元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
芥川賞・直木賞
2007-12-07 Fri 12:56


芥川賞直木賞
  第139回
(2008年上半期)
『時が滲む朝』 楊 逸『切羽へ』  井上 荒野
第138回
(2007年下半期)
『乳と卵』 川上 未映子『私の男』 桜庭 一樹
第137回
(2007年上半期)
『アサッテの人』 諏訪 哲史『吉原手引草』 松井 今朝子
第136回
(2006年下半期)
『ひとり日和』 青山 七恵 該当なし
第135回
(2006年上半期)
『八月の路上に捨てる』 伊藤 たかみ『まほろ駅多田便利軒』 三浦 しをん
『風に舞い上がるビニールシート』 森 絵都
第134回
(2005年下半期)
『沖で待つ』 絲山 秋子『容疑者Ⅹの献身』 東野 圭吾
第133回
(2005年上半期)
『土の中の子供』 中村 文則『花まんま』 朱川 湊
第132回
(2004年下半期)
『グランド・フィナーレ』 阿部 和重『対岸の彼女』 角田 光代
第131回
(2004年上半期)
『介護入門』 モブ・ノリオ『空中ブランコ』 奥田 英朗
『邂逅の森』 熊谷 達也
第130回
(2003年下半期)
『蛇にピアス』 金原 ひとみ
『蹴りたい背中』 綿矢 りさ
『巷説百物語』 京極 夏彦
第129回
2003年上半期
『ハリガネムシ』 吉村 萬壱『4TEEN』 石田 衣良
『星々の船』 村上 由佳
第128回
(2002年下半期)
『しょっぱいドライブ』 大道 珠貴該当なし
第127回
(2002年上半期)
『パーク・ライフ』 吉田 修一『生きる』 乙川 優三郎
第126回
(2001年下半期)
『猛スピードで母は』 長嶋 有『あかね空』 山本 一力
『肩ごしの恋人』 唯川 恵
第125回
(2001年上半期)
『中陰の花』 玄侑 宗久『愛の領分』 藤田 宜永
第124回
(2000年下半期)
『聖水』 青来 有一
『熊の敷石』 堀江 敏幸
『プラナリア』 山本 文緒
『ビタミンF』 重松 清
第123回
(2000年上半期)
『きれぎれ』 町田 康
『花腐し』 松浦 寿輝
『虹の谷の五月』 船戸 与一
『GO』 金城 一紀
第122回
(1999年下半期)
『蔭の棲みか』 玄月
『夏の約束』 藤野 千夜
『長崎ぶらぶら節』 なかにし 礼
第121回
(1999年上半期)
該当なし『王妃の離婚』 佐藤 賢一
『柔らかな頬』 桐野 夏生
第120回
(1998年下半期)
『日蝕』 平野 啓一郎『理由』 宮部 みゆき
第119回
(1998年上半期)
『ゲルマニウムの海』 花村 萬月
『ブエノスアイレス午前零時』 藤沢 周
『赤目四十八瀧心中未遂』 車谷 長吉
第118回
(1997年下半期)
該当なし該当なし
第117回
(1997年上半期)
『水滴』 目取 真俊『女たちのジハード』 篠田 節子
『鉄道員』 浅田 次郎
第116回
(1996年下半期)
『海峡の光』 辻 仁成
『家族シネマ』 柳 美里
『山妣』 坂東 眞砂子
第115回
(1996年上半期)
『蛇を踏む』 川上 弘美『凍える牙』 乃南 アサ
第114回
(1995年下半期)
『豚の報い』 又吉 栄喜『恋』 小池 真理子
『テロリストのパラソル』 藤原伊織
第113回
(1995年上半期)
『この人の閾』 保坂 和志『白球残映』 赤瀬川 隼
第112回
(1994年下半期)
該当なし該当なし
第111回
(1994年上半期)
『おどるでく』 室井 光広
『タイムスリップ・コンビナート』 笙野頼子
『二つの山河』 中村 彰彦
『帰郷』 海老沢 泰久
第110回
(1993年下半期)
『石の来歴』 奥泉 光『恵比寿屋喜兵衛手控え』 佐藤 雅美
『新宿鮫 無間人形』 大沢 在昌
第109回
(1993年上半期)
『寂寥郊野』 吉目木 晴彦『マークスの山』 高村 薫
『恋忘れ草』 北原 亞以子
第108年
(1992年下半期)
『犬婿入り』 多和田 葉子『佃島ふたり書房』 出久根 達郎
