元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『ニート脱出-不安なまままでもまずやれるやれる事とは』  和田 秀樹
2005-08-04 Thu 18:26
ニート脱出―不安なままでもまずやれる事とはニート脱出―不安なままでもまずやれる事とは
和田 秀樹

扶桑社 2005-04
売り上げランキング : 375966
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ニートじゃないけど読んでみた。ニートという言葉自体が新しいから、本で見るようになったのはごく最近。今年度入ってからぐらい?そういう意味では、この本は先駆けだと思う。
 内容は安易。専門家でも身内にニートがいるわけでもない部外者が、ニートはこうすれば治るはず!という考えをしているだけに過ぎない。
 雑誌のいちコラムなら面白いかもしれないけど、書籍でこのレベルなら駄本。
別窓 | [ら行・わ行の作家]ら行・わ行の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『誰か』  宮部 みゆき | よむよむ記 | 『QED ベイカー街の問題』  高田 崇史>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。