元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『NHKにようこそ!』  滝本 竜彦
2005-12-13 Tue 01:02
NHKにようこそ!NHKにようこそ!
滝本 竜彦

角川書店 2002-01
売り上げランキング : 186844
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ずっと読みたかった本の中の1冊だったんだけど、やっと読めた滝本氏の本。これで2冊目。個人的には『ネガティブ・ハッピー・チェンソー・エッジ』の方が好きだけど、あくまで「比べたら」の話。これはこれで充分面白かった。
 大学を中退して、親には「就職のための資格を取っている」と嘘をついて仕送りを続けてもらい、そのお金でだらだらとひきこもり生活を続ける主人公。その主人公の前に、美少女だけど精神的にイタイ感じの子が付きまとうようになるという話。
 ストーリーは多少知っていながらも、何がどうなってNHKと絡むのかずっと謎だった。読んでみてすべて納得。思った以上の馬鹿馬鹿しさに笑うしかない。イタイ笑いではありけどね・・・。滝本氏が売れっ子作家だから笑えるんであって、実際こんな男がいたら私はゲンコツだろうなぁ。
 この小説、真のひきこもりから人気作家に変貌を遂げた滝本氏が、ひきこもり時代の自分を元ネタに書いた小説だとか。まさに全力投影っぽいところが彼らしい。ひきこもりという人が何となく理解できたと思う。さすがにロリネタは引いたけどね。
 最終的には主人公はあんまり成長していない。ほんの少しだけ進歩してるけど、それほど大きな進歩ではない。だからこそ、この本は人気なのかも。何か前向きさに無理がないという気がする。設定とかはフィクションだけあって都合いいけど、主人公の2歩歩いて3歩下がる的考えが、私って割とまともな人間なんだなぁと思わせてくれる所とか・・・と言うとミもフタもないけどね。
 前作と同じく超ネガティブな話だったけど、こういうのってやっぱ万人受けはしないのかな?ポジティブな人が読んだら面白くないんだろうか?私はこういうの、割と好きだけどね。滝本氏は乙一とお友達だし、応援してます。
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ライオンボーイ』3部作  ジズー・コーダー
2005-12-02 Fri 22:09
ライオンボーイ 消えた両親の謎ライオンボーイ 消えた両親の謎
ジズー・コーダー 枝廣 淳子

PHP研究所 2004-02-02
売り上げランキング : 256012
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ライオンボーイII―奇跡の翼ライオンボーイII―奇跡の翼
枝廣 淳子

PHP研究所 2004-07-09
売り上げランキング : 232170
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ライオンボーイ III カリブの決闘ライオンボーイ III カリブの決闘
天野 喜孝 枝廣 淳子

PHP研究所 2005-07-23
売り上げランキング : 183373
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「消えた両親の謎」「奇跡の翼」「カリブの決闘」の三部作がようやく終わった。これ面白い!素人の母子が協力して書いたものらしいからハリーポッター並みの期待外れを想像してたけど、読み出したら止まらないとはまさに。
 猫と話せる少年チャーリーの冒険物。チャーリーの両親がある日突然姿を消し、彼は両親を探す旅に出る。サーカスに属したり、サーカスのライオンと一緒に逃げたり、王様と友達になったりと、盛りだくさんながらも話の流れが飛んだり滞ったりすることなく引き込まれる話だと思う。
 2作目で両親と再会して、これで終わりかと思ってたらもう一作出るとのこと。それが蛇足にならないといいけど・・・・と思ってたら、とんでもなかった。1・2作で登場した人達が再登場し、最高の形で話が終わって満足できた。『デルトラ・クエスト』(ファンタジー)も面白かったけど、こういう現代冒険もいいな。
 天野喜孝さんの絵って不思議。よく見ると目つき悪いし変なんだけど、全体で見るとすごくきれいだと思う。あんまり見ると目がチカチカするけど。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |