FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『崩れる脳を抱きしめて』  知念 実希人
2019-11-15 Fri 11:41
崩れる脳を抱きしめて
知念 実希人
実業之日本社
売り上げランキング: 16,546



 医師国家試験に合格して研修中だった碓氷は、地域医療研修で『葉山の岬病院』に来た。ホスピスも兼ねたその病院で、いつ脳出血を起こすかわからない脳腫瘍を抱える患者・弓狩環ことユカリを担当する。遺産を狙う親戚から身を守るためにも、大金持ちだけど病室にこもらざるを得ない。碓氷は毎日の診察の他に空き時間の勉強でユカリと交流し、喧嘩しつつも仲良くなっていく。
 碓氷は幼い頃、大きな借金を抱えた父親に捨てられた過去を持つ。すぐに別の女性と結婚し、1年後に亡くなった父親を恨み、母と妹のためにアメリカで医師になるべく必死で勉強してきた。ユカリは外出恐怖症を解決してくれたお礼にと、碓氷のトラウマ解決に乗り出す。
 研修が終わってもユカリのことが忘れられない碓氷は、同僚に急かされてもう一度会いに行こうとする矢先にユカリが死んだことを知らされる。ユカリが碓氷の持つ借金と同額の遺産を、碓氷に分配相続させようとしていた。もう一度葉山の岬病院に行くとユカリがいたはずの病室は何もなくユカリとの関りは全て碓氷のストレスから来るによる妄想だったと言わる。


 何だかフラグの多い話だった。必死に勉強してきた研修医がちょっと不思議な雰囲気を持つ若い女性を担当するって、まず本編始まって1ページ目で恋愛フラグ立ってる。ユカリが自分で「頭の中の爆弾」とか言い出したのも死亡フラグやんって思ったし、借金抱えた父親の家出・すぐ若い女と結婚・1年後の死・その事に大きな傷を抱くってこれも深い事情フラグがビンビン。
 研修中、ユカリや他の患者との交流は穏やかながらも若干退屈ではあった。でも研修が終わって、内容が急にミステリーになる。病院ぐるみで碓氷が見てきたユカリが妄想だったことにしたのはなぜか。ユカリはなぜ横浜に行ったのか。ユカリの新しい遺言状の存在は?
 でも全部終わった時にやってきた穏やかな喜びがいい感じ。院長は碓氷には冷たい態度だったけど、悪い人じゃない印象が言葉の端々にあった。だから院長に不穏な影が出てきた時は驚いたけど、やっぱりいい人だった。
 碓氷は必死に勉強して来た人みたいだし、目指してる道が夢物語じゃなさそうな様子からも優秀なんだろう。でも、全てを投げうって何にも代えがたい目の前の大切な人との時間を選ぶって、なかなかラブストーリーの王道じゃないか。きっとこれまで培った知識をユカリさんの役に立て、今後も新しい知識を増やしていくんだろうな。
 医者が主人公の話は用語が難しかったりして苦手なんだけど、病気のことは最小限でしかもとても平易に書かれていて物語の邪魔をしてない。とてもわかりやすくて、物語の世界に存分に浸れた。
 あと、広島弁がとても可愛かった。特に同期の冴子ちゃん、勢いある明るい性格に広島弁がとても合ってて本当可愛い。
別窓 | た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |