元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『問題な日本語』  北原 保雄
2005-08-02 Tue 20:43
問題な日本語問題な日本語

ハドソン 2007-09-06
売り上げランキング : 5950
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 意外なほどに真面目に言語学の本だった。「なにげに」「きもい」「ってゆうか」「~になります」「私って~じゃないですか」「私的には」etc.違和感を覚える言葉または言語の乱れとされている言葉を集めて検証したもの。それぞれの章をちゃんとした国文学者が書いてるので、信頼性も高い。
 中には言葉の乱れとされている用法も、実は古典に登場してたり、評価の高い純文学者が使っている。だから現代特有の言葉ではなく用法も間違いではない、というものもあって面白かった。こういうとこ、変化して当然の言語を間違いだの乱れだの言っている頭の固い輩に読んで欲しいと思う。
別窓 | [か行の作家]か行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『QED 六歌仙の暗号』  高田 崇史 | よむよむ記 | 『博士の愛した数式』  小川 洋子>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。