元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『映画篇』  金城 一紀
2008-02-09 Sat 19:19
映画篇映画篇
金城 一紀

集英社 2007-07
売り上げランキング : 8719
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 不朽の名作『ローマの休日』の上映会を軸に少しずつリンクしている連鎖短編集。

「太陽がいっぱい」
 民族学校で友達のいなかった「僕」と活発でいつもクラスの中心にいた龍一は映画を間に仲良くなり、2人でたくさんの映画を見るようになった。しかし龍一の家庭の事情、「ボク」の進路なんかで、中学の卒業式の後『太陽がいっぱい』を見て以来離ればなれになってしまう。
 高校・大学を出て製薬会社に勤めていた「僕」に、ある日突然龍一から電話がかかってきた。区民会館で行われる『ローマの休日』へ行かないかという誘いだったが、「僕」はそれを断ってしまった。電話の後、『太陽がいっぱい』の原作を読み終えてから小説を書き始める。
 一話目にふさわしい、金城ワールド炸裂な話だった。こういう言い方はあんまり良くないんだろうけど、私は在日の人ってあまり好きじゃない。犯罪者が多かったり、帰化する気はないのに選挙権を欲して運動してたりというイメージがどうしてもある。けど、この人の本を読んでたら、そういう一部の人が目立ってるだけで大抵の在日の人は一生懸命生きてるんだろうなぁって思えてくる。この話といい「ゾンビーズ」シリーズといい、在日擁護でもなく日本贔屓でもなく、そこにある摩擦をあって当然のものかのように自然に書いているからだろう。
 多分いつも通り、時間が経ったらまた元のような考え方になるかもしれない。その時までにまた金城さんの新しい小説を読めたらいいな。まあ、被差別意識が強すぎる方々はどうあっても受け入れ難いけど。
 閑話休題。この話の最後の部分が「僕」の創作だって気付いたのは、感想をこれを書こうとしてる時。無茶だけどいい終わり方だなぁって思ってたのに、この発見は衝撃。

「ドラゴン怒りの鉄拳」
 連れ合いが薬害事件に巻き込まれた末に自殺し、「わたし」は五ヶ月間家に引きこもった。連れ合いが借りっぱなしにしていたレンタルビデオの返却のために五ヶ月ぶりに外出すると、店員の鳴海から『フライングハイ』というビデオを「サービスです」と渡される。その日から毎日レンタルショップで鳴海からお勧め映画を借りるようになり、連れ合いの死で壊れかけていた「わたし」は鳴海と映画によって救われていく。
 前の編とは雰囲気ががらっと変わった。主人公が女性になったということで、一気に描写が細かくなって文章が女っぽくなる。そういうとこさすがだなぁと思うけど、私は恋愛物が苦手。段々冷めていったけど、鳴海の創作映画のシーンがまたつまらない。この映画、果たして本当に面白いんだろうか?私はつまらないと思う。
 まあそんなこんなで、「わたし」は鳴海と区民会館に『ローマの休日』を見に行く。

「恋のためらい/フランキーとジョニーもしくは トゥルー・ロマンス」
 隣の席に座る石岡に好きな映画を聞かれ、『フランキーとジョニー』と答えて内容を教えた「僕」。それだけの仲だった石岡から誘われるまま、夏休み最後の日に区民会館で上映される『ローマの休日』を見に行った。その翌日彼女は「僕」に、弁護士をしている彼女の父親から被告人の保釈金を奪うという計画を聞かされる。
 両親に愛されない石岡と、父親が犯した事件のせいで壊れたことがある「僕」。今いる場所から逃げ出したいと思っている2人の友情のような恋のような話だと思ってたけど、結局恋だったんだな。赤木君の告白の言葉はかっこいいけど、高校を中退して、親から奪った金で逃走・・・。この2人の明るい未来が描けないのは私だけか?

「ペイルライダー」
 両親の離婚話を聞いてしまったユウ。夏休みの自由研究を「映画ランキングベスト50」を共同で作ろうと友人から言われ、レンタルショップの帰りにクラスのいじめっこに捕まってしまった。そこに全身黒ずくめのライダーが来て、いじめっこ追い払ってくれる。黒いライダーがヘルメットを取ると、パンチパーマのおばちゃんだった。ユウはその日おばちゃんと一緒に過ごし、最後に区民会館で行われた『ローマの休日』を見る。
 おばちゃんの過去は、物語に関係ない男子高生の目線で語られる。ヤクザの幹島が製薬会社の人体実験から逃げ出した母子を殺害する現場を目撃した一家。警察に通報したが、後日乗ろうとした車が爆発した。生き残ったのは主婦一人だけ。10年後、その男子高生は事件に関わったヤクザの家の車庫で黒いライダーが幹島の手下、幹島と次々に殺して行く所を目撃した。
 両親の離婚、自由研究をユウに押し付けるカメちゃん、つまらない理由でインネン付けてくるクラスメイトと、最初は嫌なことだらけな小学生ライフのユウだったけど、おばちゃんと会ってからはとても爽やかだった。けど後半のダークさは並みじゃない。その変化が面白い。
 
「愛の泉」
 おじいちゃんの死から段々と弱っていくおばあちゃん。一周忌に集まったいとこ達4人は、おじいちゃんとおばあちゃんが初デートで見た『ローマの休日』を上映しておばあちゃんを元気付けようとする。全ての手配を任された「僕」は、フィルム探し、会場決めに奔走することになった。前の4編に出てきた『ローマの休日』の上映会はこうやって企画された、という話。
 ベタながら、私はこの話が一番好きだ。大学生の「僕」のちょっとふざけた語りのトーンも好きだし、登場人物もいい。孫達から頼られて愛されているおばあちゃん、美人で頭が良くてハンパない度胸と落ち着きがある22歳の律子ねえちゃん、やんちゃで“アホの子”の14歳ケン坊、その姉でケン坊とは正反対に控えめで大人しい17歳のリカ、主人公と同じ20歳で繊細であり「僕」とはちょっと仲が悪いニートなかおる。みんながおばあちゃんを愛してる。
 「僕」の語りに時々笑わされ、上映会の当日には何だかぱたぱた涙が出てきた。上映会が滞りなく開催できたこともだけど、龍一は一人でこの映画を見に来ていたし、「わたし」と鳴海はこの直前に薬害事件と戦う決意をしていたし、赤木と石岡はこの翌日に三千万円強奪計画を話し合うし、おばちゃんはこの後復讐を遂げる。この上映会は確実に色んな人に囲まれてるんだと思えた。
 他の話と違って真っ直ぐで笑えて、感動して。やっぱ私はこういうのが一番好き。最後のオチでは、思わず吹き出してしまった。で、何の映画だったんだろうか。

 1話1話はそれなり程度しか楽しめないんだけど、全部が合わさると凄く力ある作品だと思う。特に最後の話が今まで全体的に漂っていた寂しい雰囲気を一掃し、楽しい気分にさせてくれる。彼の努力で何人もの人が同じ場所、同じ時間に同じ映画を見て、感動する。皆にちょっとずつ関わってる感じがいい。
 この短編集は『ローマの休日』以外にもあちこちリンクしている部分がある。上映会の夜の雷とか、レンタルショップ「ヒルツ」とか、散歩しているブルテリアとか、つまらないフランス映画とか。そういう部分を見つけて微笑ましい気分になれるのも、この本の特徴だと思う。
 金城さんは本当に映画が好きで、たくさん見てるんだろうなぁ。残念ながら映画に疎い私は、この本に出てくる映画をほとんど知らない。有名なのはタイトルと簡単なストーリーくらいは知ってるけど、実は全部見たことないやつだった。あ、いや唯一『ベスト・キッド』は見た覚えがあるんだけど、記憶が古すぎて大まかなストーリーしか思い出せない。でも、「ミスター・ミヤジ」の「ジ」にわざわざ毎回傍点があるのにはちょっと笑える程度には覚えている。
 これ読んで、確実に『ローマの休日』は見たくなるよね。これはもう洗脳だ。今度借りてこよう。
スポンサーサイト
別窓 | [か行の作家]金城 一紀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『レヴォリューションNo.3』  金城 一紀
2007-10-21 Sun 11:11
レヴォリューションNo.3レヴォリューションNo.3
金城 一紀

