元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
出産しました
2009-06-17 Wed 10:55
 6月4日に女の子を出産しました。というわけで、次期更新はいつになるのか全くもって不明。意外と早いかもしれないし、全然遅いかもしれないし、もうできないかもしれないし・・・。そのうちまた司書になれたらいいなと思ってるので、ここのブログは残しておく。
スポンサーサイト
別窓 | [その他のこと] | コメント:2 | トラックバック:0 |
『涼宮ハルヒの溜息』  谷川 流
2009-06-01 Mon 15:40
涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
谷川 流

角川書店 2003-09
売り上げランキング : 397
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 SOS団で文化祭に向けて自主映画を撮影すると発表したハルヒ。脚本と監督に自分を据え、主演女優・朝比奈みくる、主演男優・古泉一樹、脇役・長門有希、その他雑用・キョンこと「俺」というキャストを決定し、乱暴な方法で必要な物を揃えてロケに出た。
 「戦うウェイトレス 朝比奈ミクルの冒険」というタイトルで始まった撮影は、ハルヒがこうなると面白いだろうなと思ったことが次々と起こる。しかしハルヒ本人はその事に気付かないまま。それぞれの思惑でハルヒに従っている長門、みくる、古泉と、ハルヒの精神安定のためと巻き込まれている「俺」は、ハルヒにその不思議現象を気付かれないようにと気を使うことになる。

 1巻目に引き続き、この2巻目も前半のハルヒの暴走がちょっと退屈。まだ2巻しか読んでないのに決めつけるのは良くないかもしれないけど、これはこの著者の特徴だろうか。事件とは関係ないエピソードひとつひとつが長すぎるんで飽きそうになる。いや、飽きる前に“不思議”が始まるのを凄いと思うべきなのかな?
 前巻『涼宮ハルヒの憂鬱』より少し設定が進み、普通じゃない3人のそれぞれの考えなんかも出てきた。みくるは古泉の説に反対しているようだし、古泉はみくるの外見や性格をキョンに気に入られるためのものではないかと疑ってるようだし。話がどんな方向に向かってるのかさっぱりわからないから、それぞれの考えがどうなのかは全くの謎なんだけど。
 今回のハルヒは前回よりもその力を発揮させている。みくるの目からビームを出させるし、鳩が全部白になってたり旅行鳩になってたり、猫がしゃべりだしたり。
 ハルヒにとってのキョンって本当に何なんだろうな。古泉は、ハルヒは自分がどんなに無茶苦茶言ってもキョンだけは許してくれると思っていると言っている。その理由はいつわかるんだろう?既に9巻まで出てるはずなんだけど、まだわかってないのか?どうなんだろうか。
 残念ながら私はタイムオーバー。続きはいつ読めるのかわからないし、読めるかどうかも定かじゃない。私事だけど、明日から陣痛促進剤を使う事が決定した。そういうわけで、「涼宮ハルヒ」シリーズは私がモタモタしたせいで2巻までしか読めませんでした。
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。