元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『ファウストvol.4』  乙一  北山 猛邦  佐藤 友哉  他
2005-05-14 Sat 21:18
ファウストvol4 (講談社MOOK)ファウストvol4 (講談社MOOK)
乙一

講談社 2004-12-24
売り上げランキング : 171907
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ファウストvol.4』を読んだ。すごいんだよ、講談社。乙一、北山猛邦、佐藤友哉、滝本竜彦、西尾維新の5人を「合宿」と称して沖縄に連れて行き、カンヅメで小説を書かせるという企画をしてるの。で、「ライブ小説」とか言って本に載せちゃってるとこがすごい。しかも最後に、東浩紀の評価付き。そんでもって、イラストが舞城王太郎。アンタ小説家じゃん!どんだけ豪華なんだよ。いやはや。
 内容は「上京」をテーマに1篇ずつ書いた短編小説と、5人でリレー小説。すげぇ・・・・。メンバー的に豪華すぎ・・・・。まぁ私は西尾維新はものすっごく嫌いなんだけど。
 「上京」をテーマにした小説は、嬉しいことに東浩紀が乙一(「子供は遠くに行った」)を大絶賛!!!素人目にも乙一が一番良かったもんなぁ。テーマの絡ませ方とかさすが!って感じだし、私の大好きな叙述レトリック使ってるし。話もすごく深かった。
 意外だったのは西尾維新が普通だったこと。この人はいつも、都合のいいミステリーだったり、萌キャラ目指してるような痛々しい女の子が出てくるような、不自然な話ばっかで嫌いなんだけど、今回は普通に面白かった。
 滝本竜彦はいつもと同じにしか見えん・・・・。まぁ彼の場合はあの痛々しさが持ち味になってるんだけど。これも普通に面白かった。
 あとの2人はつまらなかった。
 で、リレー小説だけど。作家は50音順で書いてる。1番手、乙一。素晴らしい!!!でもまあ、無難な設定にしてるなぁ。乙一らしさを出したら、誰もついてけないんだろうか。なんと、ラストが西尾維新なんだ・・・・。ラストに西尾が西尾らしさを出したがために、リレー小説はイマイチ好きになれなかった。
 東浩紀も言ってたけど、乙一は万人受けするけど、西尾は特定のタイプにしか受けないんだよね。私は西尾を嫌いと思う人間だから、やっぱアンカー西尾はちょっと・・・・。あ、アンカー乙一っていうのも読んでみたい気がする。
別窓 | [アンソロジー] | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『電話男』  小林 恭二 | よむよむ記 | 『マーリン1 魔法の島フィンカイラ』  T.A.バロン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。