元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『GOTH モリノヨル』  乙一
2011-11-29 Tue 11:48
GOTH  モリノヨル
GOTH モリノヨル
posted with amazlet at 16.09.29
乙一
角川グループパブリッシング  2008.12.17
売り上げランキング: 519,355

 少女を殺して写真を撮る事を趣味にしている「私」は、7年前に黒髪の少女を殺した現場で森野という少女に出会う。彼女は7年前の遺体遺棄現場で自分の記念撮影を「私」に頼む。
 森野は「私」を、唯一の友人に雰囲気が似ているという。


 前回、あれだけ息を呑む展開を綺麗に収めた『GOTH』に、まさかの続編。1話だけだったのが残念なくらい、見事にゾクゾクさせられるサイドストーリーだった。
 今回、樹くんは電話で「私」と話すだけで名前さえ出て来なくて、森野ちゃんは「友だち」とだけ話すし、語り部は「少年」と語る。でも電話越しのせいか、剥き出しの異常性と連続殺人犯を罠に嵌める狡猾さので存在感が冴えていた。普通なら、今後男女の仲になることを連想してしまいそうな関係だけど、樹くんと森野ちゃんに限ってはいつか樹くんが森野ちゃんを殺してしまうんじゃないかと思わずにはいられない。この2人が今後どうなるのか、若い男女の事なのに甘酸っぱさとか皆無の関係が妙に尾を引く読後感だった。
 期待半分不安半分で読み始めたけど、期待以上だった。いわゆる黒乙一を読んでて感覚が冷たく研ぎ澄まされていく感じ、非日常がすぐ近くにある感じ、久し振りにときめいたし、やっぱり私は乙一が好きだと思った。最近改版改訂とか別名義とかばっかで活動してて、ちょっと離れ気味だし既刊本は読み飽きたし・・・って状態のまま私に読書離れ期が来てたんだけど、改めて新しい話を読んで文章も展開も大好きな作家さんだと思う。
 ただ、後半の写真が超いらねー。前半の小説に合わせた写真なんだろうけど、全然良くない。写真にストーリーが感じられないって言うと何様気取りになりそうだけど、雑然とし過ぎてるし意味不明ながら同じような写真もいっぱいあって、首をかしげたくなる出来。本当、何だったんだろう。
別窓 | [あ行の作家]乙一 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |