元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『タイタンの妖女』  カート・ヴォネガット・ジュニア
2016-08-29 Mon 05:06
タイタンの妖女 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)タイタンの妖女 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)
浅倉 久志

早川書房 1977-10
売り上げランキング : 630257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<2005年12月2日読了>
 SF小説。SFって大人向けは初めて読んだけど、壮大な話だったと思う。最初がちょっと入り込めなかったけど、この小説独特の雰囲気に慣れたら一気に読めた。言葉が難しくて、説明を読んでもさっぱりわからない。途中から意味わからないものは飛ばして読んだら、それはそれで読めるもんだと気付いた。「時間等曲率漏斗」とか、結局最後まで意味不明。
 全体を通して運命論的な色が強い。すべてが起こるべくして起こったのか、何かがそう起こるようにしむけてるのかわからない辺りが絶妙。全部意味ある出来事だったのかと思うと、驚かされつつも悲しい話だと思う。宗教というか哲学的な思想が絡んで、これは確かに大作だな。個人的な好みの問題で、2回は読まないけど。
 この本自体は30年くらい前に出版されたんだけど、爆笑問題の太田が紹介してから日本で再び注目され、評価を得てるみたい。『いま、会いにゆきます』でもちらっと出てて驚いたけど、やっぱ賢い人はこういう本を読んでるんだなぁ。


<2016年8月26日再読>
 ウィンストン・ナイルズ・ラムファードと愛犬のカザックは地球と火星の間に出現した「時間等曲率漏斗」に突入し、波動現象として存在することになった。太陽内部からベテルギウス星までの歪んだらせんの内部で脈動し続け、惑星を通る際に実体化する。実体化の折にはラムファード家に見物人が詰めかけるが、妻のビアトリスは頑なに門を閉ざし続けていた。
 ある日ラムファードの要求で、マラカイ・コンスタントが招待された。時間等曲率漏斗に入った際に未来と過去全ての事を悟ったと言うラムファードは、コンスタントが火星で火星人によってビアトリスと番わせられ、水星に行き、もう一度地球を訪れてから最終目的地のタイタンにビアトリスと息子のクロロと共に行くと言う。
 予言通り火星に行ったコンスタントは記憶を失い、アンクという名で意思や記憶を操作された火星陸軍に所属する。自分が手を下した死刑囚の言葉に従って見付けた手紙には、妻と子の存在が書かれていた。アンクは火星軍の地球進撃の際に息子のクロロと妻のビーに会いに行ったが、連れ戻されて地球進撃の相棒ボアズと共に水星に送られた。
 無人の水星で3年間過ごした2人だったが、アンクだけ地球に戻った。ラムフォードが実体化した折りに再会し、民衆の前で彼からアンクは「徹底的に無関心な神の教会」の宗教の嫌悪と怒りの的であるマラカイ・コンスタントであると告げられてビーとクロノと共にタイタンに送られた。
 タイタンにはトラルファマドール星人のサロが住んでおり、唯一の友人はタイタンで実体化したラムファードだった。
 サロはトラルファマドール星から別の島宇宙にを届ける旅に出ていたが、紀元前203117年に宇宙船が故障してタイタンで足止めされていた。母星に故障の報告を送ると、地球上にストーンヘンジ、万里の長城、クレムリン宮殿、ジュネーブ国際連盟本部ビルとして返信された。
 コンスタント達が到着する直前、ラムファードは太陽黒点の影響で体調を崩していた。間もなく爆発が起こり、ラムファードとカザックは太陽系の外へ飛ばされると言う。サロをひどく罵り、メッセージを開封するように要求したが、トラルファマドール星は機械であるために母星で受けた命令に逆らう事ができなかった。
 タイタンに到着したコンスタント達はラムファードから、地球人の行動がトラルファマドール星人によって交換部品を作り届けさせるために歴史を操られてきた事を聞かされる。部品は火星の火炎放射器工場で癇癪を起した支配人がスチールバンドを切り刻み、それをクロノが拾って「幸運のお守り」として大切に持っていた。
 ラムファードとカザックが消えた直後、サロはメッセージを開封する決意をして飛び込んで来た。メッセージにはトラルファマドール星語で「よろしく」と書かれている事をコンスタント達に告げて、サロは自分を分解して自殺した。


 10年前に読んで、わけわかんなかったけど結論としてまあまあ面白かった、これを傑作だと思う人ってスーパー賢いんだろうなって思った事しか覚えてない。今回気が向いて再読して、内容をさっぱり覚えてなかった自分に驚き。辛うじて覚えてたのはおっさんと犬が不思議現象って事と、終盤に唐突に変な宇宙人が出てきた事。あまりにも覚えてなかったから今回は10年後の自分が思い出せるようにあらすじをかっちり結末まで書いてみた。随分削ったのにまだまだ長いけど、10年後もアホであろう自分のために仕方ない。
 さて再読してみて。序盤から4/5はやっぱりつまらないけど、1/5は秀逸だと思った。フィクションの思想や哲学、歴史なんかが退屈で退屈で、特によくわかんない謎の新興宗教辺りは眠くて眠くて目が滑りまくり。この世界での火星や水星やタイタン、トラルファマドール星の説明も、外国文学の言い回しに慣れない上に長々しくて退屈。それがサロの身の上辺りから段々と私の頭が覚醒してきた。もうね、運命に・・・というかトラルファマドール星人に翻弄されるにも程がある。主要人物だけじゃなく、人類そのものがトラルファマドール星人に操られ、時には失敗されるって、これはもう神じゃないか。
 トラルファマドール星人によって、ラムファードは波状現象として存在する身となった。全てを知り不快に思いながらも抵抗できず奉仕しながらも地球のために尽力した挙句、太陽系の外に飛ばされるその無常さ。機械でありながら友情を知り、母星の行いで唯一の友人に罵られるサロの悲哀。最高のトラルファマドール星人であるはずなのに、メッセージを開封して信頼性を損ない、親友を失って能率性が下がり、20万年地球を見守りつつけて予測可能性も衰え、その結果自殺して耐久性も喪失したサロのアイデンティティを失った様子が哀れだった。たった1つの小さな部品を届けるためだけに翻弄された末に、お互い存在さえ知らなかったコンスタントとビアトリス、クロノ母子の使い捨て感も、ラムファードに次いで無常で読んでて呆然とした気分になる。
 タイタンに取り残されたコンスタントはサロの組み立てに取り掛かり、クロノはタイタンつぐみの仲間になり、ビアトリスは本を執筆して過ごしたが、それぞれの関わり方も悲しい。普段は離れつつもお互いを必要としている夫婦と、クロノとは精神的な接近をしているつもりを続けるコンスタントと、時々母親を訪れては対話した句怒り狂って飛び出すクロノ。「すべてはたいそう悲しかった。しかし、すべてはたいそう美しかったという文章に、胸を締め付けられる。
 訳わかんなくてダラダラ長くてSFってやーねって読んでて思ってたのに、最後の最後がやけに情緒を煽られた。思い返してみたら、前4/5ってあんまり感情を表してる文章がなくて感性に訴えるものがなかった気がする。感性に響かないと面白く読めない私には、そこが難しかったのかな。で、最後の最後にぐわーんと揺さぶられる。
 ラストで32年掛けてサロが甦って、旅を続けるついでにコンスタントを地球に送ってくれた。悲しくも完璧なエンディングだと思った。サロの催眠術で死ぬ直前に親友ストーニィの夢を見るコンスタントは人生を終了したけど、サロはこれから一人でまた千八百万光年の旅を続けて、目的地の島宇宙でいるかどうかさえ知れない生命を探す。桁が大き過ぎて、想像つかないにも程がある。というか、永遠とほぼ同義語にさえ感じる。前半の刺々しく荒々しい雰囲気の挙句この結末だなんて、悲しい。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『有頂天家族 二代目の帰朝』  森美 登美彦 | よむよむ記 | 『エルマーのぼうけん』『エルマーとりゅう』『エルマーと16ぴきのりゅう』  ルース・スタイルス・ガネット>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| よむよむ記 |