元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『おぞましい二人』  エドワード・ゴーリー
2005-09-04 Sun 23:18
おぞましい二人おぞましい二人
エドワード・ゴーリー

河出書房新社 2004-12-21
売り上げランキング : 38255
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なんていうか、なんていうか、なんていうか・・・・。おぞましいっていうか、こういう風に育った人間が悲しい。
 大人向けの絵本なんだけど、リトグラフっぽい独特の線画で、ある男女が出会って殺人を繰り返し、捕まって獄中で死ぬまでを描いてる。とにかく異様な絵本。話の進め方が、淡々どころじゃない。どこにも感情が感じられなくて、何を感じながら読んだらいいのかちょっと戸惑う。終わり方がまたすごい。男は早死にして、女は牢屋の壁を一生舐めつづけて死んだというラスト。その行為に説明も感情もなくて、絵空事のような、それでいて挿絵を凝視してしまうような。これが実話に基づいてるというから、うすら寒い感じが増す。
 何が言いたいのかわからない。でも、何か伝えようとしている気がする。そこが強く気になる理由なのかもしれないなぁ。すごい絵本を読んでしまったという気分。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『天帝妖狐』  乙一 | よむよむ記 | 『「藪の中」の死体』  上野 正彦>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |