元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『I love you』  伊坂 幸太郎  石田 衣良  市川 拓司  他
2005-10-14 Fri 20:23
I love youI love you
伊坂 幸太郎

祥伝社 2005-07
売り上げランキング : 77148
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 6人の作家が「恋愛」をテーマに書いた短編集。
 まず1話目は伊坂幸太郎の「透明ポーラベア」。最近気になってた作家なんで、ちょっと楽しみに読み始めた。伊坂幸太郎を最初に持って来るとは心憎い。でも私的にはちょっと期待外れかな。何を面白いと思って読み進めたらいいのかわからなかった。もしかしたら私が恋愛モノ苦手だからか、案外微妙な作家だなぁと思った。
 でもやっぱ最後まで読んだ時の完成度の高さは凄い。ちょっとあり得ないけど、フィクションとしていい感じで読み終われた。

 2話目は石田衣良の「魔法のボタン」。これは好きな作家だけど、この人の恋愛小説は初めて読む。期待を裏切らない、すっきりと読める石田衣良らしい小説だった。こういうのは好きだな。

 3話目は市川拓司の「卒業写真」。これは面白い。この本の中で一番、万人受けする話じゃないかなぁ。ちょっと混乱するけど、そこがまた良かった。

 4話目。とうとう来た!この作家のために、恋愛アンソロジーなんかタルい物読んだんだっ!中田永一の「百瀬、こっちを向いて」。ネットする乙一ファンなら聞いたことあるはず。そう、乙一がペンネームを変えて書いたという噂のこの人!謎多きこの人!
 確かに似てた。激似。確信とまではいかないけど。私が乙一が好きな理由は、彼の文章が私にとって非常に相性がいいから。最初の数行でスコーンとのめりこんで読んでしまう。それがこの中田氏にも感じられて、例え別人だったとしてもこの小説は好きだと思う。タイトルは変だけど、読んでみると納得できるタイトル。最後にほっと息をついて、気になってたことが余すとこなく解決してるところも私好みだった。

 5話目は中村航の「突き抜けろ」。アンソロジーで必ずいるよね、こういうちょっと軌道が外れたの書く人。恋愛小説じゃないよね、これ。中心は野郎同士で青春して、それに無理やり主人公のちょっと変わった恋愛をねじ込んだみたいな。恋愛の部分、むしろない方が面白かったように思う?

 6話目、本多孝好の「Sidewalk Talk」。唯一大人な話だった。離婚を決意した夫婦が最後の食事をし、付き合い始めの頃を思い出しながら話すというもの。お互い気持ちは残ってるっぽいけど、それでもやっぱり離婚は変わらないらしい。大人の世界すぎて未婚の私には難しいけど、「いい離婚」って感じで良かった。最終話にふさわしい話だったと思う。 

 全部書いてから気付いたけど、収録は著者の50音順?じゃあ伊坂幸太郎が最初だったのは偶然か。
別窓 | [アンソロジー] | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ルパンの消息』  横山 秀夫 | よむよむ記 | 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学』  山田 真哉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。