)もどう受け取られるのか、気になります。

戯言で斬新とマニア層に受け、化物語アニメ化に爆発的ヒット(したらしい?)しアニメ一般層に受け、続く刀語のアニメ化でまだまだ旋風は続きそうです。

執筆がとにかく早い事で有名な西尾維新ですが、難民探偵や続くラノベに、とにかく「一般的な」作風に矯正しようと奮闘している傾向が最近見られます。
まだ粗削りの新星作家なのでしょうが、しばらくして更に成長した西尾維新の作品を、ブロガーの司書さんがどう評価されるか、期待しています!
2010-07-24 Sat 10:00 | URL | 同上 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。