講談社 2001-09-30
売り上げランキング : 121097
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ずっと前に読んだ『フライ、ダディ、フライ』の登場人物が活躍する本で、本来ならこっちを先に読むべきだった本。やっと読めた。久々にエンタメ系読んだんだけど、やっぱ単純に楽しめるのはいい。
 1話目は、おちこぼれ男子高に通う主人公は「ザ・ゾンビーズ」と命名した仲間達と、近隣にある女子高の文化祭に潜入してナンパをする計画を立てる。チケット制で警備が厳しいその高校に過去2年潜入を成功させいるが、今年はどうするかという馬鹿らしいけど楽しい話。
 2話目は、「ザ・ゾンビーズ」全員で死んだ友人のお墓がある沖縄に行く予定を立てる。その矢先、旅費を預かった少年が恐喝で全額取られてしまった。新たに旅費を稼ぎつつ、できれば犯人を探してお金を取り返したいと全員で協力する。
 3話目は、前の2話よりちょっと前という設定の話。ストーカーに狙われる女子大生から主人公がボディガードを頼まれる。そのために殺されそうになり、警察に頼らないで犯人を探す決意する。
 学園物とか友情物とか括ると古典的でつまらない響きだけど、特色ある登場人物と軽快な文章・展開が絡んで面白い。そこに、学歴社会、友人の死、人種差別というダークな部分が少しずつ混じって、お馬鹿過ぎない所がいい。『フライ、ダディ、フライ』をもう一回読みたくなったな。
 ところで『フライ~』はシリーズ2作目だけど、時系列で言うと『レヴォ~』より前。『レヴォ~』が好評だったけど、「ザ・ゾンビーズ」の中枢を病気で死なせてた上に主人公達は卒業までしちゃったから、前に進めないで後ろに進んでないか?こういう無駄な深読みして釈然としない気持ちを抱いてしまうような・・・。何も考えないで読んだ方が絶対楽しめるのはわかってるのに、何でこんな嫌な事考えてしまうんだろうか。
 でも読んでて楽しい本であることは確かだから、3作目の『SPEED』も是非読みたい。
 あとこれも蛇足だけど、この人って文章はあんまり上手じゃない気がする。不快なほどじゃなくて、他の人気作家と比べると劣るってくらいだけど。特に、比喩表現を多用っぷりにうんざりする。それを凌駕する作品の面白さとテンポの良さがあって楽しく読めるからいいんだけど、ちょっと気になった。

別窓 | [か行の作家]金城 一紀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『対話篇』  金城 一紀
2007-07-19 Thu 21:08
対話篇
対話篇金城 一紀

おすすめ平均
stars読書が苦手な人にもオススメできる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「対話」を通して過去の恋愛を振り返る3つの話。


 「恋愛小説」:それほど親しくない大学の知り合いが語る、恋愛とその末路の末路。彼は仲良くなった人が必ず事故や病気で他界するため、他人と関わることを極端に避けて生きていた。西尾維新の「戯言使い」シリーズ、いーちゃんみたいな人だな・・・。
 「永遠の円環」:病気のために余命短い主人公が、自分が恋していた先輩を自殺に追い込んだ教授に復讐をしたいと願う。暗殺計画をある人物に依頼する話。最後の方が突飛で、これはあんまり好きじゃなかった。
 「花」:手術の成功率が低い病気に冒された主人公が、知り合いを通してある老弁護士から九州までのドライブ同行を依頼される。その老弁護士は別れた妻の遺品を取りに行かなければならないが、彼女の顔を全く思い出せないと言う。


 「花」が一番完成度高い話で、面白かった。主人公との会話で徐々に妻の顔を思い出していき、最後には主人公に「この世界は素晴らしい」と自然に言わせることができる。いい話だと思う。
 全話、誰かに自分の過去の恋愛を話すことが基本スタイル。全体的に穏やかできれいな話だけど、やっぱ私はもっとドロドロした話が好きだな。
 少し前に読んだ「ゾンビーズ」シリーズ3巻目の『SPEED』とつながった話らしいんで読んでみた本。元気が出る「ゾンビーズ」シリーズと全く違い、しっとりした話を集めてある。この著者こんなのも書けるんだね。著者知らないで読んだら、同じ作家とは思えない。
 『SPEED』とはつながってると言うか、同名の登場人物が出てるという程度。話の雰囲気が全く違うから、別物と思いたい。ていうかこんな小細工ない方が楽しめると思うんだけど、何で著者はこういう方法取ったんだろうか。
別窓 | [か行の作家]金城 一紀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『SPEED』  金城 一紀
2007-05-25 Fri 11:39
SPEED (The zombies series)SPEED (The zombies series)
金城 一紀

角川書店 2005-07-01
売り上げランキング : 13688
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「ゾンビーズシリーズ」第3弾。事件の時期で言うと、『レヴォリューションNo.3』の最後の方、沖縄旅行の直前に起こった出来事らしい。
 今回はの主人公は女子高生。大好きな家庭教師の先生が飛び降り自殺をしたことに疑問を持って調べようとしたところ、男3人組みに襲われそうになる。そこに居合わせたいつものメンバー、南方、萱野、朴、山下が彼女を助け、飛び降り自殺の真相を調べることになった。
 何だかありきたりなヒロイズムだけど、オーソドックスこそ面白い。特に今回は、シリーズ中一番各々のキャラが立ってて面白かった。まあ多少ワンパターンな気がしなくもないけど、それでもやっぱり最後はスッキリ終わってくれる。エンタメはそういうのが一番だ。
 ところでこの作者、いつも朴君をめちゃめちゃかっこ良く書く。「朴」という苗字通り、在日韓国人の人だ。頭脳の南方、美形情報屋のアギー、不運を背負う可愛い系の山下とかいるけど、どう見ても朴が一番かっこいいんだよね。妙に目立ってるなぁと思ってたけど、そういや作者の苗字って在日が多いんだっけ?なるほど。

 ところで最近、こういうお馬鹿な高校生活もいいなぁと思うようになってきた。私が通ってた高校は進学校なんだけど、元々頭がいい人が通うっていうより、並より上の人達が行って型にはまった教育を施されるようなとこ。勉強と一部のスポーツ以外の出る杭は、教員達が率先して打つ。認められた部活以外のスポーツが上手くても、打たれる。
 私はそこで成績は下の上。お馬鹿なことをする権利なんてあるはずもなく、目立たないように3年間過ごした。今になって、10代の頃にもっとハジけたかったなぁと思う。
 でもまあ、私の場合は大学卒業してからわりと好き勝手やってるから、そこまで激しい後悔はないな・・・。卒業後の仕事もボチボチ程度の物だったし、親元だったから時間の自由も多かったし、結婚もそう早くはなかったし。ただ、それはやっぱ20歳過ぎてのこと。高校生の頃に色々経験してると、今はもっと視野が広かったかなぁと思う。
別窓 | [か行の作家]金城 一紀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『フライ,ダディ,フライ』  金城 一紀
2003-07-15 Tue 22:32
フライ,ダディ,フライフライ,ダディ,フライ
金城 一紀

講談社 2003-02
売り上げランキング : 31955
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 職場でMさんと本の話をしている時に「スカッとする本」と紹介された本。「(。・ω・。)さんは『世界の中心で愛を叫ぶ』とか嫌いでしょ」「はい。タイトルからして、気持ち悪いって感じです」とか話してる時にこれを教えてもらった。
 名前同様、平凡ながら幸せな人生を歩んでいた鈴木一。しかし一人娘の遥が殴られて怪我をした事件から、その「平凡」が壊れた。娘を殴ったのは近くの高校のボクシング部のエース・石原。石原の高校は学校ぐるみで事件をもみ消そうとし、鈴木は混乱のまま教頭の平沢の言うなりになってしまった。彼はそのことを激しく後悔し、石原を殺そうと出刃包丁を持ち出す。しかし高校を間違えてしまい、奇妙な4人組に出会った。彼らは鈴木が石原に復讐するための舞台を用意してやると言う。次の日から鈴木は、朴舜臣を師匠に体を鍛え始める。
 スカッとしましたよー、Mさん!!!すげー面白かったし、かっこよかった。朴君はもちろん、鈴木さんもかっこえー。高校生の朴君に40代後半のおっさんが、戦いだけでなく人生までも教えられていく。朴君は在日朝鮮人だけど、彼の人生はそんなに凄まじかったんだろうか。
 この本は鈴木さんと朴君メインで書かれていたけど、朴君の友達の3人にももっとスポット当てて欲しかったなぁ。これじゃ物足りない。特に山下君。些細な不幸を山のように引き寄せて、なおかつ無邪気な山下君がとてもかわいい。
 意外なところで応援している人達の存在も楽しい。ロープで木に登る訓練を応援する神社の人達、勝手にライバル視しているバスの「スタメン」乗客達が、成功した鈴木さんを大いに讃えるシーンで徐々に盛りあがってくる。
 そして決戦当日に集まった南方達の学校の人達。それぞれに役割を持った南方、板良敷、萱野、山下。山下の存在は、鈴木さんにとっても大きな存在になる。石原との決戦で竦んだ鈴木さんを最終的に突き動かしたのは、娘の遥でも朴君でもない。泣きそうな顔した山下君だ。もちろん根底にあるのは娘への愛と石原達への怒りだろう。山下君は最後の引き金に過ぎない。でも一見マヌケな山下君が引き金になった時、何だかぶわーっと感情が盛り上がってきた。
 鈴木さんの最後のモノローグ、とてもいいクールダウンでした。
 最初はダサいなぁと思ってた表紙も、読み終わってからは全然違って見える。皆が空を見上げているなんてシーンはないんだけど、これがイメージするものが何なのかがわかってしまうとこの表紙の良さがわかってきた。小さく書かれてる鷹とバスが何とも象徴的じゃあないですか。
 あー、面白かった。

 <後日記>
 『フライ,ダディ,フライ』は「ゾンビーズ」というシリーズの2巻目に当たるらしい。1巻目は『レヴォリューション№3』というタイトル。なんて共通性のない・・・。これもかなり面白いらしいんで、読むぞ!
別窓 | [か行の作家]金城 一紀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。