第107回
(1992年上半期)
『運転士』 藤原 智美『受け月』 伊集院 静
第106回
(1991年下半期)
『至高聖所アバトーン』 松村 栄子『狼奉行』 高橋 義夫
『緋い記憶』 高橋 克彦
第105回
(1991年上半期)
『自動起床装置』 辺見 庸
『背負い水』 荻野 アンナ
『夏姫春秋』 宮城谷 昌光
『青春デンデケデケデケ』 芦原 すなお
第104回
(1990年下半期)
『妊娠カレンダー』 小川 洋子『漂泊者のアリア』 古川 薫
第103回
(1990年上半期)
『村の名前』 辻原 登『蔭桔梗』 泡坂 妻夫
第102回
(1989年下半期)
『表層生活』 大岡 玲
『ネコババのいる町で』 瀧澤 美恵子
『小伝抄』 星川 清司
『私が殺した少女』 原 
第101回
(1989年上半期)
該当なし『高円寺純情商店街』 ねじめ 正一
『遠い国からの殺人者』 笹倉 明
第100回
(1988年下半期)
『ダイヤモンドダスト』 南木 桂士
『由煕』 李 良枝
『東京新大橋雨中図』 杉本 章子
『熟れてゆく夏』 藤堂 志津子
第99回
(1988年上半期)
『尋ね人の時間』 新井 満『凍れる瞳』『端島の女』 西木 正明
『遠い海から来たCOO』 景山 民夫
第98回
(1987年下半期)
『スティル・ライフ』 池澤 夏樹
『長男の出家』 三浦 清宏
『それぞれの終楽章』 阿部 牧郎
第97回
(1987年上半期)
『鍋の中』 村田 喜代子『海狼伝』 白石 一郎
『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』 山田 詠美
第96回(1986年下半期)該当なし『カディスの赤い星』 逢坂 剛
『遠いアメリカ』 常盤 新平
第95回
(1986年上半期)
該当なし『恋紅』 皆川 博子
第94回
(1985年下半期)
『過越しの祭り』 米谷 ふみ子『魚河岸ものがたり』 森田 誠吾
『最終便に間に合えば』『京都まで』 林 真理子
第93回
(1985年上半期)
該当なし『演歌の虫』『老梅』 山口 洋子
第92回
(1984年下半期)
『青桐』 木崎 さと子該当なし
第91回
(1984年上半期)
該当なし『恋文』 連城 三紀彦
『てんのじ村』 難波 利三
第90回
(1983年下半期)
『杢二の世界』 笠原 淳
『光抱く友よ』 高樹 のぶ子
『私生活』 神吉 拓郎
『秘伝』 高橋 治
第89回
(1983年上半期)
該当なし『黒パン俘虜記』 胡桃沢 耕史
第88回
(1982年下半期)
『夢の壁』 加藤 幸子
『佐川君からの手紙』 唐 十郎
該当なし
第87回
(1982年上半期)
該当なし『炎熱商人』 深田 祐介
『時代屋の女房』 村松 友視
第86回
(1981年下半期))
該当なし『蒲田行進曲』 つか こうへい
『機雷』 光岡 明
第85回
(1981年上半期)
『小さな貴婦人』 吉行 理恵『人間万事塞翁が丙午』 青島 幸男
第84回
(1980年下半期)
『父が消えた』 尾辻 克彦『元首の謀叛』 中村 正軌
第83回
(1980年上半期)
該当なし『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』 向田 邦子
『黄色い牙』 志茂田 景樹

別窓 | [文学賞] | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<本屋大賞 | よむよむ記 | 『バッテリー 3』  あさの あつこ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


 物語はちょっと変わった状況の中ではあるけど、日常の人間の優しさとか愛情を感じさせてくれる作品です。そしてまた、いたる所に出てくる数式の、数の不思議の面白さはこの宇宙の奥深さを感じさせてくれます。博士の愛した数式を紹介してくれた方に、私はお返しに、絵本... …
2007-12-31 Mon 00:36 あいねの記録
| よむよむ記 |