元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『いま、会いにゆきます』  市川 拓司
2005-10-30 Sun 10:07
いま、会いにゆきますいま、会いにゆきます
市川 拓司

小学館 2003-03
売り上げランキング : 17532
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 意外に面白かった・・・・。不覚。『世界の中心で愛を叫ぶ』レベルだと思ってたんだけどなぁ。内容は有名なアレ。死んだ奥さんが、雨の日に帰ってきたというやつ。
 恋愛モノは嫌いな私だけど、わりとすんなり読めた。主人公が大人で既婚だったから「恋愛」の部分があんまり過剰じゃなくて無理ない感じだったからかな。ストーリーはとっても非現実的なんだけどね。
 最後に驚きな不意打ちがあった。輪をかけた非現実的でありながら、何か納得できるっていうか。「だからこのタイトルね」と思う、すとんと納得できる感じがあって、いい感じのサプライズ。読後感が良かった。
 でもやっぱ私は、恋愛が多分に絡む部分は苦手だったかな。感動なストーリーのはずなんだけど、巧と澪さんが付き合うまでの部分で「私はこんなパニック障害の男は絶対に好きにならんな」と逆に冷めた気持ちになって仕方なかった。まあそこは好きずきだな。
 同時進行で読んでた雑誌『ダ・ヴィンチ』でたまたまこの本に軽く触れてあって、巧と澪の出会いから結婚までの部分は作者の実話と知った。本当に好きずきだな・・・・。

 立て続けに面白いと思える本に当たって良かった。手当たり次第読んでるからハズレもかなり多い中、ラッキーだった。
別窓 | [あ行の作家]あ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ピュア・ラブ3 飛翔篇』  宮内 婦貴子 | よむよむ記 | 『ルパンの消息』  横山 秀夫>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。