FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『黒笑小説』  東野 圭吾
2005-08-11 Thu 18:32
黒笑小説黒笑小説
東野 圭吾

集英社 2005-04
売り上げランキング : 19805
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 東野圭吾って、シリアスオンリーの人だと思ってたけど、これは何だかリアルにブラックジョークな短編集だった。テーマがバラバラだったから内容は一言じゃ言えないけど、目についたのは短編シリーズで、作家VS編集者みたいな感じで腹の探り合いするヤツ。そりゃあ作家の世界は厳しいだろうけど、何か笑えないし、醜い世界だなぁと思った。まあ半分冗談だろうけどさ。
 面白いかどうかは別問題として、全体的にさすがは東野圭吾だと思った。
スポンサーサイト
別窓 | [は行の作家]東野 圭吾 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『Good Luck』  アレックス・ロビラ  フェルナド・トリアス・デ・ペス
2005-08-11 Thu 16:21
Good LuckGood Luck
田内 志文

ポプラ社 2004-06-22
売り上げランキング : 8292
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 一時期すごい人気だったよね。人気が引いてきたから読んでみた。ん~、159だからこんなもんか(専門ネタ)。
 人は前向きに前進し、他人に助言を謙虚に仰ぎ、努力をすれば幸福になれるという人生訓を、オッサンが何十年ぶりかに再会した幼馴染に昔話仕立てで話して聞かせる。魔法使いマーリンと騎士たちの冒険になぞって話すというストーリー。「チーズはどこへ消えた」もこんな感じだったような。
 へー、がんばったねぇで終える私は学習能力なさすぎなのかも。この本で行動力を掴めた人は、その人自身が素晴らしい素質があったんじゃないでしょうか。私は大して面白いとも思わなかった。
別窓 | [海外の作家]海外 その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。